カテゴリ:国内旅行( 48 )
2014年 07月 23日
2014年6月 梅雨明けの石垣島へ②
ランチの後は、島の北部をドライブ。

しかし、あたりまえなんだけど、梅雨明けした石垣島は暑い。
ジメっとした感じはないんだけど、本当にジリジリ暑いって感じ。直射日光が肌を突き刺す感じで痛みすら感じるくらい。

コンビニがあちこちにあるわけでないので、ペットボトルなどの飲料水は準備しておくことをお勧めします。

市街地を外れると、本当に自然がたくさんの石垣島。信号もほとんどないし、建物も本当に少なくなります。
緑が美しい山と、青い海と空が広がっています。
時折、畑があったり、牧場があったり・・・・。気持ちのいいドライブです。

平久保岬灯台へ。ここは島の最北端になる場所です。
e0271143_75853.jpg

ここ、石垣島に来ると必ず立ち寄るところなんです。石垣の海の青さを感じられますよ〜。
青い海に、白い灯台って映えますね。
この日は、お天気は良かったんだけど、雲が出て、日が陰っちゃったのが残念。
ココ、陽が当たった時の美しさは本当にすばらしいんです。
でも、以前から見ると、ずっとレンタカーが増えましたね。
ドライブしていても、地元ナンバーの車より、レンタカーのほうが台数が多いんじゃないかなって思いました。
今までも夏に来ていたけど、ここの駐車場が渋滞で停められなかったことってなかったんです。
なのに、今回は6月の金曜日でも車がいっぱい。これからの時期は大変だろうなあ・・・

その後は、石垣島のいろいろな話を聞きながらドライブしつつ、Kちゃん行きつけの地元の商店に連れて行ってもらったり、海の見えるカフェでお茶したり。

以前からおしゃれなカフェが好きなKちゃん、連れて行ってくれたところはやっぱりステキなカフェでした。
ベイベールのテラス席からはシナ海から平久保半島を見渡せます。店内は天井が高く、ゆったりとした作りです。
お庭には色鮮やかな花が咲き、リゾート気分を高めてくれます。
テラスから見える海は時間帯や天候によって色が変わり、違った表情を見せてくれるそうです。
e0271143_844967.jpg

私たちが伺ったのは3時ころでしたが、駐車場は満車(レンタカーが多かった)店内は空いていましたが、テラス席は満席でした。
ランチタイムから3時くらいまではほぼ満席のことが多いようです。そりゃ、この景色だものね。人気があるわけですよ。
マンゴージュースと紫芋のアイスクリーム
e0271143_8443024.jpg
アイスクリームはすごいボリュームで、2人でシェアしてちょうどよいくらいの量でした。

これ以前に、石垣島は4回来ているんだけど、どれも目的は写真撮影。
だからね、実は石垣で泳いだこともなければ、こうしておしゃれなカフェでゆったりした時間を持つこともなかったんです。
空も海も花々も美しい石垣だから、撮りたい被写体はたくさんある。それはそれで楽しい時間ですが、こうやって海を見ながらおしゃべりする時間も、また違った魅力でした。

やっぱり石垣島って、バタバタ慌ただしく過ごすより、こうしてのーんびりするほうが合ってるかもね。

お店を出た後は、市街地に向かいます。
石垣島離島桟橋近くの「あやぱにモール」は、石垣市公設市場を中心におみやげ店や飲食店が並ぶ商店街です。
以前に来た時より、おしゃれなお店が増えていてビックリしました。
この商店街に限らず、東京や大阪から来た方が、石垣でお店を開くケースが増えているそう。
おしゃれな雑貨屋さんや、イタリア料理店などのレストランやおしゃれなバーなどがすごく増えていて、ビックリしました。

私のお買い物はコチラ。
あまりに有名なものではありますが、ペンギン食堂の石垣島ラー油と肉みそ
e0271143_7383977.jpg
e0271143_739039.jpg

繁忙期は購入制限があるそうですが、この日は本数の制限はありませんでした。

こちらのラー油、一番最初は餃子と一緒に頂いてみましたが、そのときは「あれ?」って感じだったの。そんなに大騒ぎするほどおいしい?って感じでしたね。
でも、冷奴や、野菜と一緒に頂くと、香りがとてもよくておいしいんですよね。

激辛は初めてですが、ものすごく辛いです(笑)辛さに弱い方にはお勧めできないかな。

続いては塩屋(まーす屋)
e0271143_857881.jpg

石垣に来ると必ず立ち寄るお店なのですが、その名のとおり塩の専門店です。こちら石垣店は沖縄の塩が中心ですが、世界各地の塩もおいてありました。
そのほとんどが味見ができますし、アドバイザーの方が相談にのってくださるので、お好みの塩を選ぶことができます。
e0271143_10572557.jpg

左から:霜降り牛肉のステーキにあうもの おにぎりにあう塩 野菜においしい塩(漬物も含め)

↑ こんなふうに、アドバイザーの方にお尋ねしていくつか選んでもらい、その中から自分で決めた塩です。

塩好き&料理好きな私にはたまらないお店です。
時間に余裕があるなら、2〜3時間くらいは居れちゃいそうです(笑)

東京にも支店ができたそうですので、機会があったら行ってみたいと思っています。
[PR]
by kiji_tora | 2014-07-23 11:48 | 国内旅行
2014年 07月 16日
2014年6月 梅雨明けの石垣島へ①
2014年6月27日
羽田空港より沖縄那覇を経由して、石垣島へ行ってきました。
e0271143_9363298.jpg

ANAのプレミアムクラスを利用しました。
e0271143_937209.jpg
スパークリングワイン付きで朝ごはんをいただいて(この日はにゅうめんでした。おいしかった)ゆっくりコーヒーを楽しんでちょっとウトウトお昼寝したら那覇に到着。
プレミアムクラスを利用するなら、これくらいの時間を過ごせる便がいいですよね。
私、プレミアムクラスで行く那覇って何気に気に入っているんです。

