カテゴリ:国内旅行( 48 )
2012年 11月 12日
おいしい魚を食べに行きました@千葉県 勝浦 番外編
さて、勝浦の続きですが、こちらは寄り道の記事なので「番外編」ということで。

勝浦最終日はゆっくりめにチェックアウトし、帰路につきます。

お昼ごはんを兼ねた寄り道は九十九里浜へ
行き先はこちら「浜茶屋 向島」です
e0271143_20502474.jpg

焼きハマグリで有名なお店です。
この辺りって焼きハマグリを出すお店ってたくさんあるんですよ。でも、行列ができているのはここだけ。ハマグリを焼いて食べるだけなのに何が違うんだろうって思いますよね。
他のお店には行ったことがないので比べようがないんだけど

まずはお約束の焼きハマグリ
e0271143_20524554.jpg

貝から出るおいしい汁をこぼさないように食べるのが至難の業!
後ろにちらりと見えるのが、丸干いわしです。

続いてサザエ
e0271143_20533632.jpg

ホタテ
e0271143_20541990.jpg

バター醤油で頂きます
シメは焼きおにぎり
e0271143_20553318.jpg


ここには車でしか来ないので、ビールが飲めないのが残念なんだけど。

この辺りの名産「ごま漬け」は持ち帰り用に購入しました。
e0271143_20582779.jpg

いわしの頭とはらわたを取って、酢漬けにしたものです。
これ、大好きなんですよね。おかずというよりは、お酒の肴かな。

2泊3日のプチ旅行 本当にのんびりゆったりした時間を過ごしました。
国内の1泊旅行って慌ただしくなっちゃうことが多いけど、2泊すると楽ですね。
これからは2泊の旅にハマりそうです
[PR]
by kiji_tora | 2012-11-12 21:00 | 国内旅行
2012年 11月 06日
おいしい魚を食べに行きました@千葉県 勝浦 ③
2日目の夕食は、お寿司を食べに行こうと言っていました。

勝浦は港町らしく、お寿司屋さんも多くあります。
お宿のスタッフが紹介してくれたのが、宿からそう離れていない「勝美」というお店でした。
以前から、テレビや雑誌などの取材は一切拒否しているそうですが、地元では人気のお店だそうです。

玄関からして、田舎のお寿司屋さんという感じではなく、高級感を感じる作りでした。
私たちは予約をしていたので、カウンター席に案内してもらいました。

この日は寒かったので最初から熱燗で(笑)
お通しの後、「外は寒かったでしょうから、まずは温かいもので」と出して頂いた熱々のきのこ汁。
e0271143_21473594.jpg

こういう気遣いはうれしいですよね。体もあたたまりました。

お刺身盛り合わせ
e0271143_21475180.jpg

やっぱり今日もカツオ(笑)
中トロは間違いなくおいしいんだけど、カツオはそれにも負けてなったよ。おいしかった~。

揚げ物 芝エビのかきあげ
e0271143_21481517.jpg

銀杏やマイタケなど秋のお味満載のかき揚げでした。個人的には天つゆより、塩で頂きたかったかな。

陶板焼き
e0271143_21483485.jpg

野菜の上には和牛と海鮮が乗ってます。
牛肉、口のなかで溶けました(笑)つゆもすき焼きほど甘みがなくキリッとしていたので、しつこさもなく、お酒にもよく合いました

焼き物
e0271143_21484983.jpg

落ち鮎です。この時期の鮎が食べれるとは思ってもいなかった。
もちろん子持ちあゆ。卵でプリプリです。
串のままかぶりつきましたので、私、口の周り中に卵がついていたそうです(汗)

そして最後はお寿司
e0271143_2149834.jpg

こちら江戸前なのかな~。
どのネタにも仕事がしてあって、お醤油が必要ありませんでした。

いや~、おいしかった。
ネタのよさはもちろんですが、器や盛り付けもとても凝っているし、スタッフ皆さんとても気持ちの良い接客をして下さいます。
お寿司屋さんの良さってネタの質はもちろんなのだけど、なんだかこちらが緊張して居心地の悪いお店ってありますよね。特に初めて入るお店では・・・。
こちらはそんなこともなく、かといって、やたらと話しかけてくるわけでもなく、実にいい距離を保ってくれる。
いい時間を過ごせました。

