<   2012年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧
2012年 07月 30日
テーブルロール
久しぶりにパンを焼きました。

が、連日のこの暑さ・・・
パンを作る環境ではないんですよね。

一次発酵は28~30℃くらいでゆっくりと発酵させたいのに、発酵器の中の温度は何と32℃!
発酵器は温度管理ができるはずなんだけど、外気温が高いと、どうしても庫内の温度も上がってしまうのは仕方ないですね。
とりあえず、保冷剤を中に入れて気温を下げました(笑)
こうなると、パン生地の上がりが早くなります。気をつけてないと過発酵になりがちだし、そうでなくても短時間で発酵させたパンは美味しいものはできないので、一般的にはこの時期はパン作りには適さないと言われます。

私も夏はパン作りはお休みしますが、その前にどうしても粉を使い切っておきたかったんですよ~。
本当は、型を使って大きく焼いたパンの方が好きなんだけど、この暑さなものでオーブンの使用時間を短くしたくて、久しぶりのテーブルロールです。
焼成時間、角食だと30分はかかるけど、テーブルロールのような小型パンなら10~15分ですから~♪

e0271143_15151722.jpg

サンドイッチにして中にハムや卵を挟んでいただきました。

来月はハワイですが、ハワイというかアメリカっておいしいパンがなかなかないんですよね。
いつもアラモアナのPANYAかサンジェルマンでいわゆる日本風のパンを買っていますが、パンを買うためにコオリナからアラモアナまで行くのも面倒だし。
一度、コオリナのお部屋で自分でパンを焼いてみようかと思っているのですが、あちらの小麦粉は日本のものとは違うそうなので、日本で作るのとは同じようにいかないようです。

ハワイのスーパーで、あとは焼くだけ状態の冷凍パン生地(クロワッサンとか)が売ってるけど、あれっておいしいのかな?
1度、日本で買ったことがあるけど、その時はもう二度と買わないって思ったほどなので、どうも手が出ないのよね。
[PR]
by kiji_tora | 2012-07-30 15:26 | キッチン
2012年 07月 29日
蝸牛型メニエール病 経過
28日(土)大学病院に行ってきました。4週間ぶりの検査です。
自覚症状としては、まだ耳の詰まり感はあるものの、聴こえはかなり良くなっていると思います。
耳鳴りもないし、回復に向かっていると思いますが、耳の詰まり感は時には良くなったり悪くなったりと安定しない状態です。

聴力検査の後に先生の診察。
検査の結果は「顕著な回復が見られる」そうです♪
まだ右側に比べると少し聴力が弱いですが、発症時から比べるとかなり回復してきました。
これが右と同じくらいまでになれば、耳の詰まり感もなくなるだろうとのこと。

今服用しているメニエール病の治療薬は、実は利尿剤なんですが、あまり長い間服用するのも、体内のバランスを崩す恐れがあるとのことで、2週間後の検査の結果によっては薬も終わりになりそうです。
完治まであと少しかな・・?
前回の診察の時は、薬を飲んでも期待したほどの聴力の回復がなくて、このまま耳が聞こえなくなってしまったらどうしようと密かに悩んでたんですけど、ようやくホッとしました。

それにしても、暑い夏で汗をかく上に、利尿剤を飲んでいるせいかやたらと喉が渇いてしかたない毎日です。
[PR]
by kiji_tora | 2012-07-29 17:29 | くらし
2012年 07月 27日
ブルーベリージャム
ブルーベリージャムを作りました。

e0271143_21592625.jpg

【材料】
ブルーベリー500g
砂糖    200g(ブルーベリーの40%)
レモン汁  適宜

【作り方】
1.ブルーベリーは洗ってしっかり水気を切っておく
  水気が残っていると、持ちが悪くなるのでしっかり水切りします
2.保存容器を煮沸消毒する
3.琺瑯の鍋にブルーベリーと砂糖、レモン汁を入れて火にかける
  あくが出てきたら取る
4.10~15分くらい煮つめて、瓶に入れる

最近はどこでも甘さひかえめが人気。
でも、家庭で作るジャムは保存料などは入れないので、保存のことを考えるとそれなりの砂糖は必要です。

砂糖は甘みをつけるだけでなく、食品の保存性を高める作用もあるし、ジャムの場合は材料を固める効果もあります。ヨーグルト用に20%の砂糖でソースを作ることがありますが、20%の量だとジャムのようには固まりません。

