<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
2014年 03月 30日
契約満了
すっかり更新が滞っています。
書きたいことはたくさんあるのだけど、その気力がなくてね。

2月中旬からとある会社でお仕事させてもらっていますが、これが私にはちとハードでしてね。
仕事量が多すぎるわけでもなく、残業を強いられるわけでもなく、自分のペースで仕事できるし、職場の人間関係も良好。

だけど、私には精神的にきつい仕事でした。

事務仕事なんだけど、ちょっと特殊な事務作業で、今までの私のスキルなどは全く役に立たず、すべてが初めて経験することばかり。
専門的な事項を覚えなきゃならないんだけど、その膨大な量は、数か月の勤務くらいじゃ全くモノにならないくらい。

日頃、頭を使うことがない日々を送っている私には、毎日毎日入ってくる膨大な情報量が私のキャパを超えていたのでしょうね。
また、ミスが許されない仕事ですので、常に緊張感を持たなくてはならないのですが、そのON/OFFの切り替えがうまくできなかったのかもしれません。

5時に仕事が終わるからその後の時間は自由なんだけど、業後は全く何をする気にもならない。
どこかへ寄り道しようとか、友達と飲みに行こうとかなんてとんでもなく、スーパーに寄って買い物をする気にさえならない毎日でした。
身体的な疲れはないんだけど、精神疲労が酷くて、帰宅してPCを触る気にもなりませんでした。
当然、家事もしなきゃならないんだけど、どうしてもその気にならず最低限のことだけ。
荒れていく家の中を見ているとこれまたストレスが貯まってしまうんだけど、体が動かない。

週末のお休みはいつもなら、家のことをやってお出かけして・・って忙しく過ごすはずなのに、この仕事についてからは頭も体も鉛のように重くて、何もする気にならない。
3月の3連休は、夫が不在なのをいいことにほどんど寝てすごしたようなものでしたね。

普段なら、飲んで食べておしゃべりしてストレス解消できるんだけど、今回に限っては全くお酒を飲みたいと思うこともなく、人と会うのも面倒になり、仕事以外はひきこもり状態って感じでした。

派遣の仕事で「合う」「合わない」ってあんまり考えたことなかったんだけど、これは私には合わない仕事だったのかもしれないですね。
毎日、心が折れてましたもん。

この仕事も明日で終わり。
契約更新を打診されましたが、今回は丁重にお断りさせていただきました。

終わって嬉しいというより、無事に契約を満了できてホッとしているといった感じです。

さあ、あと1日。
最後のお仕事がんばってきます。

4月になったら、まずは家の片付けをして、部屋も気持ちもさっぱりさせたい。

落ち着いたら、何か新しいことも始めてみたいなあ
[PR]
by kiji_tora | 2014-03-30 10:01 | くらし
2014年 03月 16日
味噌仕込み
先週になりますが、味噌を仕込みました。

まだパン教室に通っているころ、単発講座の「手作り味噌」で作り方を教わってから、わが家の恒例行事になっています。
最初に食べたときは、その味に感動したものでした。
何て言うのかな。本当に豆の香りと味が感じられる、昔ながらの味噌の味がするんです。
家庭で作るので、添加物も入らないし、塩分控えめにもできるのもいいですよね。味噌ってうちではほぼ毎日食べるものですので、安心なものを採りたいですから。

味噌づくりっていうと、何やら大変そうなイメージがあるみたいですけど、作り方は本当に簡単。

分量の麹と塩はあらかじめ合わせておきます。
e0271143_8251434.jpg


1晩水につけておいた大豆を茹でて潰します。
e0271143_8253258.jpg


麹に豆を潰したものを加え、よく混ぜ合わせます。しっかり空気を抜いて、容器に詰めやすくするため、ソフトボール大に丸めます。(これを味噌玉と言います)
e0271143_8263162.jpg


これを消毒した容器に投げ込んでいき、平らにならしてラップをかけ、蓋をしてそのまま寝かせます。
最初は真っ白だった味噌ですが、時間をかけてゆっくりゆっくり発酵していき、半年後にはおいしい味噌になるんです。

これだけ!簡単でしょ。
私は、圧力鍋にフードプロセッサーを使うので、本当に手間いらずです。

3か月くらいたったら、上下を混ぜ合わせ(天地かえし)、以後、1か月ごとに全体を混ぜながら寝かせます。
半年くらいすると、味噌として食べられるようになります。

半年後ってちょうど、新米の時期なんですよね。
ピカピカの新米と、出来立ての味噌をいただくのがその時期のお楽しみなんです。

さてさて、今年の味噌はどんなふうにできあがるかな。今から楽しみです。


あ、ひとつ失敗が・・・・・

いつもは大豆1キロ、麹1キロで仕込むんです。これで4キロ弱の味噌になるんですね。
少し知人におすそ分けして、毎日の味噌汁に使って、味噌漬けとか味噌炒めとか料理に使うと、1年ちょっとで食べきる量なんです。