東京でこれだけのお料理を頂いたら、それなりのお値段になると思いますが、こちらではとても手頃なお値段でお料理、お寿司をいただけます。
お宿までケータリングもして下さるそうなので、坂道を登るのが嫌な日は届けていただくのもいいかも。
だけどね、こちらのご主人がなかなかのイケメンなのよ。なので、ご主人に会いたくてまた来てしまいそうだけど(爆)
勝浦に来たら、是非寄りたいお店になりました。


そうそう、ちょうど日本シリーズをやっていたのですが、店中で大盛り上がり(笑)
スポーツバーのノリまではいかないかもしれないけど、お店の方もお客さんも一体でジャイアンツを応援してましたよ。
奥様がこっそり教えてくれたんですけど、勝浦にある某大学の野球部監督がG軍監督の先輩だそうで、そんなこともありG軍監督、選手もこのお店にいらっしゃるんだそうです。

もうちょっと続く・・・
[PR]
by kiji_tora | 2012-11-06 21:50 | 国内旅行
2012年 11月 06日
おいしい魚を食べに行きました@千葉県 勝浦 ②
勝浦2日目の朝は早起きです。

というのは、勝浦では毎朝、朝市が開かれているのです(水曜休)
朝市通りはお宿から徒歩で15分くらい。ちょうどいいお散歩になります・・・が、お宿が高台に建っているため途中の坂道が結構なクセモノ。長さは100mあるかないかですが、勾配がかなり急なのです。行く時は楽々ですが、帰りは息が切れる(汗)

朝市の写真は撮ってませんでしたが、朝獲りたての生魚、干物など魚介類の加工品、野菜やお漬物、工芸品などいろいろなお店が出ているし、朝市にくる人のために朝から食事ができる店も開いていて活気がありました。

コンドミニアムのお部屋には電気で魚を焼くためのロースターがついています。
ここで仕入れた食材で朝食を作る方も多いんでしょうね。
うちも、干物と野菜を購入し、朝ごはんをつくりました。
大きなあじの干物1枚80円、かますの干物1枚100円(これは明日の朝ごはん用)
海苔の佃煮1瓶315円
ほうれん草 1束100円 いんげん100円
おばあちゃんお手製の大根の漬物 100円

どこのお店もね、オマケしてくれるのよ。
いや、そんな大げさなものではなくて、10円とか20円なんだけど、それでも嬉しいものだよね(笑)
なんだかほのぼの~って感じでいいわぁ。

魚や野菜のほかにも、パン屋さんが焼きたてのパンを売っていたりして、ぶらぶら歩いてみるだけでも楽しい市場です。

意外なものも売られていました
これ
e0271143_23474397.jpg

わらび餅です。朝市でわらび餅ってイメージないですよね。
「ちょっと試食してみて~」って頂いたのですが、試食の量が普通で食べる一皿くらい出してくれる気前の良さ!
でね、ぷるんぷるんでこれがものすごくおいしい。
くず餅だとすぐに固くなるんだけど、本物のわらび餅は4~5日はこのぷるぷるが続くんだそう。だからお土産にしても大丈夫とのことでした。
たっぷり3人前で500円です。さっそくその日のおやつにいただきました。
e0271143_2348646.jpg


さて、この日のお昼ご飯は、ご当地名物B級グルメの「勝浦タンタンメン」
宿で、タンタンメンマップみたいなのを頂いたんだけど、この日は市街地はお祭りのため車が通れなくなっていました。
主人はお祭りを見に行きたかったみたいだけど、せっかくなので車でちょっと遠くのお店に行ってみることにしました。
e0271143_23502678.jpg

「はらだ」さんです。
こちらは創業1975年。勝浦タンタンメンって結構昔からあるんですね。

お昼過ぎだったのでお店は満席でした。
システムとしては、小さな紙に名前と携帯電話番号、注文するものをメニューから選んで書いてお店の人に渡します。
順番が回ってくると、携帯に電話がかかってくるというシステム。
車でないと行けないようなところなので、殆どの人が自分の車の中で順番を待っているようでした。

坦々麺って、ひき肉を炒めた具で、スープは芝麻醤ベースのラーメンでしょう。
でも、勝浦タンタンメンって、それとは似て非なるものでした。

e0271143_23542668.jpg

タンタンメン
e0271143_23551436.jpg

もやしタンタン

醤油ベースのラーメンの上に、玉ねぎがどっさり入ったラー油がたっぷりと乗せられています。
これが勝浦タンタンメンなんですって。こちらのお店は、勝浦タンタンメンの中では辛めに作られているようですが、お好みによって辛さは増減してもらえます。