那覇で石垣へ乗り継ぎます。
e0271143_9393875.jpg

数えてみたら石垣島へ行くのはこれで5回目です。が、前回は今から5年ほど前。久しぶりの訪問となりました。

今回の一番の目的は、現在、ご主人のお仕事の都合で石垣に在住している友人Kちゃんに会うこと。
彼女と会うのも本当に久しぶり。できるならKちゃんがいるうちに石垣を訪れたかったのです。

石垣空港は、昨年、新設移転になり、新しいきれいな空港になっていました。
e0271143_9431714.jpg
広々した吹き抜けが明るいロビー。
e0271143_9433543.jpg
スタバもあるし、フードコートができています。売店もかなりの充実ぶり。

新空港ができて、ピーチやスカイマークなどLCCも就航したことにより、観光客がずいぶん増えているんだそうです。
梅雨明けしたとはいえ、まだ6月なのに私が乗った便も満席でした。

空港まではKちゃんが迎えに来てくれました。
Kさんと最後にあった時に、お腹にいた赤ちゃんが今はもう幼稚園生になってました。
そんなに長い間あっていなくても、会った瞬間から話が止まらない〜(爆)
結局、ドライブ中も食事するときも、ずーーーっとしゃべりっぱなしだったなあ。

まずはランチ。すてきなお店を予約してくれていました。
Sea Forestは玉取岬展望台の駐車場の向かい側、山側の坂を上ったところにあります。プチホテルに併設されたレストランですが、海に面していて景色は素晴らしい。
e0271143_9471543.jpg
e0271143_9481520.jpg


ランチは何種類かあり、私は石垣牛のハッシュドビーフにしてみました。
e0271143_948374.jpg
e0271143_948562.jpg

前菜、スープ、サラダ、デザート コーヒーがつく、大満足のランチです。
何より、こんな海を見ながら食事ができるなんて、贅沢な気分ですよね〜。
e0271143_9494856.jpg

こちらのホテル、お部屋は数室しかないプチホテルです。市街地からも離れているし、周りには何もなさそうだけど、海を見ながらゆったりした時間を過ごすにはいいかもですね。

Sea Forest
〒907-0332沖縄県石垣市伊原間2-736
[PR]
by kiji_tora | 2014-07-16 09:56 | 国内旅行
2014年 05月 17日
2014年5月 伊豆高原へ結婚記念日プチ旅行③
前回からの続きです。

伊豆高原は別荘地ということもあり、地元の食材を使ったいいレストランが意外に多いんです。
今って、人気のお店もネットで探せるから本当に便利ですよね。そんな別荘族に人気のお店を検索して、予約しておきました。

伺ったのはプルミエ
お宿から近いというのと(といっても、歩くとかなりかかりそうですが)、口コミがとてもよかったから。予約のお願いの電話をしたとき、開店前のお忙しい時間にもかかわらず、すごく丁寧に応対して頂いて、すごく好感が持てたんです。

席数15席ほどの小さなレストランですが、木を使った内装にワインのコルクやボトルが飾れていて温かみのあるインテリアです。
オーナーシェフが厨房、奥様がソムリエ兼サーブを担当されています。

今回は、すべて2人でシェアしていただきました。
★前菜の盛り合わせ
e0271143_14403586.jpg
タケノコのピクルスが意外においしかった
★姫サザエのガーリックバター焼き
e0271143_14411268.jpg

★桜ペペ
e0271143_14413761.jpg
その名前のとおり桜海老のペペロンチーノ。しっかりとした唐辛子の辛さと、桜海老の風味がよく合っておいしかった
★お魚料理 真鯛のポアレサフランソース
e0271143_14425978.jpg

★スペアリブ
e0271143_14432641.jpg
写真じゃわからないけど、このお肉はすんごく分厚いんですよ。グリルかなと思ったけど、ホロホロ崩れるくらい柔らかいので、一度火を通したものを切り分けて焼いているんだと思います。
★別腹のデザート ティラミス
e0271143_14452872.jpg
ティラミスってしつこいものが多いけど、こちらのは意外に軽くて、お腹いっぱいでもおいしく頂けました。

お料理はどれもおいしくて、2人で幸せな気持ちになれました。

記念日=ハレの日の食卓というのはちょっと違うかもしれないけど、結論は2人が満足すればそれがいい食事なんだと思います。お値段もお手頃だし、近所にこんなお店があったらいいね〜なんて話しました。
こちらは「南仏料理の店」ということですが、シェフはフレンチレストランで修業なさった後、イタリアンに転向されたそうです。なので、お料理はフレンチとイタリアンのMIXって感じなのかな?
まあ、おいしければどうでもいいことですけどね(笑)

帰りはタクシーを呼んでいただきましたが、奥様は外まで見送りに来て下さいましたし、厨房から「伊豆にいらしたらまた是非寄ってくださいね」とシェフから声をかけていただきました。
こういうちょっとしたことが嬉しいものです。幸せな気分でお部屋に戻りました。