作って2週間程度で食べきるなら30%くらいの砂糖量でもいいと思いますが、うちではもう少し保存できるようにいつも40%で作っています。

ジャムってコトコト長い時間煮るってイメージがあるけど、ブルーベリーは10~15分くらい。
煮すぎるとゼリーみたいに固いジャムになってしまいます。
ゆるゆるな状態だけど、冷めると固まってくるので大丈夫。もし冷めてもゆるいようなら、もう1度お鍋で煮ちゃえばいいし。

今回のブルーベリーはコストコで購入しました。
e0271143_21562729.jpg

うちのベランダにもブルーベリーの木があるんですが、プランタ植えのせいか実があまりつかない(泣)
それでも、年々収穫量は増えてきていると思いますが、粒が数えられる程度なので、ジャムをつくるのは到底無理なのです。
やっぱり地植えでないとダメなのかなあ??
[PR]
by kiji_tora | 2012-07-27 00:43 | キッチン
2012年 07月 26日
Pepsi Salty Watermelon
今回のペプシの季節限定商品は、スイカをテーマにした「ペプシ ソルティーウォーターメロン」
炭酸もスイカも好きな私としては、とても楽しみにしていました。

最初、見た時には「あれ?何だか量が少ない」って思いました。
ボトルは普通の500mlサイズなんですけど、内容量は490mlなんですね。

で、早速飲んでみましたよ~
e0271143_0141632.jpg


一口飲んでもスイカの味はあまりしない。といってもコーラの味でもないなあ、でも炭酸の感じはやっぱりペプシだな・・と思っていると後味がしっかりスイカフレーバー。
塩スイカっていうだけあって、甘ったるさはなくすっきりした飲み口でした。

でもね、パッケージを見てるからスイカってイメージするけど、「これなーんだ?」って言われて飲んだらスイカってわかるかなあって感じです(笑)
一度はお試ししてみるのもいいと思うけど、リピはどうかな。

ちなみに100mlあたりのエネルギーは42キロカロリーなので、これ1本だと約206キロカロリー。
結構なカロリーになりますね。
あ、そうそう、塩スイカといっても「無果汁」ですから(爆)

私、どちかというとサントリーのオランジーナの方が好きかな。
微炭酸のオレンジジュースだけど、ちょっと苦味があって大人の味って感じ。
夫にいわせると私は「複雑な味が好き」だそうですけど。

夫のお気に入りはシュエップスブリティッシュレモントニック
確かにこちらもおいしいんだけど、最初に飲んだ時は思わず「すっぱ~い」って言っちゃった。
柑橘系の酸っぱさは苦手なのです。

でも、こんなふうにオトナが飲んでもおいしいソフトドリンクが発売されるのって嬉しいですね。
とは言え、カロリーの取り過ぎには要注意ですけど!
[PR]
by kiji_tora | 2012-07-26 00:30 | くらし
2012年 07月 25日
Marriott Vacation Club Destinations Program 3 デメリット
これはMarriott Vacation Clubのタイムシェアに関する記事になります。
タイムシェアに関心のない方には「なんのこっちゃ?」な内容になりますがご容赦ください


デメリットとという表現がいいのかどうかわかりませんが、Enrollに際し、私が気になった部分を挙げてみると
1.Club Duesが毎年165ドルかかる
 これはDestinationを使用しない年でも支払わなくてはならない。
2.ポイントへ替える場合は前年の9月30日という期限があるので、早いうちにどうするか決めないとならない
3.Weekからポイントに替えた場合、使い残ってもリワードポイントには替えられない
4.もともと北米オーナー向けのプログラムなので、利用できる施設は北米となる。日本人に人気のプーケットや、ヨーロッパのクラブリゾートには使用できない。これらの施設を利用したいときにはII経由となる(1000ポイントからII預け入れができる)
*2012年よりスペイン3か所、フランス1か所のリゾートが利用できるようになりました


1に記しましたが、毎年管理費がかかってきます。
なので隔年のオーナーさんにはあまりお勧めできないし、ホームリゾートのコオリナでいつも2BR使い切るというオーナーさんにも必要ないシステムですね。
ただ、年会費はかかりますが、II年会費、マリオット手数料(Lock off、キャンセル、リワード交換など)が無料になるので、年会費と相殺するとそれほどデメリットでもないのかなと思います。
が、年会費の値上げもあるでしょうから、この辺りは何とも言えないかなあ。

2ですが、APだと前年の12月30日が期限なんですけど、それに比べると早いです。
でも、8月の予約は1年前から入れているわけですから、そう考えると早過ぎでもないのかも?