私たちは辛いもの大好きなんですが、とりあえず普通でオーダーしてみました。が、けっこう辛い。
何も考えずにスープを口に入れると、げほげほっとむせます(笑)
店のあちこちから、げほげほする声は聞こえてきてたなあ^^;
確かにラー油の辛さは強烈なんだけど、どっさり入った玉ねぎの甘さがそれを中和してくれるの。
今まで食べたことのないラーメンでした。
これ、かなり強烈な印象だけど、クセになる味ですね。夫は、スープまで完食でした。
きっと勝浦にはまた来ると思いますが、このお店も是非再訪したい店となりました。が、別なお店で食べてみたい気もするなあ

勝浦のおいしいもの、まだまだ続きます
[PR]
by kiji_tora | 2012-11-06 00:07 | 国内旅行
2012年 11月 04日
おいしい魚を食べに行きました@千葉県 勝浦 ①
夫の会社は、土日に祝日が重なった場合、金曜日か月曜日が休みとなり3連休となるのです。
カレンダーどおりの会社が多いので、ちょっと得した気分♪
今回はその3連休を利用して、千葉県の勝浦へ行ってきました。

e0271143_184335100.jpg 今回泊ったのは「勝浦ヒルトップホテル&レジデンス」
小高い山の上に建つ瀟洒な建物で、居住フロアとホテル等のフロアに別れています。1F にロビー、レストラン、温泉大浴場、ラウンジがあり、2~8階が居住フロア、9~14階がコンドミニアムホテルになっているようです。全室オーシャンビューで、目の前には海が広がるすてきなロケーションでした。
ホテルや旅館と違って、コンドミニアムタイプのお部屋ですので、キッチンも完備されています。もちろん併設されたレストランで食事を取ることもできるし、食材を買ってきて自分で作ってもいいし、ケータリングも利用できるし、近くに食べに行ってもいいしと、都合にあわせて食事のスタイルが選べるのはなかなか快適でした


こちらの宿から10分くらい歩いたところが商店街で、食事ができるお店もいろいろあります。
私たちが入ったのは「おさかな処 さわ」というお店
カウンターのある割烹という感じですね。お酒と肴はもちろん、定食などもあり、飲まない人も食事を楽しめるお店です。

この日は宴会が入っているらしく、お店に入った時から「料理をお出しするのに時間がかかりますがそれでもよろしければ」と言われました。
確かに、お料理が出てくるのには時間がかかりましたが、最初から言ってくださってましたのでさほど待ったという感じではありませんでした。
注文を受けたはいいけど、さんざん待たせるお店よりはずっと感じがよいと思います。

まずはお刺身の盛り合わせ
e0271143_21364515.jpg

今はカツオが時期らしく、いいカツオが入りましたよと入れて下さいました。
まったく臭みもなく、本当に美味しいカツオでした。

さんが焼き
e0271143_21365999.jpg

なめろうを焼いたものです。お刺身を頼んだから、こちらは焼き物にしてみました。
味噌で味がついているのですが、これが絶妙の味付けでおいしくいただきました

ムツの煮つけ
e0271143_213717100.jpg

何か煮魚が食べたいな~って思ったんですけど、2人で食べるならこのくらいがちょうどいいだろうとムツにしました。

シンプルというか定番ものしかオーダーしなかったのですが、どれもおいしくてホッとするお味。
こちらは凝った創作料理を出すというのではなく、地場のお魚をおいしく食べさせてくれるお店だと思いました。

勝浦は港町で、町のあちこちに魚料理の看板が目に入ります。
どこにしようか迷ったのですが、結果的にはいいチョイスができたと思います。
地酒と共に美味しいお料理を楽しませて頂きました。


続く
[PR]
by kiji_tora | 2012-11-04 21:47 | 国内旅行
2012年 10月 15日
伊豆へ
週末を利用して、伊豆高原へ行ってきました。
どうやら先週の法事で、ちゃんと嫁勤めをした私へのご褒美旅行のようです(笑)

