<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
2013年 11月 29日
イマドキの軽自動車
11月は車検があり、数日の間代車を貸してもらいました。
お借りした車は、軽自動車。それも発売されたばかりの新車〜。

軽自動車って運転したことないから、私が興味津々。
うちの車ってバカでかくて、細い道とか運転しづらくてなるべく運転したくないんだけど、小さな軽自動車はどこでもすいすい行けちゃって、なかなか快適です。
普段なら絶対に言わないのに、出勤する主人を「駅まで送ってあげようか?」なんて言い出すくらいでした。

この代車、内装とか安っぽい感じは全くしなくて、装備も高級車並みにいろいろついているんです。
イマドキの軽自動車ってすごいのね〜って驚きでした。
お返しするときに聞いたんだけど、N-ONEっていう発売されたばかりの車で、それも特別仕様車だったみたい。
なんと200万くらいするんですって!!!
フィットだって確かそんなにしなかったはずよね。

軽自動車って安っぽい、貧乏くさいイメージがあって全く食指が動かなかったけど、実際には買い物やご近所を走るだけなら軽自動車で十分。むしろ小回りがきいて走りやすいし、燃費もいい。そして税金も安いでしょ。
それで高級感もあるなら、軽自動車もいいんじゃない?なんて思ってしまいました。

今はまだ車で遠出することが多いから大きい車のほうがいいと思うけど、これから年を取って遠出することも減り、お買い物や駅の送迎などご近所ドライバーになったら、ちょっといい軽自動車に買い替えるのもいいかもしれませんね。
[PR]
by kiji_tora | 2013-11-29 23:56 | くらし
2013年 11月 28日
お留守番できるかな?
昨日、ケニアから帰ってきました。今回も楽しかった〜♪ 
旅行記というか、写真はまた追々にアップしていきたいと思います。

さて、毎回2週間ほど家を空けることになるのですが、やっぱり夫のことは心配なものです。
一番の心配は「ちゃんと食べているかな?」 ってこと。

でもこれ、段々と意味合いが変わってきているんです。

うちの主人、料理は全くダメ。いや、正直いうと電子レンジの使い方すらイマイチわかっていない。

今は外食でもお惣菜でもあるんだけど、毎晩帰りが遅いので、帰りに食事ができる場所ってラーメン屋か牛丼屋さんくらいになっちゃう。帰り時間だとスーパーも閉まっていたり、開いていてもお惣菜はすでに売り切れ。
帰宅時間が遅いと、会社の同僚と飲む機会も少ないしね。
かといって、自分で料理もできない。

がんばって炒め物くらいはチャレンジしたらしいけど、手際があまりにも悪いので、お風呂入って、料理して食べて、片付けて・・・ってなると、就寝時間がどんどん遅くなり、寝るのが毎日2時過ぎってことになるらしい(爆)

そのため、わざわざ作るなら、このまま寝ちゃおうって思うらしく、毎晩梅干しとか缶詰とかでお酒を飲む日々だったらしく、私が帰国したらげっそり痩せてた(大汗)

なので、今では冷凍保存できるおかずを作り置きしたり、レンジでチンして食べれる冷凍食品を買い置きしておいたり、きんぴらや煮豆などの日持ちするものを何品か作ってから出発するようにしているんです。

そのせいで、最近は妻がいなくてげっそり痩せるってことはあまりないのですけど、新たな問題が・・・・

うちの夫、ただでさえも普段からビックリするようなことをやってくれるんですけどね。

帰国してからもビックリすることがいくつか・・・・

①レンジの中に、ルクエでチンしたと思われるブロッコリーがそのまま放置
     レンジ加熱したことを忘れてる!なんで・・・?
②鍋の中に、ボイルした煮込みハンバーグのパックがそのまま放置
     ボイルしたことを忘れてる!これ、いつのだ?
③冷蔵庫の中で、11月10日に作ったきんぴらごぼうのタッパー発見!
     冷蔵庫を開けて、目の前にあるものしか目に入らないらしい
④賞味期限が10日以上切れた納豆とヨーグルト発見!
     買ったことすら忘れてた
⑤一面にカビの生えたフランスパン発見 
     1度ワインと一緒に食べたけど、翌日にはその存在を忘れてたらしい。
⑥野菜室の中で、きゅうりが溶けてた!
     存在に気付かなかったって?あれほど言ってから出かけたのに!
⑦インスタントみそ汁は具だけで作っていたらしい 味噌のパックはなぜか手つかず
     味が薄くてイマイチだったそうだ。そりゃそーだろう
⑧唯一作れる野菜炒め。中華味の素とコンソメと、塩こしょうで味つけたらビミョーだったらしい。
     なぜにそんなにいろいろ入れるのか全く持って理解不能なんだけど。