翌日は、チェックアウトの11:00ギリギリまでお部屋でのんびり過ごし、道の駅で新鮮なお野菜や果物を買って、お昼ごはんを食べに行きます。

昨日が洋食だったから、今日のお昼は和食よね。
e0271143_14574499.jpg

川奈の太田水産へ。漁師さんが経営されているお店だそうですので、新鮮そのものです
e0271143_14591229.jpg
伊豆に来たら、やっぱり金目鯛。ということで、私は金目鯛の煮つけ定食

e0271143_14594359.jpg
夫は、あじのたたき定食

どちらもおいしかった〜♪

ということで、結婚記念日プチ旅行はおいしいもの三昧の楽しい旅となりました。
食事って1日3回、死ぬまで続けていくわけですから、食の価値観とか好みが似ているって、結婚するうえでけっこう重要な要素だなって、私は思っています。
おいしいものを食べるって幸せだね、一緒にお酒を飲んで楽しいねって、お互いが同じように思える相手でよかったなあ、と結婚23回目の記念日で改めて感じさせていただきました。
[PR]
by kiji_tora | 2014-05-17 15:11 | 国内旅行
2014年 05月 13日
2014年5月 伊豆高原へ結婚記念日プチ旅行②
今回の宿泊先は、伊豆高原にあるリゾートマンション。
e0271143_1810784.jpg
バブルの頃に建てられたリゾートマンションですね。
エントランスロビーも広々しています
e0271143_18105341.jpg


今回は広いお部屋をお願いしておきました。こんな感じです
e0271143_1316378.jpg
e0271143_1317177.jpg
e0271143_13173576.jpg
ベッドルームはこの他にツインルームがもう一つ。他に和室もあり、大人10人までは泊まれるみたい。
2人では全く無駄な広さですけど、やっぱり広い空間は気分いいですよね。

窓からは相模湾が眺められます。
e0271143_18114975.jpg


施設の中には、露天ぶろ付きの温泉大浴場や温水プール、トレーニングジム、カラオケルーム、BBQグリルなどがあり、飽きることなく過ごすことができます。館内にレストランもあるので、食事に困ることもありません。

いつも温泉大浴場に行くのですが、今回は初めてお部屋の内風呂で朝風呂に入ってみました。
e0271143_1814489.jpg

私たちはマンション住まいで、窓のないお風呂場ですから、こうして大きな窓のついた明るいお風呂がとっても新鮮!

わが家で所有するリゾート会員権では、近場では箱根や軽井沢、山中湖などのリゾートも使えるのだけど、夫も私もここ伊豆高原がお気に入り。
箱根や軽井沢もいいリゾートだけど、やっぱり海のそばは食べるものがおいしいですからね♪ 

ここ伊豆高原では、海がすぐですからお魚料理のお店がとても多いです。
お刺身や煮魚などの和食のお店はもちろん、地場の食材を使ったイタリアンやフレンチのお店も別荘地の中に多くあるので食事の自由度は高いと思います。
マンションから歩いて行けるところは限られちゃうけど、タクシーでワンメーター乗ればいろいろなところで食事を楽しむことができるんです。

またリゾートマンションのいいところは、ケータリング(出前)もお願いできる。
前回は、地元の魚屋さんにお刺身の盛り合わせをお願いしましたが、新鮮ですごくおいしかった。
また、お部屋にはキッチンがついているので、地元の食材を買って料理もできます。出かけるのも作るのも面倒だったら館内レストランも利用できますから、食べることも楽しみの一つになりました。

今回は結婚記念日ということで、南仏料理のレストランを予約しておきました。



続く・・・
[PR]
by kiji_tora | 2014-05-13 18:27 | 国内旅行
2013年 10月 12日
錦秋の中央アルプスへ
10月5、6日 長野県の中央アルプス 千畳敷カールへ行ってきました。
ここは1年を通して、素晴らしい風景が楽しめますが、この時期はもちろん紅葉ですよね。

千畳敷カールについてはコチラ

dpiこの日の東京は天気予報通りの雨。朝からテンション上がらぬまま出かけたんですけど、中央道を走っているうちに雨は上がり、長野は曇り空でした。

千畳敷カールへ行くには、一般車の乗り入れが禁止されているので、バスセンターの駐車場に車を停めて、そこからロープウェイ駅「しらび平駅」まで専用バスで行き(約40分)、そこからロープウェイで「千畳敷駅」まで7分で到着します。ここの標高は2,616mです。

千畳敷カールの紅葉はまさに見頃!現地の方のお話だと、この週がピークだったそうです。ナナカマドの赤、ダケカンバの黄色が見事です。

千畳敷はトレイルが整備されていて、普通に歩くと40分程で周ることができます。足場がよくないところもありますが、誰でも歩けるコースです。私は写真を撮りながらだったので、2時間ほどかけて周りました。
雨は降らなかったものの、空は真っ白な曇り空・・・青空だったらよかったのになあ。
e0271143_2019914.jpg
e0271143_20192378.jpg
e0271143_20193559.jpg
e0271143_20194529.jpg


今日の宿泊は、ホテル千畳敷(HPはコチラ
ロープウェイ駅と隣接した場所にある1軒宿で、目の前には千畳敷カールの絶景が広がっています。
豪華さや派手さはないお宿ですが、この景色が何よりのご馳走ですよね。
私たちのような観光客だけではなく、登山をされる方にも人気のお宿のようです。

夜は星の撮影をしようと思っていたんですが、21時過ぎまでは雲が厚くて星は見えず(-_-;)

これは、朝4時に起きて撮ってみたものです.、
e0271143_2054195.jpg

一面の星空です。写真は小さくてよくわからないですね。写真をクリックすると少し大きな画像でご覧いただけます。
星の軌跡を撮りたくて、長時間露光にしてみましたけど、朝も5時近くなると空も段々明るくなってきますので、時間的にちょっと遅すぎでした。やっぱり、これは暗い時間に撮らないとダメですね。
e0271143_20582944.jpg


東の空は赤く色づき始めました。
e0271143_211098.jpg
目の前に広がるのは、雲海です。2600m超えている場所ですから、雲の上に立ってるんですね。