ラッキーなことに、当日は秋の晴天がひろがり、絶好のドライブ日和。
東名高速はいつものとおり混んでいたけどね。

御殿場ICで降り、箱根・芦ノ湖スカイラインを通っていきます。
途中、いくつかの絶景ポイントがあるんですけど、富士山も綺麗に見えました。
e0271143_15393690.jpg

富士山好きの夫は大喜び(笑)

伊豆高原のお宿には3時過ぎに到着し、温泉にゆっくりつかってのんびり過ごしました。
なぜかお宿の写真がないのですけど・・(汗)

翌日は10時頃チェックアウトし、お昼ごはんのために松崎町へ向かいます。
えっと、伊豆の位置関係はこんな感じね
e0271143_1633034.jpg

伊豆高原から下田を通って松崎まで、約1時間半のドライブでした。
1日目は御殿場から伊豆高原へ、2日目はそこから下田を通って松崎にいって沼津ICから帰ったので伊豆半島ほぼ1周コースでしたね。

わざわざ行きたいお店は「さくら」という小さな食堂です。
ここは、漁師さんが経営しているお店なので、獲れたての新鮮なお魚料理が頂けるんです。
黒板に書かれるメニューは、その日に獲れた魚で日々変わってくるそう。
従業員さんたちも、近所の主婦のみなさま。なかなかいい味だしてます(笑)

私たちがいつもオーダーするのはこれ
e0271143_16443123.jpg

「あじまご茶漬け」です。
中央のどんぶりに入っているのが新鮮なあじのたたき。これだけでもスゴイ量でしょう!
これに、テーブル備え付けのにんにく醤油をいれて、よく混ぜ混ぜと味をつけます。
そして、お釜で炊かれたご飯の半分を丼によそい、半分のあじを乗せていただきます。
e0271143_1644532.jpg

注文を受けてから、お釜でご飯を炊くので、時間はかかるけど、炊きたてピカピカの白いご飯はそれだけでもおいしいもの。その上に、新鮮なたたきがどっさり乗るのだから、そりゃもう絶品ですわね。

そして、残りの半分のご飯にまたまたあじを乗せて「スープお願いします~」とお店のおばちゃんにお願いします。
e0271143_16451014.jpg

で、2膳目は熱々スープをかけてお茶漬けに・・・
活きのいいあじなので、お茶漬けにしても全く臭みも出ずに、これがまたおいしいんですよ。

他に大盛りの天ぷら、小鉢、漬物、サラダがついて1575円です。
すごいボリュームなので、大食漢の私でも完食するのはなかなか大変なのです。

他のお客さんのオーダーを見ていると、つみれ定食もおいしそうだし、かき揚げも食べてみたいし、シンプルな煮魚や焼き魚定食もいいなあと思うのですが、いつもこのあじまご茶漬けになっちゃう。
もっと大勢で行けば、あれこれシェアもできて楽しいだろうなあ。

そうそう、食事だけでもすごいボリュームですが、食事をした人には、お店自家製のところてんが食べ放題になるんですよ。私、ところてんって苦手なのだけど、ここのは本当においしくてついついこちらも食べちゃいます。普通のところてんのほか、コーヒー味やヨモギ味のデザート感覚でいただけるものもあり、いろいろ食べ比べるのも美味しいのです。

お腹いっぱいになったら帰路に着きますが、ここから沼津ICまで約2時間弱。
途中、行きつけの干物屋さんで干物や塩辛などを買って帰るのが恒例となっています。

もうちょっと家の近くだったら、本当に頻繁に通いそうなお店なんだけど遠いからね~。
それでも、年に1度くらいは、このあじまご茶漬けを食べるだけのために往復6~7時間かけて行っている私たちなのです。
でも、伊豆にお泊まりしたら、富士山見て、温泉に入って、さくらにも寄って、お買い物もして1泊2日で楽しめるので、最近は伊豆への1泊旅行が増えているような気がする(笑)

場所は松崎町の長八美術館の駐車場にあります。
「さくら」という名前のお店は他にもあるようなので、ナビで長八美術館をセットしてお出かけください。
[PR]
by kiji_tora | 2012-10-15 16:51 | 国内旅行
2012年 05月 13日
那須へ
那須へ1泊2日で出かけてきました。
とは言っても、主人の会社の保養所ですけど(笑)
GWに行きたかったのだけど、残念ながら抽選で落選。
落選となるとどうしても行ってみたくなるもので、1週間後のリベンジです

