2015年 10月 05日
劇団四季 アラジン
2015年10月3日(土)
劇団四季のミュージカル、アラジンを見てきました。

ミュージカルを見るのは久しぶりです。
アラジンは日本では今年の5月に初演を迎え、とても評判がいいので楽しみにしてました。
今回はミュージカルデビューの主人と一緒です。
e0271143_14370916.jpg
うん、すっごく楽しかった。
アラビアンナイトの華やかな衣装や舞台装置も素敵だし、すばらしい歌もダンスもたっぷり楽しめた。
e0271143_14370548.jpg
主役のアラジン、島村さんは何度か見たライオンキングのイメージが強くて、アラジンのセリフ回しもシンバに見えてくる(笑)
でも、優しさに溢れ、純粋で一途な青年のイメージはアラジンによく合っていると思いました。(でも、あまりに爽やかすぎて、とても泥棒には見えなかったけど)

アラジンとジャスミンが空飛ぶ絨毯に乗って歌う「ア・ホール・ニュー・ワールド」には本当にうっとり♪
星がきらめく夜空でしっとりと歌い上げられるラブソング・・・嫌いな女子はいないはず!

すごかったのは瀧山ジーニーですね。
ちょっと強面ではあるけど、凄く愛嬌があって、ところどころにコミカルな要素が散りばめられています。
アドリブなのか台詞なのかすら分からないくらいに自然で、笑いのツボがたくさんありました。
でも、お笑い要素ばかりでなく、歌唱力、エンターテインメント性抜群のパフォーマンス。
まさしく、ジーニーそのものであり、会場全体が彼に釘付けでしたね。

カーテンコールでは観客席一同がスタンディングオベーション。
素晴らしい舞台の後って、自然に立ちあがっちゃうものなのね(笑)

初ミュージカルの主人も「すごくよかった」と大満足。今まではミュージカル見るなら、クラシックのコンサートに行きたいって言う人ですが、これからはミュージカルへのお出かけも一緒に行ってくれるかも♪

アニメーションの作品を実際の舞台にするのは、いろいろ大変だと思います。
みんなが知っている有名な作品でイメージはすでにできあがってるし、アニメと違って実際の舞台ではいろいろ無理なこともでてくるでしょう。
でも、アラジンという作品は、そんなことは全く感じさせず完璧なミュージカル作品になっていましたね。

大人気のアラジン、年内はもちろんずいぶん先までチケットが入手できない状態ですが、私ももう一度、アグラバーに行きたくなりました。

ジーニーの魔法にかかっちゃったようです(笑)





[PR]
by kiji_tora | 2015-10-05 14:41 | おでかけ
<< 2015.9 SWは香港へ④ ... 秋の味覚 >>