朝日が山肌に当たると、また昼間とは違う印象です
e0271143_212096.jpg
e0271143_2121393.jpg


雲海に朝日が当たって、金色に輝きました
e0271143_2125552.jpg


ロープウェイは5時頃から動いているので、ここに泊まらなくても朝日を見ることができます。
実際、ご来光を見るために上がってくる人も多かったですね。

ホテルのチェックアウトは9時。
紅葉のピークですから、この時間になると、かなりの数の観光客で登りのロープウェイはいっぱいです。帰りの時間も気をつけないと、午後の下りは2時間、3時間待ちになることもあるそうです。
私たちは1泊して、十分に紅葉を堪能したので、朝9時半のロープウェイで下山。
登りは満員でしたが、下りはまだガラガラ(笑) とっても楽でした。

「しらび平駅」に到着すると、そこはすんごい人の数・・・・。ロープウェイはすでに待ち時間が出てたようです。

さて、このまま帰るには早いので、箕輪町の赤そばの里へ寄ってみることに。
普通、蕎麦の花って白いのですが、、こちらでは「高嶺ルビー」という赤い花の蕎麦を栽培しているんです。
ちょうどお花の時期で、蕎麦畑はまるでピンクのじゅうたんのようでした。
e0271143_21152147.jpg
e0271143_21153578.jpg

e0271143_21165964.jpg
e0271143_21171176.jpg


この後、この赤そばで作った手打ちそばを食べてみましたが、味は普通のお蕎麦と変わらなかったです(笑)

私にとっては、今年最初の紅葉でした。
この時期、カメラマンにはとっても忙しいシーズンになるのよね(笑) 紅葉のポイントはたくさんあるけど、私は自社や庭園の紅葉より、こういう山の紅葉が一番好き。
これからは、各地の紅葉便りをチェックですね。さて、今年はあと何回、紅葉の撮影に行かれるかなあ。
[PR]
by kiji_tora | 2013-10-12 21:22 | 国内旅行
2013年 09月 17日
お泊り女子会 in 箱根
3連休は台風18号が関東に接近か?という報道がある中、箱根に行ってきました(笑)

昨年、リゾート会員権を買ってから、いつもは夫と二人で利用するだけでしたが、今回は一度やってみたかったお泊り女子会です♪
メンバーは、オフ会で知り合ったマリオットオーナーの皆さん。
いつも、都内で会うとあっという間に時間が過ぎてしまい、「ああ、帰らなきゃ」のシンデレラ状態になってしまうので、時間を気にせずにおしゃべりしてみたかったんです。
12時過ぎて、カボチャになっても、気の置けない仲間だからよし・・ですよね(笑)

お部屋の様子はnokimamaさんちマウロアさんち で詳しくご紹介いただいているのでそちらでご覧ください。
(怠け者の私は1枚も写真を撮らなかった 汗)

温泉に浸かった後は、お楽しみの大宴会 ディナーです。
お部屋は、フルキッチンつきのコンドミニアムタイプです。
お宿に食事を頼むこともできるのだけど、今回は自分たちでいろいろ持ち込みすることにしました。
ローストビーフ、スペアリブ、サラダ、サーモンフィレ、チーズやオリーブ、バケットなどを準備して、豪華なディナーになりました。
e0271143_22204249.jpg

こういうディナーはもちろんだけど、お買い物もまた楽しいのよね。
他にも、ハワイ土産のナッツやポテトチップスなど、盛りだくさんで食べきれないほどでした。

飲んだ後に、電車で帰らなくていいってのはホントに楽です。
ガールズトークに花が咲いて、4人でワイン3本、日本酒1本がペロリと空きました。

いや〜、いくつになっても友達とのおしゃべりは楽しいですね。
共通の趣味である旅行について情報交換したり、くだらない話に笑い転げたり、普段はできないようなウフフな話に盛り上がったり・・・(爆)
私、時々、記憶が飛んでいて、あまり定かに覚えてなかったりするんだけど(汗)、こういう会ではそれもまたありでしょう。
結局、何時に寝たのかよくわからない・・・(2時か2時半らしいんだけどね)

翌朝は、お宿に朝食を8時に頼んでいたので、8時まで爆睡させてもらいました。
普通、1泊2日の旅だと、朝はお風呂に入って、ご飯食べて、荷造りして・・ってバタバタ忙しくなるんだけど、今回は2泊で予約したので、朝ものんびり。
ゆっくり朝風呂を楽しんで、ご飯食べて、二度寝状態でソファでゴロゴロ。
本当はランチにBBQを予約していたんだけど、天候も不安定だしこちらはキャンセル。
そのおかげで、部屋でお籠り状態。口淋しくなったら、おやつ食べて・・・・ぐーたらまったりな女子会でした。
その間も、しゃべるしゃべる・・・(笑)
気の合う仲間って、話題がつきないのよね。よくそんなに喋れることがあるなあって、自分でも感心するくらいです。

夕方、友人たちバス停まで送った後は、東京から主人が箱根に到着。
2日目は夫婦で過ごす箱根の休日となりましたが、前日から食べ続けた私の胃袋はすでにMAX状態のうえ、弾丸トークでぐったり疲れて、食事もお酒も進まなかったのでした(汗)


私くらいの年代って、まだ子育てがあったり、親の介護があったりとかで、なかなか友人とお泊りで出かける機会ってないんですよね。
週末にご主人をおいて、1人で出かけづらいっていうのもあるでしょう。
それでなくても、土日ってそれぞれのご家庭でいろいろ用事もありますからね。
そんな中、集まってくれた友人たちと、ご理解いただいたご家族には本当に感謝します。
楽しい時間を、ありがとうね。
これに味をしめて(笑)、また機会を作って集まりましょうね。

次回はおいしいビストロでの飲み会とか、リベンジBBQの話なども出ていて、楽しい予定が続きそうです。
お泊り女子会第二弾も、そのうち計画しますねっ♪
[PR]
by kiji_tora | 2013-09-17 22:22 | 国内旅行
2013年 07月 16日
2013年7月 軽井沢で避暑
海の日の3連休ですが、わが家は海ではなく軽井沢で過ごしてきました。
私、軽井沢に出かけるのはものすごく久しぶり。
あ、写真の撮影でたまに日帰りするのはあるんですけど、こちらでお泊りはたぶん5年以上行ってないと思います。