東北道那須ICを降りて30分ほど。別荘が並ぶ一角に保養所はありました。
会社の保養所と言うと、山荘見たいなものだと思いきや、立派なホテル風の建物~
e0271143_2033622.jpg

お部屋は全部で30室
私たちはメゾネットタイプの4人部屋でした。
e0271143_2035331.jpg

この保養所には温泉も湧いていて、内風呂、岩風呂、サウナまで付いているんです。
もっと驚いたのはクアガーデン。1年中楽しめる温水プール&ジャグジーに
e0271143_2041157.jpg

天体観測が出来るプラネタワーまである!
e0271143_204392.jpg

他にもテニスコート3面や、カラオケルーム、散策路まで!!
古くて汚い山小屋をイメージしていたのに、とんでもなかったです(笑)

お料理は
e0271143_205379.jpge0271143_2051919.jpg
こんな感じでスタートですが、レストラン中央にはバイキングコーナーがあり、お総菜に、お蕎麦、ごはん(この日はたけのこご飯と白米)味噌汁、デザート(和菓子、洋菓子、果物等 多種)ドリンク類が並んでいました。
焼き物、揚げ物、お造りは席に着いてからサーブされます

主人が頼んでおいてくれた追加料理 大田原牛のステーキ
e0271143_2063254.jpge0271143_2065134.jpg

いや~、お腹いっぱい。
特別な高級食材っていうのはないけれど、どのお料理も手がかかっていておいしいものばかりでした。

朝ごはんはバイキングスタイル
e0271143_2082887.jpg
パンもご飯もあり、バイキングの種類も多く、満足な朝ごはんでした。
もちろんお替わりしましたよ♪
特に、このヨーグルトは今まで食べたことがないくらい濃厚でおいしかった~。
お持ち帰りする人がいるんでしょうね。
ヨーグルトの場所に「レストランでお召し上がりください」って書いてあったわ(笑)

こちらの保養所、人気が高くて抽選に当たるのも大変だそうですが、よーくわかりました。
満足度高いです。
このあたりは、レジャー施設や商業施設も多く、観光にも絶好のロケーション。
次回は夏、避暑に来たいなあ。秋の紅葉の頃もきれいだろうなあ


最近は、経費削減から保養所を廃止する企業も増えているといいます。
こんなすてきな施設を廉価で使用させていただけることに感謝!
[PR]
by kiji_tora | 2012-05-13 00:48 | 国内旅行
2012年 05月 04日
名古屋でごはんを食べよう 2日目
「明日の朝はカーネーション(朝の連ドラ)見てからね」というOさんの勝手な都合に合わせて、名古屋2日目の始まりです。

朝ごはんはもちろんモーニング。モーニングといえば名古屋は有名ですからね。
でも、モーニングの本場は本当は名古屋ではなく、お隣の一宮市なんだそう。せっかくだからと、一宮を目指すことになりました。
途中、新木曽川駅で岐阜からのKちゃんをPick upし、『カフェ・メールネージュ』へ。
こちらのお店、前年度のモーニング大賞、金賞受賞のお店なんだそうです。
そんな人気のモーニングはこちら
e0271143_13214561.jpg

これは私が頼んだサンドイッチセット。フレンチトーストが一番人気だそうです。
他にも小倉トースト、ホットドックなどのメニューあり。

東京の喫茶店でも、朝の食事のセットメニューはありますが、あくまで朝食メニュー。
でも、こちらのモーニングって飲み物を注文すると無料で付いてくるものなのね。
タダというのはあまりに立派すぎて、お得感いっぱいです。
このモーニングもコーヒー代350円払うと、ついてくるんですよ。

ここはかなりオシャレなモーニング、どうやら男性陣は物足りなさそう。
で、もっとヘビーな「らしい」モーニングを食べさせたいとOさんが言いだし、「じゃあハシゴる?」となってしまった。

ってことで、10:30頃に次の店に。
『Karen』さんは400円の飲み物にA(トースト)・B(サンドイッチかホットドック)・C(おにぎり)のセットが付いてきます。
e0271143_1322207.jpg

コーヒー頼んで、おにぎりに茶碗蒸しが付いてくるってありえないでしょ~(驚)

もうこの時点でお腹Max、ランチも済ませた気分なのに、時計を見たOさん「ヤバい!もう行かないと店が混んでくる」と。
そう、ランチに予定していた名古屋の「矢場とん」です。
待たずに入るため、何と高速道路を使って一路矢場とんへ向かうことに(汗)