こんな感じで、今回もビックリさせてもらいましたよ。

最初は「ちゃんと食べてるかな」って毎日きちんと食事を摂っているかな・・ってことだったんだけど、最近では普通にまともに食べているかなって変わってきています(笑)

さて、昨晩帰宅した主人、私を見るなり「おかえり〜。待ち遠しかったよ〜」と普通に聞けば、ラブラブの言葉を掛けてくれたのだけど、よく聞いたら「この生活からようやく解放される、この日がどんなに待ち遠しかったか」と思ったそうです(笑)

まあね、2週間も文句も言わずに出してくれるんだから、私も何も言えないけどね。
もし、私が先に死んじゃったら、この人ちゃんと生きていけるのかなあ・・なんて考えちゃうんですよねぇ。
[PR]
by kiji_tora | 2013-11-28 15:01 | くらし
2013年 11月 10日
2013年5月 ケニア① チーターのハンティング
ヨーロッパの旅行記が終わったので、次に行きます。

ヨーロッパの帰りに、私だけちょっと寄り道したケニア。
日本から行くと遠いけど、ヨーロッパからだと近いから、ちょっと寄っていく・・と夫を説得しての寄り道ですが、パリから直行便でも8時間・・・・寄り道って距離じゃなかったわね(汗)

4月〜5月のケニアは雨季真っ最中。
雨季だと草が高くなってしまうので、動物が見つけにくいということもあり、オフシーズンなのですが、緑のサバンナはきれいだし、サファリカーの台数も少なくて動きやすいので、私は嫌いではないですね。
とはいえ、今年の雨季はちょっと違って、歴史的な大雨だったらしい・・・

いつもは車で渡れる川が、水かさが多くて渡れないので、この吊り橋を歩いて渡れと言われました。
e0271143_1971192.jpg
スーツケースは持ってもらったけど、重いカメラ機材を抱えて吊り橋を渡ると、下は轟音が轟く水流(大汗)
歩くたびに、どこからかキシキシと音がする吊り橋は、どんなにゆっくり歩いても揺れる。マサイたちは「大丈夫」って言うけど、私にとっては全然大丈夫じゃないよ〜。

車もそう。
サバンナは舗装なんてされていないから、大雨が降ると地面はドロドロで、すぐに車がスタックする。
e0271143_185104.jpg
すぐに脱出できればいいんだけど、はまっちゃうと何時間もそこで動けなくなる。
こうなるのが嫌だから、ドライバーもあまり動きたがらないので、動ける範囲が狭くなっちゃう。
・・・ということで、雨季はなかなかリスキーなんです。

さてさてそんな雨季の滞在でしたが、今回の滞在での大きな収穫はチーターのハンティングが見れたことです。

サバンナでチーターのファミリーを見つけました。(以下の写真はクリックすると大きくなります)
e0271143_1981731.jpg
草が高いってこういうことです。草の背丈が高いと、こんなふうに動物がクリアに見えないんです。
こちらのファミリーは子供が3頭。と言っても、親とほとんど大きさが変わらないくらいの大きな子供です。親離れもそろそろなのかもしれませんね。

ケニアに先に入っていたカメラマンのI君の話だと、このお母さん、よくハンティングするのだとか。まあ、これだけ大きな子供3頭を食べさせなきゃならないから、お母さんも大変だよね。

あ、お母さん、動き出しました。獲物を見つけたようです。
e0271143_18564632.jpg

歩くときは、頭を低くして、獲物に気づかれないようにゆっくりゆっくり近づいていきます。
e0271143_1994245.jpg

獲物の近くまできたら、草の中に身を隠して、その時をじっと待ちます。写真の中で顔だけ出ているのおわかりになりますかね?ガゼルはまだ気づいていないみたい。
e0271143_19103739.jpg