関越道の渋滞を抜け、軽井沢に着いたのが14:00過ぎ。
あちらの気温は24℃
連日35℃の猛暑の東京から見ると、本当に極楽です。
e0271143_7231110.jpg

地元のスーパー ツルヤ軽井沢店であれこれお買い物をしてからお宿へ。
こちらのスーパー、東京の大きなスーパーと比較しても遜色ないくらいの店舗面積と品揃えで、お買い物が楽しいです。
こちらのオリジナルのジュースやジャムはお土産にピッタリです。
現地の方はもちろん、プロの料理人や別荘族にも人気のスーパーなのです。この日も他県ナンバーがすごく多く、BBQの食材などを調達する人が多くみられました。

夏やGWの軽井沢って道路の渋滞が酷くて、10kmに4時間かかるってこともあるくらい。
3連休1日目から、18号はかなりの渋滞でした。

2日目
朝起きても、暑くない(笑)
夜も全く寝苦しくないから、久しぶりに「よく寝た〜」って感じがしました。
窓を開けると、空気がひんやりと気持ちいい。夫は「寒い」と窓を閉めるほどでした。やっぱりここは涼しいんだね。

今日は、朝からアウトレットに行くべく、早目に出発。
9時過ぎに宿を出たのに、すでに18号は渋滞が始まってました。これ、どこまで続くの〜?アウトレット渋滞ってのがこれ?
信号1つ分の距離に30分近くかかる状態で、アウトレット諦めました(泣)
それなら、一度行ってみたかった星野リゾートのハルニレテラスへ。
こちらも本来なら18号で行くのですが、国道を通ったらいったいいつ着けるのか見当もつかないので、裏道へGO。
もちろん、裏道に詳しいわけではないのでナビを見ながら道を模索って感じです。
林道を抜け、別荘地を通るルートは車も少なく渋滞知らずで、ハルニレテラスへ到着です。
e0271143_1915469.jpg

ハルニレテラスは、今、大人気の星野リゾートの施設の一つです。
清流沿いに自生していた100本を超えるハルニレ(春楡)の木立を生かしながら、ウッドデッキでつないだ「小さな街」が作られています。
清流沿いの散歩道は、綺麗に整備されていて、ヒールの靴でも歩きやすいし、お子さんが転んでも安全なように作られています。軽井沢の自然を十分に感じながらも、おしゃれな町並みはまさに星野リゾートが作る「エコモダンな温泉街」って感じです。

ハルニレテラスにはショップやレストランが集まっています。私たちは、夜のワインのお共にデリでオリーブやらサラダ等を購入。
e0271143_19274264.jpg
他にも地場産の野菜を売っている「軽井沢マルシェ」は大人気で、たくさんのお客さんが入っていました。

この辺りをぶらぶらお散歩したら、お宿へ戻ります。
今日は遅めのランチに、14:00からバーベキューを予約してあるんです。
食材もお任せのコースにしたので、準備や後片付けもなくて楽チンでした。自分たちで用意したほうが安くあがるのは分かっていますが、2人だと量が食べれないのでいろいろなものを少しづつってできないんですよね。
でも、最初から2人分の食材をお願いしておけば、こんなリッチなBBQセットが届きました。
私、鶏肉が苦手なので、他のものに変更をお願いしたら、和牛と豚肉を大目に入れてくださいました。
e0271143_19321451.jpg

和牛ロース、豚ロース、手作りウィンナー、さんま、エビ、ホタテ、イカ、野菜いろいろ、シメは焼きそば・・・
すごい量でしょう(笑) 野菜と焼きそばはお持ち帰りになりました。
e0271143_19333530.jpg
e0271143_19334782.jpg

この日の気温は25℃ 火を起こしても汗をかくこともなく、高原の風が気持ちよくて、楽しいBBQでした。
猛暑の東京でやってたら、暑さでバテバテ、食欲減退でぐったりだったでしょうね(笑)
2時間ほどBBQを楽しんだ後は、そのまま温泉へ。
BBQの臭いも落としてさっぱりしてから、午後のお昼寝〜♪ もう、極楽以外の何物でもありませんね(爆)
ちょっとお昼寝のはずが、起きたら20時過ぎでした。涼しいとよく寝れる。
その後、買ってきたデリとワインで軽く飲み、再び温泉に入って就寝

3日目
あまりに快適で帰りたくない軽井沢ですが、そうもいかない。
9:00過ぎにチェックアウト
アウトレットは諦め、白糸の滝に行くことにしました。
e0271143_19384836.jpg
私は紅葉の頃には、何度か写真を撮りに来てるのだけど、夫は初めて。
爽やかな木々の緑に囲まれた美しい滝に感動してました。
人ごみのアウトレットより、こっちのほうがやっぱり気持ちいいよね。

せっかくだから、旧軽井沢の市街にも寄っていくことにしましょう。
軽井沢は来ることがあっても、旧軽にくるのは何年振りだろう。多分7〜8年ぶりくらいじゃないかなあ。

以前のイメージで、すごく混んでいるって思ってたんですけどね・・・・
道路の渋滞は全くないし、いつも列を作っていた町営の駐車場も待ち時間なしで入場できた。
旧軽銀座の商店街も人が少ない・・・7月の3連休なのに・・・
e0271143_19462421.jpg

ここ、いつも観光客がたくさん歩いていたのになあ。やっぱりアウトレットができてから、人の流れが変わっちゃったんだね。

とはいえ、パンの浅野屋さんやフレンチベーカリーはたくさんのお客さんが入っていたし、ミカド珈琲のモカソフトは列ができていたけどね。
「ちもと」のかき氷が食べたかったんだけど、やっぱりかき氷って気温が高くないとあんまり食べたいと思わないものなのね。どうも食指が動かずパスしちゃいました。

結局、定番のパンやワインを買って、帰路につきました。

久しぶりに行った軽井沢。何をするわけでもなく、ただのんびりするだけの2泊3日だったけど、とにかく涼しくて、まさしく「避暑地」だなあって実感してきました。ほーーーんと快適っ!