矢場とんは、名古屋名物「味噌かつ」のお店です。
e0271143_13225149.jpg

私はもう1人前は無理。Yちゃんとひれかつを1つ頼んで半分づつ、別にご飯とみそ汁追加することにしました。
な、なのに、Iくんは「わらじとんかつ」をオーダー。どんだけ食べるんだ!!
e0271143_1323669.jpg

本当にわらじみたいに大きいの。でも、普通に完食(爆)
見てて気持ちいい食べっぷりなんだけど、人間離れしてるわ・・・・

初めての味噌カツは、思ってたよりずっとおいしかった。
もっと味が濃くてしつこいかと思ってたけどそんなことなくて、ごはんにもよく合う。
また行きたいお店になりました。

さすがに、満腹で苦しい一行
ちょっと買い物して、お腹を落ち着かせてからデザートかって思っていたんだけど、全く自己チューなOさんの勢いは誰も止められず(爆)
「マウンテン行こうよ」と

マウンテンは、テレビや雑誌などでもよく紹介される爆盛りのお店でした。
店頭に貼られているメニューも変わったものばかり
e0271143_13252725.jpg

他にも「甘口いちごスパ」「しるこスパ」「甘口抹茶小倉スパ」とか、自分では頼みたくないけど、どんなものか見てみたいメニュー多し。

席に着くと、まず飲み物と一緒に出されるお茶菓子がこちら
e0271143_1326186.jpg

これだけでも驚き!

そんな中でOさんが選んだのはこちら
e0271143_13262597.jpg

■火山
巨大なバニラアイスクリームの上に、チョコレートケーキのスライス。そして生クリームとストロベリーソースがたっぷり

e0271143_13264678.jpg

■厚化粧
フランスパン1本の上に、あんこがたっぷり塗られていて、そのうえに写真のとおりの生クリーム

うう~、見るだけで食指が動かない・・・
言いだしっぺのOさんは、皆の驚く顔を見たらそれで満足し、どちらも一口食べたら「じゃ、子供が帰る時間だから。」というマイペースぶり。
残る4人でもこれは制覇できませんでした。

その後、ちょっとお土産を買って帰路につきました。

この1泊2日の名古屋めしツアー、楽しかったけど、やっぱり1泊じゃ無理。
チェックしてた味噌煮込みうどんも、台湾ラーメンも、あんかけスパも、鬼饅頭も食べれなかった。
次回は2泊できましょうと車内で話していたのでした。

もちろん、この日は帰宅してからも夕飯は食べる気がしませんでした。
[PR]
by kiji_tora | 2012-05-04 00:07 | 国内旅行
2012年 05月 03日
名古屋でごはんを食べよう 1日目
これは1月の旅の記録です。
ものすごく楽しい旅だったので、是非記録しておきたいと思い、今更ながらですがアップすることにしました。
=====================================================

「名古屋めしを食べよう」なんて、会話の中の思いつきから計画された名古屋1泊2日の旅。
目的は名古屋名物をひたすら食べることでした。

参加者は、私のカメラの師匠、プロカメラマンのIくんと名古屋出身で今回のナビゲーターYちゃん、そして私の3人が東京より参加。

朝7:00に東横線某駅に集合し、Iくんの車で出発。
なぜにそんなに早くでるのかと言うと、名古屋でおひるご飯を食べたいから。逆算するとこれくらいの時間に出ないと間に合わないってことなのです。

まずは、高速のSAで朝ごはん
e0271143_12385954.jpg

軽めにうどんにしました・・・軽くないじゃん、天ぷら乗ってるし(爆)

途中休憩を挟みつつ、名古屋に着いたのは12時を少し回ったくらい。

まずは目的のお店のひとつ 「熱田 蓬莱軒」へ。
ここで待ちうけていたのが、名古屋在住のプロカメラマンOさん。
Oさんとは約束していたわけではないんだけど、途中のSAから「これから名古屋行くんですけど」って電話をしてみたら、ちょうど時間が空いてるそうで・・・。
同様に、岐阜在住のKちゃんも参加表明し、5人で蓬莱軒で待ち合わせということになりました。

蓬莱軒は、ひつまぶしで超有名なお店ですが予約ができないんです。
行った順に名前を告げて、待合室で待つというシステム。
この日は平日だったせいか、待ち客は少なく、先に行って名前を書いていてくれたOさんのおかげで待ち時間ほぼゼロで席に案内されました。