チーターのハンティングはとにかく時間がかかる。ゆっくりゆっくり獲物に近づき、そのまま「その時」がくるまでひたすら待つ。本当に数時間このままってことも珍しくありません。
それを待っている私たちも、ひたすら待つ・・待つ・・・・。
どんなに待っても、ハンティングしないことだって多いし、走ったとしても、車とは全く別な方向に行っちゃうことがほとんどですからね。
ハンティングを撮るってことは難しいのです。

が、この時は本当にラッキー。
あまり待つこともなく、チーターがこちらに向かって走り出しました。
来た〜っ!
e0271143_22152082.jpg
でも、この時は残念ながら、逃げられてしまいハンティング失敗・・・

実は、私、これだけハンティングが撮れたのは実は初めてです。
運よくハンティングシーンにあたったとしても、すんごく遠くて豆みたいにしか写ってなかったり、動きがあまりに早すぎて、こちらの撮影技術がついていけないかったり(汗)。
こんなふうに、目の前に走ってきてくれるなんて初めてなんです。それだけでも嬉しい♪

あ、上の写真はチーターにピントがきてないですよね。その上のは、ガゼルにピントがない・・・

少し専門的な話になるんだけど、動くものを撮る時は少しでも早いシャッターを切りたいので、レンズの絞りは解放にしていることがほとんどです。
こうすると、シャッタースピードは速くなるけど、ピントがあう範囲(被写界深度)が浅くなるのです。
で、こんなふうにどちらかにしかピントがいかなくなる。
絞りを絞れば、手前から奥までピントはくるけど、今度はシャッタースピードが遅くなるので、手ぶれしやすくなる。なかなかむずかしいです・・・

さてチーターですが、ハンティングはかなりのスタミナを使うようで、走ったあとのチーターはこんな感じでしばらくゴロゴロお休みモードになります。
e0271143_1940462.jpg


今日はもう終わりかな〜と思ったら、お母さん、また走ってくれました。それも、私たちのサファリカーの目の前っ!
e0271143_19434658.jpg
e0271143_19435923.jpg
もう一歩で手が届くってところだったのに、今回も逃げられた〜。このお母さん、狩りが下手なのか?
いや、狩りが下手なお母さんだったら子供3頭をここまで育てられないですからね。

ケニアに来る前は、狩られる草食動物がかわいそうって思ったけど、実際にこういう場面を見ると、狩るほうも狩られるほうも、生きていくって大変なことなんだって実感します。
この時のチーターたちはお腹ぺったんこで、見ててかわいそうなほどでした。

でも、翌朝見た時には、お腹はポンポンでした。ドライバーの話によると、明け方にガゼルを捕ったそうです。
よかった、よかった。でも、これだけ大きな子供3頭+お母さんですから、小さなガゼル1頭じゃすぐにお腹が空くでしょうね。

からだは大きな子供たちですが、狩りはまだできないようで、もっぱらお母さん1頭だけが走ってました。ライオンと違って、群れで狩りをすることがないので、お母さんの頑張りが一家を支えているんです。
e0271143_21564849.jpg
からだは大きくなっても、まだまだ子供ですね。

ケニアの滞在記のアップを始めたばかりですが、明日から2週間ちょっとまたまたケニアに行ってきます。
今回はどんな場面に出会えるかな。
わくわく・・・・・

しばらくこちらのブログはお休みしますが、またいい写真が撮れたらアップさせていただきますね。
[PR]
by kiji_tora | 2013-11-10 07:14 | ★2013.5 ケニア
2013年 11月 09日
2013年4月スペイン・フランス旅行⑲ さよならパリ
シテ島から、サン・ルイ島へセーヌ川沿いをお散歩です。
e0271143_14432167.jpg
お天気もよく、街歩きにはいい日でした。
でも、セーヌ川ってこうやってみると全然きれいじゃないのよね。

