2012年 04月 27日
はとバスデビュー!
生まれて初めて「はとバス」に乗ってきました。

とはいえ、もともと入っていた予定ではなく、当日の朝に「行かない?」って誘われたんです。
友人が、何人かのグループで参加することにしていたらしいのですが、そのうちの1人が前日夜になってどうしても都合がつかなくなりドタキャン。
いまさらキャンセルもできないし・・ということで、私に白羽の矢が立ったということです。
予定のない日だったし、はとバスにも乗ってみたかったので参加することにしました。

参加したのは「夜景の展望レストラン ステーキディナーとニューハーフショー」のコース。
新宿西口の高層ビルでのステーキディナーを頂いたあと、歌舞伎町のショーパブ「アルカザール」でニューハーフショーを見るというものです。

東京駅を19:00に出発し、新宿に向かいます。
はとバスとはいえ、この時間のこのコースですから東京観光があるわけでもありません。でも新宿までの間、同乗するバスガイドさんはお店の紹介やショーの楽しみ方などを面白可笑しく説明してくれます。

最近、国内外でもバスガイドさんがいる旅ってほとんどないので、バスガイドさんの話を聞くのって本当に久しぶりなんだけど、やっぱり話がお上手ですよね。
いつの間にか話にひきこまれてしまいました。
それにしてもバスガイドってすごく大変な職業ですよね。
観光名所の案内、歴史的な事項から今の流行まで覚えることはものすごく多いし、通過地点にあわせた説明をタイムリーにしなきゃいけない。
話術や幅広い知識が要求されるし、時には歌も歌わなきゃならない。
サービス業だから、お客様には常に気を使わなければならないしね。
本当にプロフェッショナルな仕事だなあと改めて思いました。

高層ビルでのステーキディナーは、あまり期待してなかったんですが、柔らかい牛ヒレ肉&魚介のグリルのメニューでとてもおいしくいただきました。
そして歌舞伎町に移動し、アルカザールのショーを観ます。店に入店し第、バスとはお別れ。
ショーが終わったら、ここで解散となるのです。
お店に入ると、はとバス以外の一般のお客様もかなり入っていて、お店はほぼ満席状態。
ちょうどこの日からショーが変わるそうで、初日と言うことでお馴染さんが多かったのかもしれませんね。

ニューハーフショーと言っても出演者すべてがニューハーフなのではなく、男性ダンサー、女性ダンサーも一緒です。いわゆるショーパブってやつですね。
ショーの前には、ニューハーフさんが席に来てくれて、お話しする時間があるのですが、我々のメンバーは初ニューハーフの方が多く、みなさん緊張してる(笑)
その割には、結構図々しくいろいろお話してたのは、おばさんパワーですなあ。

ショーは特筆すべきものはなく、一般的なショーパブのショーですが、オトナの遊び場ですのでセクシー系ももちろんあり。
楽しいショーを堪能させていただきました。

ショーはね、とても楽しかったんだけど、ちょっと気になったのがMCのオカマちゃんの毒舌トーク。この店はこの毒舌がウリらしいんだけど、どうも私は好きになれなかったなあ。
盛り上げる目的だとしても、お客さんのことを「デブ」「ハゲ」と身体的な欠陥で罵るのはどうかと思うよ。
おまけにショー終了後、私たちに向かって「はとバスの人はさっさと帰ったら?電車なくなるよ」って。
確かにはとバスのお客(特に女性客)は、有料の写真サービスは頼まないし、有料のお酒も飲まないよ。
だけど、はとバスだろうが、一般のなじみ客だろうがお客はお客でしょ。
それを、お金を落とさないならさっさと帰れってのはプロとしてあるまじき態度じゃない?
このお店のリピは絶対ないなあと思いながら帰路につきました。

初めてのはとバス、ちょっとがっかり評価になってしまいましたが、でもいい経験でした。
今度は昼間の観光コースにも乗ってみたいなあ。
GWは何の予定もないので、はとバスで東京観光なんていうのもいいかも・・(笑)
[PR]
by kiji_tora | 2012-04-27 09:11 | おでかけ
<< スペイン語講座第2回 昭和産業「レンジでチンするから... >>