BBQしたお庭では、お子さんたちが虫取り網をもってカブトムシを探していたり、清流に足をつけて歓声を上げていたり、なんだか懐かしい夏休みの光景を見たようでした。

ここのところ、夏休みはハワイで過ごすのが恒例になっていますが、ハワイじゃなくて軽井沢で1週間もいいなあ〜なんて思いました。
アウトレットや星野リゾートの人が多いところは行かなくていいから、お部屋のテラスで本を読んだり、林の中をお散歩したりしてのんびり過ごす夏休みもよさそうですよね。
[PR]
by kiji_tora | 2013-07-16 19:54 | 国内旅行
2013年 06月 17日
初夏の京都へ (わたしのお気に入り)
最後のANA修行に、京都へ行くことにしました。
京都へ行く機会は多いんだけど、桜か紅葉の時期ばかりで、この時期って行ったことないんですよね。
生憎、梅雨の時期だけど、青もみじや苔はしっとりと雨に濡れていたほうが風情がある♪

羽田から伊丹空港へ。
伊丹空港から京都八条口までバスで60分程度です。
京都駅から、苔寺まではバスが出ています。座って車窓を眺めながら行くのは魅力的だけど、滞在時間が短い今回は、少しでも早く行けるように、地下鉄と阪急電車を乗り継いで、「松尾」駅まで向かいました。

まずは松尾駅前の松尾大社へお参り
e0271143_17381656.jpg

松尾さまってお酒の神様だそうで、全国の酒蔵さんの樽が飾られていました
e0271143_17384370.jpg


お昼には少し早いんですけど、苔寺の予約が13:00でしたので、早めにお昼ご飯にします。松尾駅から苔寺方面に少し歩いたところにある「魚末」さんで。小料理屋さんの佇まいですが、ランチもやっています。
e0271143_17402432.jpg
焼魚、お刺身、天ぷら、煮物、他いろいろついて、これで1380円は絶対お得だと思います。とてもおいしかった♪

ここから苔寺まで歩いて15分くらい。途中、ちょっと寄り道をしながら向かいます

月読(つきよみ)神社
e0271143_17484560.jpg
こちらの境内には、神功皇后ゆかりの安産信仰発祥の石「月延石」が祀られていることから「安産守護のお社」として有名なのです。東京でいうと水天宮みたいな感じでしょうかね

鈴虫寺(華厳寺)  
e0271143_17535145.jpg
青もみじのトンネルを抜けて階段を上っていきます。
わらじをはいたわらじ地蔵さまが出迎えてくれます
e0271143_1756395.jpg

普通仏様は、皆、裸足ですが、こちらのお地蔵様はわらじを履いておられます。
これは、お地蔵さまが皆の所まで、救いの手をさしのべるために、いて来てくださり、ひとつだけ願いを叶えてくださるのだそうです。なので、私もひとつだけお願いをしてきました。

本当はこちらのご住職の鈴虫説法がとても楽しいのだけど、苔寺の予約時間に間に合わなさそうなので、今回は諦めました。残念・・・

さてさて、本日一番のお目当てである西芳寺(苔寺)に向かいます
e0271143_1805450.jpgこちらは、前もって参拝申し込みをしないと、入ることができません。1週間前必着で往復はがきで申し込むのです。私も予定を立てたのがギリギリだったので、速達で送らないと間に合わなかったけど、どうにか間に合い、この返信はがきが届きました。
こちらでは、拝観=修行の一環という位置づけになるので、庭園を見せていただく前には本堂で読経・写経を行うことが義務付けられています。
一般的には、寺社の拝観料って500〜600円くらいだと思いますが、こちらは3,000円です。
でも、それだけ支払っても訪れる価値は十分にありますね。

ご住職と一緒に読経をし、般若心経の写経をした後は、自由にお庭を見せていただくことができます。

夢窓国師が作庭したという庭園を覆う100種以上の苔は、この梅雨の頃が一番美しいと言われています。
この日は、朝から曇り空が広がっていたのですが、写経が終わり、書いた経文をお納めした後に外に出たら、雨が降り出していました。

しっとりと濡れた苔はそれはもう美しいものでした。一口に「緑」といっても、あまりにたくさんの緑色があるんですよね。

e0271143_18214311.jpg

e0271143_1822522.jpg
e0271143_18222785.jpg
e0271143_18225173.jpg

e0271143_18231654.jpg
e0271143_18233719.jpg
e0271143_1823531.jpg


苔だけではなく、青もみじも本当にきれいでした
e0271143_1825777.jpg
e0271143_18252940.jpg


苔に覆われたお庭って、おどろおどろしいかと思いきや、全くそんなことはなくて、本当に清清しいものです。心が洗われる感じがしました。
本当に来てよかった。いい時間が過ごせました。

苔寺を後にし、バスターミナル脇の階段を上ると竹の庭として有名な「地蔵院」 があります。
e0271143_1829155.jpg
小さな山門をくぐると、参道脇には竹林が広がっています。
e0271143_1830489.jpg
小さなお寺で、人も少ないけど、京都らしい風情があるお寺でした。
e0271143_18302823.jpg


ということで、京都のプチ旅行は終了。
バスで京都駅まで行き、駅ビルでおみやげを買って、八条口ばから伊丹空港までバスで向かいました。

初夏の京都、とてもきれいでした。修行の最後に選んで本当によかったな。

鈴虫寺の思い出
[PR]
by kiji_tora | 2013-06-17 07:29 | 国内旅行
2013年 04月 20日
大阪満喫
ANA修行を兼ねて大阪へ行ってきました。

