タグ:写真 ( 9 ) タグの人気記事
2013年 06月 17日
初夏の京都へ (わたしのお気に入り)
最後のANA修行に、京都へ行くことにしました。
京都へ行く機会は多いんだけど、桜か紅葉の時期ばかりで、この時期って行ったことないんですよね。
生憎、梅雨の時期だけど、青もみじや苔はしっとりと雨に濡れていたほうが風情がある♪

羽田から伊丹空港へ。
伊丹空港から京都八条口までバスで60分程度です。
京都駅から、苔寺まではバスが出ています。座って車窓を眺めながら行くのは魅力的だけど、滞在時間が短い今回は、少しでも早く行けるように、地下鉄と阪急電車を乗り継いで、「松尾」駅まで向かいました。

まずは松尾駅前の松尾大社へお参り
e0271143_17381656.jpg

松尾さまってお酒の神様だそうで、全国の酒蔵さんの樽が飾られていました
e0271143_17384370.jpg


お昼には少し早いんですけど、苔寺の予約が13:00でしたので、早めにお昼ご飯にします。松尾駅から苔寺方面に少し歩いたところにある「魚末」さんで。小料理屋さんの佇まいですが、ランチもやっています。
e0271143_17402432.jpg
焼魚、お刺身、天ぷら、煮物、他いろいろついて、これで1380円は絶対お得だと思います。とてもおいしかった♪

ここから苔寺まで歩いて15分くらい。途中、ちょっと寄り道をしながら向かいます

月読(つきよみ)神社
e0271143_17484560.jpg
こちらの境内には、神功皇后ゆかりの安産信仰発祥の石「月延石」が祀られていることから「安産守護のお社」として有名なのです。東京でいうと水天宮みたいな感じでしょうかね

鈴虫寺(華厳寺)  
e0271143_17535145.jpg
青もみじのトンネルを抜けて階段を上っていきます。
わらじをはいたわらじ地蔵さまが出迎えてくれます
e0271143_1756395.jpg

普通仏様は、皆、裸足ですが、こちらのお地蔵様はわらじを履いておられます。
これは、お地蔵さまが皆の所まで、救いの手をさしのべるために、いて来てくださり、ひとつだけ願いを叶えてくださるのだそうです。なので、私もひとつだけお願いをしてきました。

本当はこちらのご住職の鈴虫説法がとても楽しいのだけど、苔寺の予約時間に間に合わなさそうなので、今回は諦めました。残念・・・

さてさて、本日一番のお目当てである西芳寺(苔寺)に向かいます
e0271143_1805450.jpgこちらは、前もって参拝申し込みをしないと、入ることができません。1週間前必着で往復はがきで申し込むのです。私も予定を立てたのがギリギリだったので、速達で送らないと間に合わなかったけど、どうにか間に合い、この返信はがきが届きました。
こちらでは、拝観=修行の一環という位置づけになるので、庭園を見せていただく前には本堂で読経・写経を行うことが義務付けられています。
一般的には、寺社の拝観料って500〜600円くらいだと思いますが、こちらは3,000円です。
でも、それだけ支払っても訪れる価値は十分にありますね。

ご住職と一緒に読経をし、般若心経の写経をした後は、自由にお庭を見せていただくことができます。

夢窓国師が作庭したという庭園を覆う100種以上の苔は、この梅雨の頃が一番美しいと言われています。
この日は、朝から曇り空が広がっていたのですが、写経が終わり、書いた経文をお納めした後に外に出たら、雨が降り出していました。

しっとりと濡れた苔はそれはもう美しいものでした。一口に「緑」といっても、あまりにたくさんの緑色があるんですよね。

e0271143_18214311.jpg

e0271143_1822522.jpg
e0271143_18222785.jpg
e0271143_18225173.jpg

e0271143_18231654.jpg
e0271143_18233719.jpg
e0271143_1823531.jpg


苔だけではなく、青もみじも本当にきれいでした
e0271143_1825777.jpg
e0271143_18252940.jpg


苔に覆われたお庭って、おどろおどろしいかと思いきや、全くそんなことはなくて、本当に清清しいものです。心が洗われる感じがしました。
本当に来てよかった。いい時間が過ごせました。