パリ最後のランチはサン・ルイ島のMon Vieil Amiで。
e0271143_14422682.jpg
お昼には日替わりの「DEJEUNER Plats du Jour (15€)」があります。今日は挽肉のココット料理でした。私はお魚のポワレ。サラダ仕立てでした。
e0271143_14503846.jpg
とにかくここのパンがものすごくおいしくてお替わりしちゃいました。
お腹いっぱいになるから控えようと思っても、ついつい手が出てしまう。聞いてみたら、お店のすぐ前にあるこちらのブーランジェリーのものだそうです。
e0271143_14544299.jpg
e0271143_1455546.jpg
パンもそうなんだけど、このバターもすっごくおいしかった。ダイエットとかまったく頭の中から飛んじゃって、たっぷりつけていただきました(笑)
フランスだと無塩バターが一般的なんだけど、これは有塩でした。
あまりにおいしかったので、どこかで買えたらいいなあと写真を撮ったのですが、この後、デパートやスーパーで探しても残念ながら見つけることができなかったです。



これでパリの観光は終わり。実質1日半の観光でしたが、有名観光スポットはかなり周れたと思います。
最後はお買い物ですね。
メトロの「Opera駅」で下車。駅の上はオペラ・ガルニエです。
e0271143_15454261.jpg
でも、私たちが向かうのはオペラ座ではなく、パリ最大のデパート、ギャラリー・ラ・ファイエット。
パリに来る前には、あれこれ欲しいものもあったんです。でもね、実際に見てみるとまったく購買意欲がわかない。
なぜなら、急激なユーロ高のせいで何でも高いんです。2012年9月は1€=95円くらいだったのに、この旅行中は135円くらいだったんです
そのせいで、全く買う気になりませんでした。
考えてみれば、ちょっと食事をするだけでもかなりの金額を払ってたのよね。まだ物価の安いスペインでは気にならなかったけど、パリに来たら本当にユーロ高を実感させられました。

ということで、お土産に買ったのがバター。日本では高級とされるエシレバターもフランスで買うと数百円で買えます。こちらは友人や親戚のお土産用のエシレ(有塩)
e0271143_1553551.jpg
わが家用には、イズニー(上)と売り場のお姉さんが「フランスで一番おいしいバターよ」と言ってたボルディエ
e0271143_1554778.jpg
このお姉さんお勧めのボルディエ、とても美味しかったです♪
発酵バター特有の香りがよく、味も濃厚。トーストで溶かしてしまうより、バゲットに塊のままのせて食べたいってバターです。味は濃厚でもしつこさはまるでなくて、ミルク感たっぷりのバターでした。
このバターをおいしく食べたいために、日本でおいしいフランスパンを探すのに苦労しました(笑)
おかげで、日本のフランスパンってもっちり柔らかいパンが多いというのに気がつきました。

エシレもおいしいんだけど、ボルディエに比べるとずいぶんあっさり感じます。

それからチーズね
e0271143_1652897.jpg
高級品でもなく普通に売られているミモレットとカマンベールです。これがねー、本当においしかった。賞味期限はもちろんあるんだけど、なくなってしまうのが淋しかったです。

ホテルに荷物を取りに行く前に、ホテルの前にある「ラデュレ・シャンゼリゼ店」へ。
e0271143_16122258.jpg

マカロンも生モノなので最後に買います。お店の方に聞いたら、賞味期限はこの時期で3日ということでした。ディスプレイもかわいいですね。
e0271143_16125049.jpg
ラデュレはマカロンが有名ですが、チョコレートや焼菓子、ペストリーやクロワッサンもありました。
e0271143_1614717.jpg
人気店なので、お店の前に列ができています。私たちは購入までに30分くらい待ちました。

ラデュレは空港にも何か所か売店があります。お店ほど種類はないのですが、人気のフレーバーは揃っているし、待ち時間もゼロで購入できるので、時間がない人は空港で買ってもいいと思います。
生ものなので、帰国直前に買ったほうがいいですしね。

買い物が終わると、すぐ目の前がマリオットです
e0271143_1616788.jpg
預けていた荷物を受け取り、タクシーで空港へ向かいました。
夫は、深夜便で日本に帰国、私は空港近くのホテルで1泊し、翌朝ケニアへ発ちました。


ハワイのタイムシェアを購入してから、長期休暇はハワイなどリゾートでのんびり過ごすことが多くなりました。毎日、忙しい日々を送っていると、のんびりゆっくり心と体を休める旅はいいものですよね。

でも、今回の旅は、毎日歩き回り、足はパンパン、からだはぐったりの忙しい毎日だったけど、夫も私もとても満足し、楽しい旅でした。。
前にも書いたけど、心が震えるような感動がたくさんありました。のんびりして、おいしいものを食べての旅だけでなく、たまにはこうして心に刺激を与えてあげるような旅もいいいものです