3 ポイント購入のオーナーなら使い残したポイントはリワードポイントに替えられますが、Enrolled ownerだとそれができないので、使い残した分はExpireしてしまうか、1000ポイント以上はIIに預け入れになります。なるべく無駄のないように使い方を考える必要がありますね。

4 これは少し考えました。アメリカ本土にはマリオットの施設はたくさんあるのですが、日本から行くとなるとアメリカ国内線を乗り継ぐ必要があったりと、実際に使うには現実的でないところも多いです。なので、使える施設となると限られてくるかもしれません。
が、わが家の場合はアジアよりは米国本土の方が好きだし、そちらで使えるならEnrollのメリットはあるのではないか・・と考えました。

それから、これが大事な部分なんですけど、うちが所有のコオリナ2BR OVをポイントに替えると4950ポイントになります。
しかし、コオリナ2BR OVを1週間、ポイントを使って夏休み(7~8月中旬)に泊まろうとすると5725ポイント必要で、7泊できないことになります。
(GW、8月下旬だと4925ポイントで逆にポイントが余りますが)
つまり、ホームリゾートを同年に2BR使うのならポイントにしないで、通常のWeekで予約を入れた方が絶対にいいです。
そんなところから「ポイントにすると損する」と考える方もいらっしゃるようです。
毎年ポイントに替えなければならないシステムなら「損だ」と考えるかもしれないけど、その年に応じて使い分けられるなら、私は損だとは思わないですね。
まあ、そのあたりは個人の考え方の違いですから、何とも言えませんけどね。

あ、それからIIを通さないでポイントで予約をするわけですから、「預け入れたSTUが2BRになった」のようなラッキーは起こりません。
それを狙って預け入れをしている人には向かないシステムかなと思います。


以上、ざっとMarriott Vacation Club Destinations Programについて記してみました。
来年は、ラスベガスの権利をポイントにして予約を入れるつもりですので、無事に予約が取れたらまたここに書いてみようと思います



やっぱり北米向けだ
[PR]
by kiji_tora | 2012-07-25 00:39 | 海外旅行
2012年 07月 25日
Marriott Vacation Club Destinations Program 2 メリット
これはMarriott Vacation Clubのタイムシェアに関する記事になります。
タイムシェアに関心のない方には「なんのこっちゃ?」な内容になりますがご容赦ください


このプログラムのメリットですが

1.IIを通さずにマリオットから他のリゾートの予約ができる。チェックイン日時、眺望、部屋の広さなど保有ポイント内で好きなようにアレンジすることができる
2.II年会費、マリオット手数料がすべて無料になる

私には1が大きな魅力でした。
うちは2人家族だからSTUって使わないことが多くて、必然的にIIに預け入れってことになってたんだけど、これがとっても使いづらい。

IIを通して交換すれば、いろいろなリゾートに行けるっていうのは大きな魅力ですが、あくまで希望する時期に交換物件があれば・・の話。年末年始や夏の繁忙期に希望どおりに取れるかどうかってわからないですよね。
60日切ると動きが出てくるっていいますけど、それまで待ってたら飛行機が取れるかどうかもわからないし、取れてもすごく高いチケットしか残ってなさそう。特典航空券なんて絶対無理ですよね。
交換が決まるまで何の予定も立てられないし、最後まで取れるかどうかわからないまま待つっていうのも、私には辛すぎる~(涙)
休みがフレキシブルに取れる人ならいいですけど、リーマン家庭のわが家では、ある程度決まった時期にしか休みが取れないのでこのIIでの交換は使いづらいんです。
昨年は割と早い時期に交換が決まったけど、いつも上手くいくとは限らないですものね。
その点、ポイント制にしたらIIに預けることがないし、早めに動けば希望通りの日時に予約がとれるので使い勝手はかなりよくなりそうです。
それからTSだとチェックインが金土日いずれかで7泊って縛りがありますが、週末ってエアチケット代が高いんですよね。ポイント制だと週末を外してチェックインできるので航空券も数万安くなりそうです。
宿泊数も1泊~好きなように選べるので、従来のTS宿泊より自由度は増しますね

2にも書きましたが、今まではLock-offしてそれをIIで交換するとその度に手数料が取られているわけで、交換が成立するまでIIの年会費を含めると200ドル近くかかっている計算になります。
その手数料がいらなくなるっていうのも嬉しいですよね。
(その分、Club Duesはかかってくるので、単純にメリット・・とは言えないですけど)



つづく
[PR]
by kiji_tora | 2012-07-25 00:11 | 海外旅行
2012年 07月 24日
Marriott Vacation Club Destinations Program 1 概要
これはMarriott Vacation Clubのタイムシェアに関する記事になります。
タイムシェアに関心のない方には「なんのこっちゃ?」な内容になりますがご容赦ください