苔寺を後にし、バスターミナル脇の階段を上ると竹の庭として有名な「地蔵院」 があります。
e0271143_1829155.jpg
小さな山門をくぐると、参道脇には竹林が広がっています。
e0271143_1830489.jpg
小さなお寺で、人も少ないけど、京都らしい風情があるお寺でした。
e0271143_18302823.jpg


ということで、京都のプチ旅行は終了。
バスで京都駅まで行き、駅ビルでおみやげを買って、八条口ばから伊丹空港までバスで向かいました。

初夏の京都、とてもきれいでした。修行の最後に選んで本当によかったな。

鈴虫寺の思い出
[PR]
by kiji_tora | 2013-06-17 07:29 | 国内旅行
2013年 03月 26日
2013年お花見 昼間編 @神代植物公園
前日の夜桜にすっかり気分が盛り上がった私たち夫婦。
明日の日曜日は、お弁当をもってご近所の神代植物公園へ行こうということになりました。
でも、残念ながら天気予報はイマイチで、朝は曇りで午後からは雨という予報でした。
それなら、朝ごはんをもって桜を見ながら食べよう。それなら雨が降る前に帰ってこれそうだし、開園と同時に行けばまだ混んでないだろうし。
そんな計画を立てたのが、夜遅くだったので、お弁当のおかずは冷蔵庫にあるものでしか作れなかったけど。

9:30の開園と同時に入園。
ワインと、RSPのイベントでもらったワインカクテル持参です♪
e0271143_20545182.jpg

朝一番から宴会している人はほぼゼロです(爆)
おかげで、この時期なら絶対に座れない桜の下のピクニックテーブルをひとつ独占できました。
あっという間にワインが空いちゃったけど、曇り空で気温もあまりあがらず。
なので、また熱燗になりました。
e0271143_20555474.jpg

でも、目の前の桜をみながら頂く朝ごはんってなかなかいいものですよ。
e0271143_213167.jpg
e0271143_2133291.jpg

時折、頭の上からハラハラと花びらが舞ってくるのも風情がある♪
昨日の夜桜は、オトナの雰囲気だったけど、こちらでは芝生の広場でファミリーが走り回り、ほんわかとした雰囲気です。

曇り空が残念だったけど、2日前には5分咲きだったソメイヨシノが、ほぼ満開状態で本当にきれいでした。
e0271143_2135345.jpg
e0271143_214681.jpg


アルコールつきの朝ごはんを堪能した後は、ぼちぼちお花見客が増えてきたので退散することに。
公園をぶらぶらお散歩しながら、春のお花を楽しんできました

そのまま帰るつもりだったんだけど、どうせなら深大寺そば食べちゃう?ってことになって、ふらりと寄り道。
あれだけのお弁当を食べたのに、どんな胃袋してるんだって思うけど、適度に酔ってて気分がいいので、勢いでGO!
e0271143_215412.jpg
ふきのとうの天ぷらでお酒も進む〜(・・・って、また飲んでるし)

とってもいい気分で帰宅しました。でも、この日は気温が上がらず、ずっと外にいると体が冷えてきちゃうのね。
なので、帰宅後はお風呂を入れて、朝風呂ならぬ昼風呂で温まり、そして気持ちよく数時間のお昼寝♪
極楽〜な週末でした。
[PR]
by kiji_tora | 2013-03-26 07:03 | おでかけ
2013年 03月 25日
2013年お花見 夜桜編 @千鳥ヶ淵
今年の桜の見ごろはちょうど週末になりましたね。
天気も良く、まさにお花見日和。この週末の人出は、過去最高記録を更新したところが多かったようです。

さて、私たちも夜桜見物に出かけてきました。
仕事があると、平日に夜桜ってなかなか難しいですよね。なので、主人と夜桜見物って今まであんまり覚えがないんですよね。
今年はちょうど週末に見ごろになったので、一緒にお出かけできました。

場所は、靖国神社から千鳥ヶ淵。東京でのお花見の名所ですね。
人の多さは覚悟していったけど、そりゃーすごい人でした。

まずは靖国神社で
e0271143_1144528.jpg

こちらでは境内にたくさんの屋台が並び、花見酒を楽しむ環境はばっちりです♪
そんなわけで、即席宴会〜♪ 花より団子とはよく言ったものですね(笑)
e0271143_1134944.jpg