ヨーロッパは時間がかかるからって敬遠していたところもあったんだけど、やっぱりまた行きたいなあと思っています。

ということで、2013年GWのスペイン・フランス旅行記はこれで終わります。
お付き合いいただいてありがとうございました。
[PR]
by kiji_tora | 2013-11-09 16:37 | ★2013.4 スペイン、フランス
2013年 11月 09日
2013年4月スペイン・フランス旅行⑱ ノートルダム大聖堂とシテ島
サント・シャペルを後にし、ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris)に向かいました。
12〜13世紀に建てられたゴシック様式の大聖堂で、その後19世紀に大修復がなされて現在に至っています。パリで最も有名な観光スポットで、毎日多くの観光客が訪れていますが、現在でもパリ大司教座聖堂として使用されています。
e0271143_8172288.jpg
e0271143_819594.jpg
この日もミサが行われていました。
e0271143_8174236.jpg
e0271143_8184284.jpg
有名なステンドグラス 1枚だけ開いちゃってるのが残念
e0271143_8192018.jpg
バラ窓
e0271143_8194350.jpg
献灯というのかな。2€でキャンドルを灯すことができます。私たちも気持ちばかりですが、お賽銭代わりに。
e0271143_820235.jpg
この建物の威圧的な大きさや美しいステンドグラスの輝きにまたまた感激。
そして、ミサをやっていたこともあって、とても荘厳な雰囲気に包まれた大聖堂でした。
初めてここを訪ねた時も、その建物の大きさや荘厳さに圧倒された覚えがあります。


世界中がどんどん進化して、街がすっかり変わっていく昨今ですが、変わらないもののよさをパリの街は教えてくれるような気がします。



ノートルダム大聖堂を出た後は、シテ島界隈をお散歩。
大道芸人?がパフォーマンスをやっていました。
e0271143_10471379.jpg
オルガンとクラリネットの楽しいパフォーマンスだったので、しばし足を止めて鑑賞。

アルシェヴェッシュ橋にはたくさんの鍵が付いています。パリによくある石の橋ではなく、金網になっている橋なので、カップルで金網に錠前の鍵を掛け、セーヌ川に鍵を投げ込むと永遠の愛が実ると言われています。
e0271143_1052335.jpg
e0271143_10523539.jpg
え?私たち?やりませんよ、もう。見てるだけでした(笑)


[PR]
by kiji_tora | 2013-11-09 10:58 | ★2013.4 スペイン、フランス
2013年 11月 08日
2013年4月スペイン・フランス旅行⑰ サクレクール寺院、サントシャペル
2013年5月4日
パリ最終日になりました。
夫が深夜便で帰国するので、残りの1日パリを楽しみたいと思います。

朝、ホテルをチェックアウトし、スーツケースを預けて出発です。

メトロ2号線のANVERS駅で降り、サクレ・クール寺院 (Basilique du Sacré-Cœur de Montmartre)に向かいました。
サクレ・クール寺院はパリの北側、モンマルトルの丘の頂にそびえる教会堂です。
e0271143_9322054.jpg
建物まではずっと階段を登っていくんだけど、これが結構ハードです ^^;
なので、広場の左側にある「フニクレール 」と呼ばれるケーブルカーに乗ることにします。
e0271143_9364646.jpg
これはメトロのカルネ(回数券)やモビリス(1日乗車券)、ナヴィゴ(プリペイド式ICカード)も使うことができます。これに乗ると、教会まで数分で楽チン〜。私たちは行きはケーブルカーで登り、帰りは階段で降りてきました。

丘の上からは、パリ市街が一望できます。
e0271143_9381036.jpg
教会の中は撮影禁止となっていました。

この教会は、19世紀後半に建てられたもので、歴史的な建造物が多いパリでは比較的あたらしいものなのです。

教会の前に、こんな方がいらっしゃいました。
e0271143_1814554.jpg
銅像かと思いきや、人でした(笑)ピクリともしないので銅像かと思ったよ。
でも、夫が少しチップをあげたら、手を振ってくれたけど(笑)