昨年、コオリナに滞在した折に「Marriott Vacation Club Destinations Program」の契約をしてきました。
これは、アメリカで販売されているポイント制のタイムシェアプログラムで、アメリカでは今までのWeekオーナーもこのプログラムにEnroll(登録)することでこのプログラムを使えるようになります。

昨年の時点では、日本人オーナーにはこのプログラムの説明や営業は一切行われておらず、私たちが契約した時は、日本人の契約は数組だったようです。
最近になってようやくシンガポールのオーナーサービスでも対応してもらえるようになりましたので、今では日本人オーナーも増えているのかも。

なぜ、日本人に売っていないシステムを知っているのかといいますと、実は、最初にこのシステムのプレゼンを受けたのは2011年GWのラスベガスでした。
アメリカ人スタッフから話を聞いたのです。概要はほぼ理解できたし、良さもわかったのですが、細かいところまで私の英語力では突っ込んで聞けない。
また費用がかかるものだから、間違った認識を持つのも嫌で、夏のコオリナで日本語でもう一度プレゼンを受けて、細部まで納得してから決めようと思ったのです。
が、結局コオリナでも、日本語でプレゼンできる人がいないので、アメリカ人マネージャーから話を聞くことになりました。が、わからないところは日本人スタッフが通訳してくれたのでとりあえず納得してEnrollできたと思います。
とはいえ、商談のメモ以外に資料などは何もないので、ここで自分なりにまとめてみようかと思います。

【概要】
1.ポイント制といっても、Weekオーナーは自分のTS権利の使用、IIでの交換、リワードポイントへの交換は従来通り行える。それにポイントに交換できるというオプションが1つ増えたということになる。
2.手持ちのWeek権利をポイントに替えて、北米(アメリカ本土、ハワイ、カリブなど)のリゾートに滞在することができる。
(ちなみにコオリナ2BR OVは4950ポイント、ラスベガスは3275ポイントとなる)
 この場合、IIを通さずマリオットで予約が確定できるので、チェックイン日時、眺望、部屋のカテゴリーも保有ポイント内で好きに選べる。
3.2011年8月でEnroll費用は695ドル(正規購入の場合。リセールの場合は1500ドル超えてました)所有リゾートが複数あってもこの金額でOK。
以後、毎年165ドルのClub Duesがかかる。
ただし、IIの年会費、マリオットの手数料(Lockoff、キャンセル、リワード交換など)が無料になる。
4.Weekをポイントにする場合は前年9月30日までに手続きすること。尚、未使用のポイントは翌年まで繰越が可能。また翌年分を前借りすることもできる。
5.ポイントの買い増しも可能


つづく
[PR]
by kiji_tora | 2012-07-24 00:20 | 海外旅行
2012年 07月 23日
韓国 or 台湾
少し前ですが、某写真コンテストで「入賞」をいただきました。
(記事はコチラ

商品は、この会社のツアーに使える2000円のクーポン。これは7月末までに使わないと無効になってしまうんです。
せっかく写真を認めてもらえたご褒美なのだから、できることなら2000円でも無駄にしたくないなあと思っていましたが、期限が近づいてきました。
幸い、7月中に予約さえいれれば、出発はいつでもいいようなので、近場に使おうと思っています。

ツアーなので、2人一部屋が基本で、1人だと参加できないものがあったり、1人部屋代金がいいお値段になったりするので、今回は主人と出かけようと思っています。

あまり休みも取れないので、2泊で韓国か台湾を考えていますが、夫は「食べ物と買い物だけの旅はイヤ。どうせならそれにプラスアルファがあるところがいい」と言います。
あ、これ、わが家の旅のスタイルかも。
海外にきているのに、食べて、買い物して、プールで泳ぐだけって嫌なのよね。
観光とまではいかなくても、そこに行かなければ見られないものとか、触れることができないものを何かひとつでも入れたいんですよね。
観光を考えると台湾の方が見るところは多いし、中国との関係や歴史にも触れることができる。
そう考えると、やっぱり台湾かなあ。

台湾は、ちょうど1年ほど前に友達と行ってきたので、私としては久しぶりの韓国がいいなあって思っていたのだけど、韓国って結局お買い物と焼肉とエステ(垢すり)って感じになっちゃうものね。
夫と行くよりは、女友達と出かけた方が絶対楽しそうだし。

台湾にするなら、涼しくなる秋以降かな
[PR]
by kiji_tora | 2012-07-23 10:44 | 海外旅行
2012年 07月 22日
角質取り~韓国コスメ
お友達が韓国に旅行に行くと言うので、「是非買ってきて~」とお願いしたのがこれです。