あゆの塩焼き、イカ焼き、ホタテ焼き、枝豆にきゅうり1本漬け、お好み焼き。そんなB級グルメがおいしいんですよ。
昼間は温かくても、夜になると寒くなってくるので、熱燗いっちゃいました。
サクラを眺めながら飲むお酒って格別ですね。それも、夜桜って何とも艶っぽくて大人の雰囲気ですなあ。

お腹が満たされたところで、千鳥ヶ淵へ向かいます。
ここの桜って、何年ものなんでしょうね。大木がお堀にそって並んでいます。その美しさって本当に圧巻です。
e0271143_1184941.jpg

e0271143_10561285.jpg
夜でもボートに乗れるんですね
e0271143_10565181.jpg
桜の合間から、月が見えました
e0271143_10571641.jpg


e0271143_1058273.jpg
ライトアップされた桜って、昼間の花とは全く違った表情を見せてくれますね。妖艶で色っぽい。大人の雰囲気が感じられます。

この日は、確かにすごく人が多かったけど、マナーの悪い人や酔っぱらいはいなかったし、特に歩きづらいということもなく、十分に夜桜を堪能することができました。

その雰囲気に圧倒されて、まるで別世界にいるような感じにさせられたのは、私だけではないでしょうね。桃源郷っていうのがあるならば、まさしくこんな光景が広がっているんじゃないかしら。

帰りの地下鉄に向かう最中で、ようやく現実に戻ったって気がしました。

この日の桜は本当に素晴らしくて、来てよかったなあって心から思いました。

日本人ですね(笑)

都内の桜は、今週いっぱいくらいでしょうか?
次は、高尾山とか奥多摩かな。今年はあと何回、桜をたのしめることかしら?
[PR]
by kiji_tora | 2013-03-25 11:36 | おでかけ
2013年 03月 11日
猿が入る温泉
テレビを見ていたら、円安の影響で外国人旅行者が増えていると報道されていました。
この時期、北海道や長野のスキー場は、外国人旅行者がかなり訪れているようですね。

長野の志賀高原に来ている外国人に、もうひとつ人気のスポットが紹介されていました。
それが地獄谷温泉。
ここの温泉に野生の猿が入るのですが、これって世界的にも珍しいんだそうです。

私、野生動物の写真を撮るのが好きなので、ここにはほぼ毎年行っています。
特に、冬場の猿は毛がふさふさしていてきれいだし、寒いので温泉に入る猿が多いので、カメラマンにはなかなか魅力的な場所なんです。

ただねー、山の奥なので、冬場は車でアクセスできずに、駐車場から雪道を30〜40分歩くんですよ。
もちろん除雪車なんて入らないから雪が降った翌日は、かなり大変な道のりなんです。日本人だとカメラマン以外は冬場に訪れる人ってほとんどいないんじゃないかな。
それでも、外国人には大人気だそうですから、ちょっと意外な感じでした。
e0271143_19212736.jpg


e0271143_201657100.jpg



まあ、オーロラもわざわざ見に行くのは日本人くらいっていうから、興味の対象はそれぞれなんでしょうね。

円安
[PR]
by kiji_tora | 2013-03-11 20:18 | おでかけ
2012年 06月 15日
結果発表
スカイゲートの写真コンテストからメールが届きました

結果はコチラ

残念ながら(・・というか当然)最優秀賞にも優秀賞にも選ばれず、「入賞」でした007.gif

写真を趣味とする人には、写真コンテストでの入賞を毎月狙っている人も少なくありません。
コンテストに入賞するためのノウハウを教えるサークルもあるくらいです。
もちろん、他の人に自分の写真を評価してもらうってことは自分自身の刺激になるし、コンテスト入賞は励みにもなるでしょう。
私も、いろんな人から「応募してみればいいのに。自分の勉強にもなるよ」と言われるんですけどね・・。

が、私はどうもこのコンテスト応募が苦手でして・・・。
写真で人と競うのも好きではないし、自分の写真は他の人に評価されるより、自分で楽しめばそれでいいって考えなんです。
なので、今までカメラ雑誌やカメラメーカーへのコンテストには出品したことがありません。

今回のスカイゲートの写真コンテストは「旅の思い出」ってテーマで、「自分の作品」というよりは「心に残る思い出」として気軽に応募できるものでした。
この作品も、実は吟味して出したわけでなく、たまたまPCのハードディスクにあったものから1点選んだって感じ。それも締切最終日にね。
(普段は、外付けハードディスクに画像データを保存しています)