こちらメトロからサクレクール寺院へ続く道。小さなお土産物屋さんが並んでなかなか楽しい通りです。
e0271143_1815062.jpg
が、モンマルトルはパリでも治安が悪いところと言われてますので、気をつけて歩かなきゃですね。

そうそう、パリでもスペインでも、こんなゲームをよく見かけました。
e0271143_18185281.jpg
3枚のコースターのうち1枚だけに黒丸が書かれています。裏返した3枚のコースターをディーラーが凄いスピードでテーブルの上で移動させ、黒丸がどこにあるか当てるゲームです。
最初にお金を渡して、当てれば倍になって戻ってくる。負ければ没収というもの。れっきとしたギャンブルですが、パリではこういうのは合法なのかな?

続いて、シテ島にあるサント・シャペル (Sainte chapelle)に向かいます。
このチャペルは、ルイ9世は1239年から収集し始めた聖遺物を納めるために王宮の中庭に作らせたそうです。当時はここに王宮があったのですね。

ちょうど外壁工事中でこんな写真しか撮れずにがっかり(泣)
e0271143_1942319.jpg

ここはミュージアムパスが利用できますが、セキュリティチェックは1か所だけなので、パスの有無にかかわらず列に並ばなければなりません。検査が終われば、ミュージアムパスを持っていれば入場券を買う列に並ぶ必要はありませんので、スキップレーンに進めます。

1階にはチャペルを作ったルイ9世の像があります。
e0271143_1854294.jpg


小さならせん階段を登り、2階の礼拝堂に入ると・・・・思わず息が止まりました。
e0271143_18551199.jpg
この部屋に入った瞬間、誰しもが感嘆のため息をついています。

あまりの美しさに心が震えました
e0271143_18564577.jpg
e0271143_1857021.jpg

e0271143_1944090.jpg


天井から床まで、壁全体がステンドグラスで覆われています。
描かれているのは、旧約聖書、新約聖書の場面だそうです。

撮影したかったのは、溢れんばかりの美しい「光」なのですが、写真にしてしまうとこの美しさって残らないなあ(泣)。
実物は、もっともっときれいなんですよ。

この礼拝堂の壁際には、椅子が並べられていて、みんな思い思いの時間を過ごすことができます。
私ね、この降り注ぐ光の中から本当に動きたくなかったですね。いつまでもこの美しいステンドグラスの中にいたいと思うくらいでした。
[PR]
by kiji_tora | 2013-11-08 19:14 | ★2013.4 スペイン、フランス
2013年 11月 05日
銀行でのこと
銀行が「犯罪による収益の移転防止に関する法律」で、かなりうるさくなったということは聞いています。
10万円以上の現金振込には本人確認がいるということも知っていました。
でも、実際、こんなに大変だとは・・・・・ビックリでした。

今日、A銀行に海外送金のために行ってきました。
旅行代金を現地のエージェントに送金するのですが、指定口座がA銀行なんです。
それも、普通の銀行口座ではなくて、非居住者用のドル建て口座ということで、海外送金の扱いになるんですよね。
海外送金って手数料がすごく高くて、最低でも6,000円くらいかかるんです。
でも、A銀行で振り込めば同行本支店ということで2,500円で振込できるの。それなら、A銀行に行ったほうがいいでしょう。
私自身はA銀行の口座は持っていないので、現金で振込するつもりでした。

出かける前に、A銀行の外国為替に電話をして、必要なものがあるか、時間は何時まで大丈夫かと確認したのですが、ここでまずビックリ
本人確認書類が必要なのはわかります。
そして、送金目的を聞かれたので「旅行費用の支払い」と伝えると、「請求書など、送金金額が明記されたもの」が必要とのことでした。
私の場合は、メールでやり取りしているので、メールをプリントアウトしたものを持参することになりました。
そして、その旅行代金を払うために、どこの口座から出金したかわかるもの。
つまり、旅行代金を引き出した口座の通帳を持ってくるように言われたんです。

私、すでに支払う現金は用意していたんだけど、複数口座から別な日付で下していたんです。それも、旅行代金以外の目的もあったので、振込む額と、下した額が一致してない。
これじゃマズいかしら・・・?と心配になったので、A銀行に行く前に再び銀行で、振込額を下し直して行くことに・・・。まったく2度手間だわ