TORYMOLYのMAXI POWER FOOT PEELING LIQUID
e0271143_14412321.jpg


ビニールの足カバーを履き、その中に液体を入れてそのまま1~1.5時間おきます。その間は動けないから、トイレを済ませ、電話や飲み物、テレビのリモコンなどは手の届くところにおいて、動かなくてもいいように準備をお忘れなく(笑)
その後、水で足を洗います。
それから4、5日たつと足の角質がボロボロおもしろいように取れてくるんです。
踵だけでなくて足の指まできれいに剥けてくる!
角質がきれいにとれた足は、すべすべになって気持ちいい~♪

ネイルサロンで角質ケアまでしてもらうと、結構なお値段するのにきれいには取れないし、日本でもこのような角質取りを買うと、1500円くらいするのですよね。
でも、これ、韓国では約550円くらいだからとってもお得。

このトニモリの角質ケアは刺激もないし、かぶれたり等のトラブルもないし、何より簡単にきれいに角質が取れるのでファンになっちゃいました。
足の皮が剥け始めてきても、無理に剥いたりしちゃイケマセン。
本当は、角質が取れて行く様子を写真でアップしたいんだけど、皮が剥けてる途中の汚い足は人様に見せられるものではないわね~。
家の中で裸足でいると、剥けた皮が部屋に落ちるのがちょっと困りものです。外出する時はもちろん靴下類が欠かせません。
この汚い状態が1週間くらい続くんだけど、剥け終わったらツルツル赤ちゃん肌になれるんです。

本当はサンダルを履く季節の前にやっておくべきだったわ。
毎日素足にサンダルな今の時期はちょっと無理だなあ
[PR]
by kiji_tora | 2012-07-22 00:14 | お気に入り
2012年 07月 21日
スペイン語講座初級Ⅰ 終了
4月から始まった東京外国語大学のオープンアカデミー スペイン語初級Ⅰの講座が昨日終了し、修了証書を頂きました。
e0271143_14374530.jpg

全12回の授業がありましたが、私、1度もお休みなく出席しましたよ~♪
当初は、大学の市民講座だし、講義形式で気楽なものだろうと思っていたんですけど、とんでもなかった(笑)
レッスン中にはバンバン当てられるので少しも気が抜けなかったし、毎回出される課題の量も半端ない。
「学ぶ」ことからずいぶん遠ざかっていた+理解力がどんどん低下している私にとって、授業についていくには予習復習が必須。想像以上に大変でした。
金曜の夜ということで友人たちからの飲み会のお誘いも多かったけど、1度休むと私の頭ではついていけなくなるかもという危機感から、すべての飲み会を断りレッスン優先の3か月でした

先生は厳しいけれどとても熱心な方で、毎回提出の課題をご自身で作り、生徒が提出したものを細かく添削して下さいます。他のクラスも持っていらっしゃるのに、1人1人きめ細かくご指導されるのはとても大変なことだと思いますが、スペイン語を習得してほしいという熱意がとても伝わってくるようです。
その辺の英会話クラスの適当な外人講師とは大違いだわ(笑)

でも、おかげでチンプンカンプンだったスペイン語も3か月たつと面白くなってきました。
そして授業についていくのも大変なのに「あれはなんていうんだろう?」などと欲が出て、辞書で調べちゃったりする(笑)

来年はスペイン旅行を予定しています。
スペイン自体が観光国なので、英語ができればそう困ることもないのでしょうが、レストランでメニューが理解できる程度のスペイン語力があれば、なお楽しいだろうなと思ったのがスペイン語を始めるきっかけでした。でも、実はもうひとつ理由があって・・。

時期も決めてはいないのですが、近い将来南米に行ってみたいんです。
ペルーのナスカやマチュピチュ、ボリビアのウユニ塩湖、ベネズエラのギアナ高地、アルゼンチンのイグアスの滝などなど、見ておきたいところが南米にはたくさんある。
いつかは絶対行きたいんですよね、マジで。
で、南米と言えばスペイン語ですから、その日のために・・と思っているわけです。
そういえば、全世界で一番話されているのは英語だけど、2番目はスペイン語なんだそうですよ。

彼の地に行ける日を楽しみに、秋から始まるの初級Ⅱを継続してもっとスペイン語を学んでいこうと思っています。
その前に、約3か月近い長いお休み期間の間に、今まで習ったことを忘れてしまわないように気をつけなきゃだわ。
[PR]
by kiji_tora | 2012-07-21 14:38 | くらし