実のところ、応募した写真は写真サークルで、師匠に思いっきりダメ出しされた1枚なのですよ。
だけど、私自身はとても気にいっていた1枚なので、この機会に出してみようかなと思ったわけです。

結果、1次審査で入賞に選んで頂けた時はとても嬉しかったです。
こうなると、欲って出てくるものですね。最優秀賞に選ばれれば50000円の旅行クーポンが貰える~なんて、淡い期待を抱いてしまいました(笑)

まあ、結果は思うようにはいきませんでしたが、それでも1次審査を通っただけでもとてもうれしいです。
私の写真に投票して下さった皆さま、本当にありがとうございました。

e0271143_2351274.jpg

Rising Sun
ケニア・マサイマラ国立保護区
[PR]
by kiji_tora | 2012-06-15 23:03 | くらし
2012年 06月 04日
2012年4月ケニア④
久しぶりにケニアの写真をアップしてみようかと思います

e0271143_1554079.jpg

ライオンの子供が木に登っていました。
ライオンもネコ科の動物なので、木登りは得意なのかもしれません。

e0271143_1562937.jpg

ライオンのカップルがハネムーン中でした。
普段はプライド(群れ)で暮らすライオンですがハネムーン中は2頭だけで過ごします。
雄ライオンはまだ若いですね。雄のタテガミは年と共に色が濃くなっていきます

e0271143_1565356.jpg

ライオンの食べ残したバッファローを食べているジャッカル
サバンナのお掃除屋さんと呼ばれます。イヌ科なので、見た目はイヌそのものです。
大変夫婦仲がよくて、一匹が病気などで死んでしまうと、残された一匹も寂しさのストレスから数日後に死んでしまうのだそうです。
実は、ジャッカル好きなわたし~♪

e0271143_1571052.jpg

サファリドライバーが一番怖がるのがこれ、バッファロー
動物の写真を撮るときには、車のエンジンを止めてもらうのですが、バッファローの前ではエンジンを止めるのを嫌がります
気が荒く獰猛なので、車に突進してくることもあるのだとか。
見た目はのんびりした牛さんなんですけどね~

e0271143_1573671.jpg

ケニアというと動物のイメージですが、鳥もたくさんの種類がいます。
これはライラック・ブレステッド・ローラー。きれいな鳥でしょう。
ヨーロッパからはたくさんのバードウォッチャーもケニアを訪れるそうです。


そうそう、5月24日に発売になったニコンのD3200
2400万画素で、何と84800円ですって!(ニコンダイレクトでの販売価格。量販店などではもっと安いかもしれません)
驚きの価格ですよね~。しかも小型軽量なので誰にでも使いやすい。
一度触ってみたいです。

私が一番最初に買ったデジタル一眼って、ニコンのD100ってカメラでしたけど、2002年で800万画素で25万円くらいでした。当時はこれでも画期的なカメラだったんですけどね。
10年の間に、デジタル機器の進歩ってすごいものがあるなあと改めて感じます。
[PR]
by kiji_tora | 2012-06-04 15:17 | ★2012.4 ケニア
2012年 05月 21日
金環日食
今日は金環日食が見られるということで、日本中が朝からフィーバー状態でしたね。

わが家も天文好きな夫が早い自分から日食グラスを用意してくれました。
値段はモノによっていろいろみたいですが、うちはアキバで購入した1枚300~400円のもの
コレ↓
e0271143_19542237.jpg

どうせなら写真も撮りたいと思うのですが、太陽の光って明るすぎるので、写真に撮るには減光フィルターが必要になってきます。
つまり、レンズにサングラスをつけるって感じかしら。
私、滝や波などを撮るときのために「ND8」ってフィルターは持っているのですが、太陽そのものを撮るには「ND100000」とかが必要になってくる。
が、このフィルターって20000円くらいするんですよ。太陽そのものなんてほとんど撮ることないから、この金額は出せないなあ。