が、今年は私が忙しくて、夫に材料を買ってもらったのが大きな間違いだった。
何と、半量の大豆500g 麹500gだけしか買ってなかった(;'∀')
これで作れないわけではないんですけど、やっぱりある程度の量を作ったほうがおいしいし、1年かけて食べるには足りないだろうなあ(涙)
[PR]
by kiji_tora | 2014-03-16 08:28 | キッチン
2014年 03月 10日
スペシャルパンケーキ@デニーズ
私たち、デニーズのデニモバ会員というのになっております。
あのデニーズのモバイル会員なんですけど、会費は無料で、時々お得なクーポンを頂けちゃったりするんです。

今回は3月いっぱいまで有効な「スペシャルパンケーキ」のクーポンを頂いてましたので、せっかくだからとランチに近所のデニーズへ。

ランチ後のデザートにいただきました♪
e0271143_2315328.jpg
デザートにパンケーキってちょっとヘビー?って思ったけど、小型のパンケーキはまさにデザートにピッタリ。
でも、決して無料のオマケ感は全くありません。ちゃーんとした(って言い方も変だけど)パンケーキです。
これが無料でいただけるなんて、すんごく得した気分です。

でね、夫は今月がお誕生日。
なので、バースディパンケーキのクーポンを頂いておりました。
e0271143_2354022.jpg
ハニーフルーツパンケーキです。
すごいボリュームでしょ。こちらはパンケーキというより、フレンチトーストですな。

こういうクーポンっていわゆる「割引券」的なものが多いんだけど、こうして現品をサービスしてもらえるのってお得感あるし、嬉しいものですね。

デニーズさま、ごちそうさまでした♪
[PR]
by kiji_tora | 2014-03-10 06:36 | おでかけ
2014年 03月 09日
2014年ソウル⑤ 汗蒸幕とふぐのプルコギ
2月16日

ランチにカンジャンケジャンを食べた後は、一度ホテルまで戻ります。
朝、出かける前に汗蒸幕(はんじゅんまく 韓国の伝統的なサウナ)を予約していて、ホテルまで送迎を頼んでおいたんです。

美容大国の韓国ですから、エステやスパはたくさんありますが、私はソウルにきたらやっぱり伝統的なサウナ&垢すりが好きなんです♪

数ある汗蒸幕ですが、私が譲れなかったのが「女性専用」 であることなんです。
女性専用じゃないところでも、お風呂場はもちろん別だし、そんなに気にすることはないかもしれない。
だけどね、ガウン1枚でいるところに男性がいるのはやっぱり嫌だよね。
自分がカップルとか家族連れで来ているならまだしも、女性同士の旅なんだから、変なところで気を使わなきゃならないなんて嫌だもの。

ということで、女性専用汗蒸幕を探し、決めたところは「漢南火汗蒸幕」
e0271143_1824389.jpg
こちらで頂いたショップカードです。
場所が場所だけに、さすがに館内の写真は撮れないので、コチラのHPでどうぞ
ソウルの情報サイト、コネストソウルナビにも載っていますし、予約もできます。

内容ですが

1.受付と支払い
私たちは、基本コースにオプションで全身+フェイシャルの経路マッサージをつけてもらいました。支払いは現金のみでしたが、円でも支払できます。
オプションは、よもぎ蒸しやうぶげ取り、指圧、経路マッサージ(リンパマッサージ)、アートメイク、カッピングなど種類は多かったです。日本語スタッフがいるので、言葉で困ることはありませんでした。
その後、着替えと洗顔

2.ゲルマニウム塩サウナ
岩塩が敷き詰められたサウナでしばし横になります。熱くなくて、温かくて気持ちいい〜って感じのサウナです。

3.汗蒸幕
ムシロを2枚渡されて(1枚は下に敷き、1枚は頭から被る)、汗蒸幕へ。最近では電気のサウナが増えているそうですが、ここは昔ながらの松の木を炊く方法です。
熱さで、汗が噴き出してきます(-_-;) 
3〜5分で一旦出て、水分補給。横になってクールダウンです。韓国ではサウナの後、水風呂に入ることはしないそうです。そして、もう1度サウナへ。3度くらいは入るようですが、私は2回で「もう結構です」(笑)

4.シャワーを浴びて、入浴

5.垢すり
当然ですが、素っ裸です(笑) それだけでもちょっと恥ずかしいのに、ええ〜!そんなところまで?ってところまで垢すりしてくれるんですよね。これだけは何回やっても恥ずかしいわ。