頼んだのはもちろんひつまぶし これが普通サイズ(1人前)3100円
e0271143_12391839.jpg

★正しいひつまぶしの食べ方
まずおひつのご飯を4等分し
 ①まずはそのまま
 ②次に薬味を乗せて
 ③そしてお茶漬けにして
 ④最後は自分の好きな食べ方で

私は②の薬味を乗せて食べるのが一番おいしかったな。
名古屋のウナギは東京と違って、蒸さずに直焼きなので、食感はしっかり固めですがさっぱりした感じ。
タレが濃いめなので、薬味なしだと飽きてきちゃいそうではありますが。

それにしてもすごいボリューム!ご飯茶わんで4膳ですもの。そりゃお腹いっぱいになりますわ。
それでも全員みごと完食~!(男性陣OさんとIくんは大盛1.5倍の1半でしたが難なく完食)

実に満足なお昼ごはんでした。

さて、ここでOさんはお子さんのお迎えがあるので帰宅するとのこと。
お礼を言ってお別れのつもりが「夜はどうする?」と、夜も参戦なさるようです^^

我々は夜の部まで時間を潰すために、まずはお茶でもいたしましょう。

最近、関東圏でもあちこち見かけるようになったコメダ珈琲店ですが、本店はここ名古屋。
ということで、コメダへGO。たまたま入ったお店は何とコメダ本店でした。

ここで、Iくんと私は「小倉トースト」デビュー(笑)
e0271143_12394851.jpg

2人でシェアして頂きました。
パンにあんこ??って、最初は思ってたけど、これ温かいトーストになかなか合うのね。
バターをプラスするとなお美味しい♪
高カロリーなおやつでございました。

そうそう、名古屋出身のYちゃんが言ってたけど、名古屋の喫茶店って必ず小さなお茶菓子がつくんですって。
コメダだと小袋入りのお豆がでてくるよね。それは特別なことでなく、お店によってはクッキーだったり、お煎餅だったりと何かしらのお茶菓子がつくのが当たり前なんだそう。
だから、東京に行った時は何にも出なくて、つまんない~って思いましたって言ってたわ。

その後、ホテルにチェックイン
今回は、ホテルは本当に寝るだけだから、安ホテルで充分。場所が便利なところがいいということで伏見の名古屋クラウンホテル 1泊素泊まりで4400円でした。
嬉しいのは、コンビニが徒歩数秒のところにあるのと、ビジネスホテルなんだけど温泉大浴場があるの。

荷物を置いたら、夕飯の待ち合わせまでブラブラというか、まだお昼の鰻が残っているので腹ごなしの運動です。ホテルから栄へ歩いて、途中名古屋で人気のお店を教えてもらったり、デパ地下でお土産を物色したりしながらUターンして伏見の『風来坊』へ。

すでにOさんは到着してて、同じく名古屋在住のカメラマンMさんも誘ってくれてました。
Mさん、ありがとう。鶏が食べられないのに来てくれて嬉しかったです♪

さてさて風来坊名物の手羽先
e0271143_12401026.jpg

実は、私も鶏肉は嫌いで、手羽なんて食べれない~って思ってたんだけど、あらら、おいしい♪
最初はせっかくだから1本だけと思ってたら、ついつい手が伸びる。
とはいえ、お昼のうなぎがまだ胃に残っていて、お腹いっぱい状態なので、ビールもあまり入らず、食べることがだんだん苦行になってきた私。

Oさん、Iくんは1半のひつまぶしを食べたにも関わらず食欲は衰えない様子。
お店を出て岐阜のKちゃんを見送ったあと、おいしいラーメンを食べに行こうと向かった先は「まっち棒」というラーメン屋さん
やっぱり食べる量は体型に比例するのね・・(って人のことは言えないけど)

もう、絶対、どうやってもラーメンは入らないというYちゃんと私は、餃子を半分個してビール。
(この時には写真を撮る元気もなかったので、画像なし)

その後、ホテル近くのコンビニでお水等を買ってようやくホテルのお部屋に入れました。
もう満腹で動きたくなかった~。こうして、長い1日がようやく終わりました

               
                                   …続く
[PR]
by kiji_tora | 2012-05-03 11:45 | 国内旅行