なので、代わりに買ったのがこれ
e0271143_1954443.jpg

月刊星ナビの増刊号です。
お目当ては本ではなく、オマケで付いてくる「日食観察プレート(A5サイズ)」です。
このプレートはそのまま使ってもいいし、好きな大きさにカットして日食メガネとか、カメラ用のフィルターも作れちゃうという優れモノ!
お値段も本+シートで500円という安さです。
シート目当てでしたが、本の内容も、私のように全く知識のない人でも日食の仕組みが理解しやすいようにマンガで書かれているし、他にも春から夏の星座やこれから起こる「部分月食」「流星群」などの天文イベントの紹介など、500円にしてはとってもお買い得と思える内容でした。
金環日食の撮影ガイドなどもあり、またプレートをレンズ用に丸くカットするための型紙もついてて、至れり尽くせり。でも、面倒くさがりの私ですから、カットするのが面倒でシートのままレンズ前面に押し当てて使いましたけど(笑)

と、結構いいかげんに撮ったのですが、ちゃんと撮れましたよ~
ほら!
e0271143_19455373.jpg

リングがちゃんと写ってました。

今回の日食グラス&シートですが、これから6月4日に部分月食、6月6日には金星の日面通過が見られるそうなので、その時にまた活躍してくれそうです。
まだ捨てずに取っておきましょう。

危険なこと
[PR]
by kiji_tora | 2012-05-21 19:59 | くらし
2012年 05月 10日
2012年4月ケニア①
4/7~19までケニアに出かけていました。

旅行記といっても、もう8回目だか9回目のケニアですので、改めて旅行記に残そうということもなく、サファリ三昧な毎日ですから、毎日同じような記事になることも目に見えていますので、旅行記の代わりに今回撮った写真を何回かにわけて載せようかと思います。

e0271143_1745339.jpg

百獣の王と言われるライオン
「カッコええ~」と思わず呟きながらシャッターを切ってました

e0271143_17503036.jpg

ヒョウは個体数が少ない上、とてもシャイな動物なので、なかなか見ることが難しいんです。
こちらにまっすぐ歩いてきたときには、心臓がドキドキでした

e0271143_17515253.jpg

ドライバーの話によると、私が来る前日まではもう1頭子供がいたんだけど、ハイエナに襲われてしまったそうです。
生きていくって大変なのです。


よくヒョウとチーターってどう見分けるの?って聞かれるんですが、こうやって並べてみると顔が全然違うでしょ


・・・続く
[PR]
by kiji_tora | 2012-05-10 00:23 | ★2012.4 ケニア
2012年 04月 02日
Photobookを作ってみました
今日、カメラ屋さんでPhotobookを初めて作ってみました。
e0271143_15574175.jpg

今回のPhotobook、実は私が撮った写真ではなく、ケニアのサファリドライバーが撮影したもの。
プロのカメラマンや、神経質な人は自分の機材を人に使わせるなんて絶対しないでしょうけど、私はあまり気にしないので、昨年の11月に「撮ってみる?」と1台貸してあげたんです。

で、今週末からケニアに行くので、その時のおみやげにと彼の写真をPhotobookにしてみました。
写真のトリミングや、色補正などの画像処理は私がしましたが、思った以上にいい写真集が出来たと思います。

これ、写真データをUSBメモリでお店に持ち込んだんだけど、画像を機械に入れると機械が自動的に写真集として構成してくれるんです!
お店の人に聞いてみたら、撮影日付やピントの良さ、色のバランスなどを判断して、写真のサイズやレイアウトを自動で決めてくれるんだそう。
もちろん希望があれば、サイズも順番もレイアウトも変更は可能です。
で、30分ちょっとでこんなにステキな写真集ができあがりました。
e0271143_1558545.jpg


私、写真が趣味なんですが、フィルムの頃からデジタルの今まで、自分の写真をプリントすることって本当に少ないんです。
フィルムはポジフィルムなのでスライドにして終わりだし、デジタルはデータをそのまま保存しちゃうので、アルバムを作るどころかL判とか2L にすることも殆どなかったのよね。
でも、写真ってこうしてプリントして見るのっていいものだなあって改めて感じました。
きっとこの写真を渡すドライバーも、家族や友人に嬉しそうに自分の写真を見せるんだろうなって思うと、私まで幸せな気持ちになります。

とても簡単に自分の写真集が作れるってすごい!
近いうちに、私も自分のPhotobookを作ってみようって思ってます
[PR]
by kiji_tora | 2012-04-02 23:06 | くらし