こちらの垢すりはとても丁寧で、力は強いんだけど痛いことはありませんでした。
私、皮膚が薄くて、垢すりで真っ赤になっちゃうことがあるんだけど、ここではそんなこともなかったです。
サウナで汗をかいて老廃物を出した後は、体のアカも落としてもらってサッパリ気分。

6.紫水晶サウナ
遠赤外線を放つ紫水晶は、体を温めながら、ストレス解消、精神安定などのヒーリング効果があるそうです

7.海藻パック、オイルマッサージ、シャンプー&リンス
パックはキュウリと海草から選べます。
オイルマッサージは垢すり後の保湿をしながら全身をもみほぐしてくれて気持ちいい〜。
最後のシャンプーとリンスもすごく丁寧でした。海外のシャンプー&リンスって、顎で髪がゴワゴワになることもあるんですが、こちらではそんなこともありませんでした。

ここまでが基本コース
これから、オプションの全身+顔の経路マッサージです。
お風呂をでて、浴衣みたいな館内義を着て、マッサージルームへ。

経路マッサージって、リンパマッサージだから、場所によってはすんごく痛いんだけど、効き目は抜群。
体がすっきりした感じがします。友人二人は初めてのリンパマッサージだったそうで、痛さに悶絶してましたが(笑)、終わったらみんなスッキリ。満足なマッサージでした。ついでに、みんな顔が一回り小さくなってましたよ。
このコースでだいたい3時間くらいかな。
丁寧な施術で大満足だったうえに、帰りがけにおみやげまでいただいちゃいました。
垢すりタオルと石鹸、そして辛ラーメン。夜、お腹が空いたらホテルで食べてねって割り箸までついてました。こういうサービスってすごく嬉しいですよね。
希望すれば、食事(ビビンバか冷麺)のサービスもあるそうですよ。

帰りは、ホテルでなく 釜山ポッチプというお店まで送ってもらいました。
忠武路にあるふぐ料理の専門店です。
フグは日本同様、韓国でも高級なものですが、こちらのお店は大衆的で安価にフグを楽しむことができるお店です。
メニューは辛くないふぐちり、唐辛子たっぷりの鍋、そしてプルコギのみです(多分)
ふぐの鍋は日本でも食べられるでしょう。だから、せっかくソウルにきたらこのプルコギを食べてみたかったの。
大雪の羽田空港でお話させていただいたソウル在住の方もお勧めしてくださいましたしね。
lこれがプルコギ
e0271143_22302491.jpg
ふぐの皮の和え物もついてきます。コラーゲンたっぷりでお肌プルプル〜になりそう♪
このプルコギ、ふぐのぶつ切りを甘辛いコチュジャンソースで煮て、たっぷりのセリを加えます。
そして、これをワサビ、醤油、酢で頂くんですが、淡白な白身のフグとコクのある甘辛いタレが実によく合って、すごくおいしいんです。わさび酢醤油につけると、実にあっさりといただけてお腹いっぱいでもどんどん食べれちゃう。
最後のお楽しみが、残ったタレで作ってくれる炒飯。
e0271143_2237831.jpg

見た目はイマイチだけど、フグの旨みがよーく出たタレで作った炒飯はもう絶品でした。お腹いっぱいなのに、おいしいからついつい食べちゃう。
これだけ食べて、ビール3本、マッコリボトル2本で、50000ウォン(約5000円弱)でした。安いでしょ〜♪
ちなみに、こちらのお店、明洞のお店みたいに日本語メニューはありません。片言の日本語を話す店員さんもいません。店員さんもお客さんも地元の方ばかりです。
日本語が通じるのは便利だけど、こういうローカルなお店も旅気分でいいですよね。
大満足の夕飯を頂いてホテルに戻ります。

が、ここに来るときは汗蒸幕から車で送ってもらったので、今いる場所がよくわからない。
ホテルからそんなに遠くないって言うのは地図でわかるんだけど、どうやって行くのかがわからないんです。お店に1人だけ英語を話すお姉さんがいたので、ホテルまでの道を尋ねました。
そしたらね・・・
お店を手伝っていた別な女の子(どうやらこの店の娘さんらしい)に、私たちをホテルまで連れていくように言ってくれたんです。
その子も、嫌な顔ひとつせずに、寒い中を私たちを送ってくれました。
17歳の高校生だそうです。ホテルの看板が見えるところまで送ってもらい、あとは大丈夫だからと少しばかりのチップを渡してさよならしました。

始めて行ったお店だし、そんなにお金を使ってきたわけでもないのに、こんな優しさがすごく嬉しかったです。
最近の韓国って、いろいろな反日行動が報道されていて、日本人って嫌われてるかも・・なんて思っていたけど、今回の旅行で出会った人たちはみんな親切で優しい人ばかりでしたね。
とても温かい気持ちで、ホテルに帰ることができました。