午前中、知人のお見舞いに伺った後、なんばで友人と待ち合わせ。

ランチは、やっぱりお好み焼き♪ 
e0271143_803262.jpg
いつも思うんだけど、大阪って粉ものがおいしいですよね。
ふわっと柔らかいお好み焼きは期待を裏切らないおいしさでした。

ゆっくりランチを楽しんだ後は、こちらへ
e0271143_814564.jpg

なんばグランド花月で、吉本興業の新喜劇を見に行きました。
友人が、気を利かせてくれて午前中にチケットを買っておいてくれたんです。おかげで真ん中のすごくいい席で鑑賞することができました。

いや〜、笑った笑った。
前半は、なだぎ武、メッセンジャー、月亭八方、宮川大介・花子、西川のりお・上方よしお、坂田利夫など有名どころがずらり、後半の新喜劇は関西で大人気の辻本重雄の茂蔵さんシリーズでした。

おもしろかった〜。やっぱり関西のお笑いのテンポの良さって独特ですよね。
よしもと新喜劇は、テレビでも放送されているんですって。

売店でもよしもとグッズがたくさん
e0271143_821993.jpg

e0271143_823610.jpg
これ、今回の新喜劇の主役、茂蔵さん。商品のキャラになるくらいだから人気があるんだね。
e0271143_832336.jpg

面白い恋人って笑っちゃうよね(白い恋人と商標登録で裁判沙汰になったとか)
帰りには劇場前にいた、茂蔵さんキャラクターと一緒に写真撮っちゃった(笑)
e0271143_871043.jpg


その後、ホテルにチェックイン。
友人が、家に泊まってって言ってくれたんですけど、人を家に泊めるってやっぱり気を遣うでしょう。平日なので、翌日は友人も仕事があるし、ご主人もいらっしゃるしね。
なので、今回はホテルステイにしました。
楽天トラベルで見つけたお得なプランで上本町駅のシェラトン都ホテルです。
写真は撮らなかったけど、キングベッドルームで快適な滞在でしたよ。

夜は、串かつ屋さんへ。
でもね、そのお店は普通の串かつ屋さんではなくて、ミシュランの星を獲得したお店なんだって。

地下鉄日本橋駅を降りて、黒門市場のなかにある 「六覚燈(ろっかくてい)」 
市場なので八百屋さんや魚屋さん、花屋さんなどがずらりとならんでいます。
でも市場って終わる時間が早いんですよね。私たちは7時くらいにお店に行ったので、多くのお店がすでに店じまいで市場の雰囲気はイマイチ味わえませんでした。
昼間だったら、にぎやかなところなんだろうなあ。

ミシュランの串かつ屋さんっていうからどんなお店なんだろうって思っていたけど、外観はえ?ここ?って感じ。
こんな看板だし
e0271143_874961.jpg

このビルの階段の上がお店です。
e0271143_881999.jpg

・・・・・なんだかさ、雑居ビルに入っているどこかのオフィスみたいだよね。ミシュランの飲食店があるとは思えない

でもね、お店に入ると、全く違う空間が広がっていました。シックでおしゃれな空間はとても串かつ屋さんという雰囲気ではなく、ワインバーのよう。
(他のお客さんがいらっしゃるので、お店の写真は撮りませんでした)

まずはビールで乾杯♪
お野菜がおいしい。
e0271143_89943.jpg
トマトは九州産の塩トマト。塩分の強い水で育てたトマトだそうですが、ほんのり塩味なんだけど、甘みがものすごく強いトマトでした。生のトマトあんまり好きじゃないんだけど、こんなにおいしいトマトは初めて食べました。
ヤーコンも大根もキャベツもすんごくおいしい。嬉しいことに野菜はおかわり自由です。

さて、串ですが、20本のコースとなっています。でも、お腹いっぱいなら途中でストップかけられます。
いいスピードで出てくるので、ゆっくりめに出してもらいました。
e0271143_893522.jpg

なんだか、写真にするとどれも同じように見えますが(-_-;)
つけダレは、レモン+からし、醤油、ピリ辛ソース、普通のソース、山椒塩、普通の塩の6種類。
おすすめ調味料に向けて串をおいてくれます。何もつけないで頂くものは横向きになります。

海老、牛肉、ソラ豆のコロッケ、あさり、小柱、白身魚にとんぶりのトッピング、稚鮎など、やっぱり普通の串カツ屋さんの串とは違いますよね。
どれもおいしかったし、揚げ物をたくさん食べても全く胃もたれしませんでした。
さすがに20本は無理で、途中でストップしましたけどね。お隣席のカップルは20本食べ終わり、あとはお好みでどうぞって言われてたけど(;'∀')
ワインの種類もとても多く、串とともにワインも楽しめます。今回は2人で白ワイン1本に赤のグラスワインを頂きました。
串もワインも本当においしかった〜!お値段もそれなりにするけど、大満足でした。
こちらのお店、東京店が銀座にあるそうなので、そちらにも行ってみたいなあ。

その後、友人のご主人が飲んでいるところに合流し、大阪のオッサンたちと大いに盛り上がったのでした。

ホテルに帰ったのは日付が変わった後。それから記憶なし(爆)
シンデレラの魔法がとけて、かぼちゃになってました。


それでも、翌朝はすっきりいつもの時間に起床できてよかった〜。二日酔いで沈没したら大変だったもん。
この日は午後から東京で予定を入れていたので、10:00の飛行機を予約していたんですけど、ちょうど前日から大阪造幣局の桜の通り抜けが解放されたそうで、せっかくならそこも行ってみたかったなあなんて思いました。(特割は変更不可なのです)
時間がなくてお目当ての昆布の佃煮を買えなかったのも心残りだわ。

