2015年 09月 05日
ケニアのEビザ取得
日本人がケニアへ入国するにはビザが必要です。

ビザの取得方法は2つ
 ①日本のケニア大使館で申請・受領する
 ②ナイロビの空港のビザカウンターで申請・受領する

最初の頃は大使館に行ってたんですけど、ここ最近は空港で取ることが多かったです。
こちらが従来のビザ
e0271143_22131621.jpg
が、9月1日より、大使館でも空港でもビザの受付ができなくなりました。
観光客が主に申請する1次ビザとトランジットビザはすべて、web申請となったのです。

アメリカのESTAみたいに簡単に申請できるなら楽なのですが、ケニアのEビザはかなり面倒。
まずはサイトでEメールとパスワードを登録してアカウントを作成します。そうすると本人確認のため、登録アドレスにメールが届くので、そこにかかれたURLをクリックすると、登録画面に進むという手順になるのです。
e0271143_22132018.jpg
ここではアカウントの設定、個人のプロファイルを入力し、パスポートサイズの写真をアップロードする必要があります。

それが終わるとようやく登録画面がでてきて、ビザの申請ができます。
e0271143_22132648.jpg
ビザ取得のための設問内容が5ページにもわたり、もちろんすべて英語でしょ。慣れないとかなりの時間がかかります。
パスポート情報の他、滞在場所や期間の詳細などなど。
面白いのは父親の名前とか、母親の名前、最近3か月以内に訪れた国と期間とか、パスポートは誰に発行されたか(日本国外務大臣ですよね)とか果たしてケニア入国に必要なのか??と思うような設問もあります。

で、入力が終わると、もう1度写真のアップロード、パスポートの写真ページのアップロード、ホテルの予約確認書または日程表などのアップロードへと続きます。

つまり前もって、写真をリサイズし、パスポートをスキャンし、ホテルの確認書などの書類をアップロードできるファイルに変換しておかなければならないってことよね。

そこまできたら、今度はビザ代金のお支払い。クレジットカードで清算します。

あとは、ビザがおりたらメールでお知らせがくるので、自分のアカウントからダウンロード、プリントアウトして持参する・・・ということになるわけです。

私も初めての経験でしたので戸惑うことばかり。
まず、IEで作業していたんだけど、なぜか途中で落ちる (;´Д`)
5ページも入力したのに突然強制終了し、入力内容がすべて消えること数回。
で、Chormeを使ってみたら、こちらでは1度でうまくいきました。どうやらIEとは相性が悪いみたい。

無事に申請ができてホッとしました。待つこと数分でビザもおり、これで来月はケニアに行けそうです
e0271143_22133165.jpg
Eビザはこちら
e0271143_22133528.jpg
ケニア在住の友人の話では、税金の支払いなどでもIT化が進んでいるそうです。
それにしても、マサイマラなんて、まだ電気も水道も道路も整備されていないのに、こういうIT化はずいぶん進んでいるんですね。
その前にインフラ整備のほうが先なんじゃないの??って思うのは余計なお世話かしら。

最初に行ったのは2003年でしたが、その時には携帯電話の電波も入らず、何かあっても連絡が取れないよって状態だったのが、今ではサバンナのど真ん中でも携帯の電波が入り、マサイもみんなスマホ片手で歩いてますからね〜。
家に電気がなくても、スマホがあるってどうなのさって思いますけど、彼らの生活もずいぶんと変わってきているんでしょうね。
通信の進歩ってすごいなあって思います。




[PR]
by kiji_tora | 2015-09-05 22:18 | ★2015.10 ケニア
<< 第50回RSP in お台場 ... ポイントの魔力 >>