本当はお部屋で飲み治そうって言ってたんですが、一度横になった私は、満腹すぎてもう動くことができなくなっておりました〜(汗)
[PR]
by kiji_tora | 2014-03-09 22:54 | ★2014.1 ソウル
2014年 03月 04日
2014年夏休み計画
今年のGWはハワイに行きますが、夏の計画が何も決まっていません。

私自身、年に3回もハワイばかり行かなくてもいいかなと思っているので、できたら別なところ。
のんびり軽井沢に1週間滞在とか、夫が行きたがっていた屋久島もいいかなと思っていました。

が、夫から衝撃の告白が・・・・

「今年はね、多分、夏休み取れないから」

主人の会社は、夏休みが取れる時期が決まっているので、(お盆週もしくはその前の週のどちらか)計画が立てやすいのですが、それが取れないって・・・・(゚Д゚;)
そ、そんなぁ(泣)

プロジェクトで仕事をしているので、その時期がちょうど佳境に入るらしく、そんな中1週間の休みは絶対無理だろうというのです。
先走って、航空券取らなくてよかったわ。

ただ、嬉しいことに、夏休みとして10月にお休みがとれるかもしれないとのこと。
どこに行っても混んで、高い夏に動くより、時期を外した10月なら逆に動きやすいかも。

10月だったら、オーランドも過ごしやすいだろうな。オーランド5泊+サンフランシスコ2泊とかいいなあ。
ああ、イタリアもポルチーニの時期だし、ワインの新酒が出るころだ。
カナダのメープル街道の紅葉はどうなんだろう・・・・

夏を外せば、航空券もホテルも取りやすいと思うので、そんなに急いで手配することもないでしょうから、じっくり行先を吟味したいと思います。
[PR]
by kiji_tora | 2014-03-04 00:01 | 海外旅行
2014年 03月 02日
2014年ソウル④ カンジャンケジャンを食す
2月16日

午前中はお買い物三昧。
今日のランチは、私の強い希望でカンジャンケジャンにしました。

私、カンジャンケジャン大好きなんだけど、意外に知られていないみたいで、同行者も「何それ?」って感じでした。

午後からは予定を入れていたので、そんなに遠出もできず、明洞でカンジャンケジャンが食べられるお店を探し、「オダリチプ明洞本店」へ。
ここは、カンジャンケジャンの専門店ではなく、焼肉やチゲなど他の韓国料理も扱っているお店ですが、オーナーが釜山出身なので、海鮮には専門店並みのこだわりをお持ちなのだとか。
雑居ビルの2階で、お世辞にもきれいなお店とは言えませんが、お味はすごくおいしかったです。
専門店=よりおいしいって感じはありますが、決してそんなことはないのねって思いましたし、蟹が苦手な方、アレルギーのある方がいると、ケジャンもあきらめなくてはならないけど、ここなら各々が好きなものを食べられるのも嬉しいですよね。

カンジャンケジャン単品もあるのだけど、今回はコースにしてみました。
パンジャン(おかず)が5皿ほど出るほか
海鮮チヂミ
e0271143_12292983.jpg

チャプチェ
e0271143_12294199.jpg
味噌チゲ
e0271143_12303998.jpg

卵蒸し
e0271143_1231154.jpg
がつきます。
そしてメインは
e0271143_12313288.jpg

カンジャンケジャン〜♪蟹が新鮮なんでしょうね。まったく臭みもなく本当においしかったです。
3人でも食べきれないほどの量でした。

身は、そのままチューチューしゃぶっていただきます。カニの身がトロリと甘くてもう最高!
そして、お楽しみはご飯。蟹の味噌と内子を白いご飯に混ぜて、ちょっとタレをかけて、韓国海苔を加えてさらに混ぜ混ぜしてビビンバ風にいただきます。
これ、絶品ですよ。私たち、みんな無言になっちゃいましたもん。本当においしいものを食べるときって、言葉が出なくなるんですよね(笑)

今回は短い滞在だから、食べたいものは厳選しなきゃ。
参鶏湯、サムギョプサル、ビビンバなどは、まだ日本でも食べられるけど、生の蟹はなかなか食べられないからね。
友人たちは初カンジャンケジャンでしたが、とても喜んでもらえました。
このコースで1人30000ウォン。この日のレートだと3000円を切る値段でした。この内容でこのお値段なら十分満足です。

それにしても、韓国の食事って量が多いでしょう。お昼を食べすぎると、夕飯が食べられなくなるんですよね。
毎日、おいしく頂くためには、1日の食べる量の調整は絶対必要だなって思います。
とはいえ、やっぱりここに来たら、毎回「お腹いっぱい〜」にならないと、韓国に来た気がしないんですけどね(笑)
[PR]
by kiji_tora | 2014-03-02 12:09 | ★2014.1 ソウル