さて、外国為替のロビーで、ロビー係の人に要件を伝えます。「こちらの本店のドル建て非居住者口座に、現金で振り込みたい」と言うと、明らかに嫌な顔されました (;´Д`)

で、何枚も書類を書かされ、ようやく窓口へ案内してもらいました。

窓口でもまた書類を書かされ、本人確認書類、プリントしたメールと通帳を提出し、あれこれ聞かれてやっと処理をしてもらいました。
銀行での待ち時間ってゼロだったけど、手続き終了までに1時間近くもかかりましたもん。
本人確認だけでなく、あれこれ、あれこれ聞かれたしね。

で、最後に言われたのが「もし、次回もこの送金があるようでしたら、お取引の銀行も海外送金はできるはずですから、そちらでどうぞ」ですって。
私は、少しでも手数料を安くしたいと思ってるだけなのに、そんな言われ方ってないですよね。
どうやら、「現金」って言うのがネックみたい。私がA銀行に口座を持っていて、そこから支払うことにすれば、こんなに大変なことはないみたいですけどね。
んー、今後も振込はあると思うし、A銀行に普通預金を作ったほうがいいかもしれないですね。

「犯罪による収益の移転防止に関する法律」の意図するところもわかるし、みずほ銀行の事件もあったのでよけいに厳しくなっているところもわかるんだけど、一般市民が普通に支払いをしたいだけなのに、どうしてこんなに大事になるんでしょうね。

10万円以上の現金振込が大変だっていうのを、身をもって感じた一日でした。
[PR]
by kiji_tora | 2013-11-05 18:45 | くらし
2013年 11月 01日
PAUL & JOE クリスマスコフレ
今日から11月ですね。
少し前まで暑い日があったけど、さすがにもうすっかり秋の気配。そしてこれから街はクリスマスに向かっていくんでしょうね。

11月になると、化粧品会社各社から、クリスマスコフレが発売になります。
華やかなシーズンにあわせて、華やかなパッケージだったり、限定色だったり、オマケつきだったり・・・。一般的に、お得なセットになるので、コスメ好きな私は毎年興味津々なのです。

とはいえ、もういいオトナですからね〜。こういうセット物だと、全部使いこなすことって難しいってことも知ってるし、見た目に魅かれて買ったはいいけど、結局使いもせずにそのまま・・ってことも少なくない。
なるべくモノを増やさないようにしたいって気をつけてることもあり、ここ数年はどこのメーカーのも買ってないです(笑)

でも、今シーズンはダメだった。やられちゃった・・・・

先日、通りかかったPAUL & JOEのディスプレイに思わず釘付け、で、即予約しちゃいました(笑)
e0271143_16561245.jpg


こんなにかわいい箱に入ってます。
e0271143_1614997.jpg

開けるとこのポーチ
e0271143_16144396.jpg

中身は
e0271143_16273851.jpg
左からアイグロス アイシャドウ ブラッシャースティック(チーク)

ブラッシャースティックはこんなふうになってるの
e0271143_16292557.jpg
口紅状のチークなんだけど、出してみると猫さんだ〜♪

ん、でも、これって使うとネコさんが崩れちゃうってことだよね。ダメだ、使えない(笑)
まあ、いいんです。こういうのは持っているだけで嬉しいんだから♪

このコフレ、猫好きならツボにはまりますよね。で、絶対欲しくなる→買っちゃう。

今シーズン、あとはANA SUIのコフレが、ミニーマウスのパッケージなんです。
こちらもかわいいなって思ったんだけど、さすがにこの年でキャラクターものは持てないでしょう(汗) これはティーン向けなのよと自分に言い聞かせました(笑) でも、来月発売のリップクリームはちょっと欲しいかも。

そうそう、スターバックスもクリスマス仕様になりましたね。
この時期になると発売される、ジンジャーブレッドラテ、好きなんですよね。でも、今日はキャラメルマロンパイラテ。
e0271143_16563156.jpg
ホイップクリームにクラッシュしたパイが乗っています。
スプーンですくって食べてもおいしいですよ・・とはスタバのお姉さんのご意見。

カロリーを考えると恐ろしいけど、寒くなるとちょっと甘くて濃厚なドリンクがおいしく感じますね。
[PR]
by kiji_tora | 2013-11-01 16:57 | お気に入り