空港で購入したおみやげは蓬莱511の焼売と豚まん。
e0271143_812954.jpg
おいしくて、夫も喜んでくれるんだけど、持ち運びににおうのがね〜。
新幹線だと、この熱々シューマイとビールを楽しんでいる出張帰りのサラリーマンとかたまに見るんだけど、さすがに1時間ほどで着いちゃう飛行機にはそういう人はいませんでした。
夕飯においしくいただきました。
e0271143_8122521.jpg
e0271143_8123994.jpg


こんな感じの大阪滞在でしたけど、旧友とも久しぶりに会えていい時間を過ごすことができました。
修行もあと少しです。もし、ちょっとポイントが足りなくて調整が必要になったら、また大阪に遊びに行くのもいいかななんて思っています。
[PR]
by kiji_tora | 2013-04-20 08:14 | 国内旅行
2013年 03月 10日
2013年3月 高松 讃岐うどん行脚②
2012年3月 高松 うどん行脚①の続きです。(前記事はコチラ

3軒食べ終えたところで、私のお腹はすでにMAXに近づいてきていました。
そりゃ、うどん3杯食べればそうなるよね〜。
(あ、一応言っておきますけど、1杯の量は少なめですからねっ)

しかーし、「さて、次行くぞっ」と夫は元気いっぱい!
せっかく高松まで来たんだもの。これくらいでへばってちゃもったいないわよねと、気を取り直して次へ。

同じ坂出市の「がもう」へ向かいます。
こちらは、讃岐うどんランキングの1位にランクされる人気のお店なんです。
お昼時なので、やっぱり行列ができていましたが、長居する人はいないので、さほど待つことなく入ることができました。待ってる間に、お腹のうどんが少しでも消化されることを期待しつつ、列に並びました。
e0271143_13305999.jpg
入店は12:15 かけうどん130円(小)+玉ねぎの天ぷら80円(天ぷらは夫と半分こしました)
e0271143_13323887.jpg
実際に食べてみると、お腹いっぱいの私でも本当においしい。表面は柔らかいうどんなのだけど、芯がしっかり残っていて適度なコシになっています。
この前に強烈な日の出製麺所のうどんを食べた後だから、がもうのおうどんはとても優しく、するすると喉を通って行きました。
うん、おいしい〜♪

こちらのお店は、とっても小さなお店で、座席数も少ないのですが、お店の外にあちこちベンチがあるんです。
なので、多くの人は外に丼を持って行って、田んぼをみながら食べていました。お天気がいい日には外のほうが気持ちよさそうです。

e0271143_13332733.jpg気に入ったので、外の売店でここのうどんを購入。1か月以上日持ちする半生めん、2人前で315円です。
かけつゆ、ぶっかけつゆも売られていました。

ついでにお口直しのソフトクリーム♪


さて次へ。
私はすでに満腹状態なので、すぐにうどんを食べる余裕がありません。かといって、このまま高松に戻るのももったいないし、どうせなら丸亀の名店 「なかむら」  に行ってみようということになりました。

私、カーナビをセットした直後から、猛烈な眠気に襲われ、なかむらに到着するまで爆睡しちゃいました。
朝、早起きしたせいもあるけど、どうやら食べたうどんの消化のために、胃に血流が集中し、脳に血が回らなかったのではないかと推測しております(笑)

さて、なかむら到着 13:25
e0271143_13354584.jpg

ここは、どのサイトで見ても高評価なお店。並ぶことも覚悟していたのですが、平日のお昼過ぎだったせいか、待ち時間ゼロでお客さんも数組って感じでした。
私は冷たいうどん(小)210円+讃岐名物えび天100円(さつまあげみたいなの)
e0271143_1336977.jpg

すっきりしたおだしは、まるでお吸い物のようです。
うどんが、これまたうまい。麺は細め、つるつるで適度なコシもあってすごく食べやすい。
これ、太くてコシが強いうどんだったら食べられなかったかもしれないけど、あっさりしたうどんは満腹でもうダメ〜って思っていたはずなのに、するすると入っていきました(驚)

夫は初の釜玉(小)260円にチャレンジ。
普通、釜玉ってゆでたうどんに生卵が乗ってくるでしょう。ここのは、お客さんが最初に丼に卵を軽く溶いて丼を持って待っています。
そこへ、ゆでたてのうどんを釜から直接入れてくれるんです。
e0271143_13364142.jpg

お醤油を一回りくらいかけて、いただきます。
e0271143_13365745.jpg

夫、大満足。熱々のうどんに濃厚な卵が絡んで、それはおいしかったそうです。
残念ながら、私は生卵が苦手で、釜玉はトライできないんですけど。
私たちと同じ時間に入店した他のお客さんもほぼ全員が釜玉を注文してましたね。

お店を出た後、さすがに私は白旗。もう無理です。
と言っても、時間はたっぷりあるので、近くの瀬戸大橋を見に行くことにしました。
瀬戸大橋が開通した年に来て以来だから、20何年ぶりかの再訪です。
e0271143_13372272.jpg

記念館を見たり、記念公園をお散歩し、しばしの観光タイム。
e0271143_13374120.jpg


そして、高松に戻ります。飛行機の時間までまだまだあるので、栗林公園(りつりんこうえん)へ。
武家屋敷跡の広大な日本庭園で、ゆっくり散策するのにはぴったりの場所です。
e0271143_1338347.jpg
ちょうど梅園の梅が見ごろを迎えていました。
e0271143_13384070.jpg


夫が「もう1軒はうどん屋に行きたい」というので、ベンチに座ってあれこれ調べてみました。
でも、ほとんどのお店が14:00〜15:00には閉店してしまうので、夕方までやっているお店を探すのは大変。
1軒、栗林公園から徒歩7分くらいのところにあったのですが、行ってみたらクローズでした。
あとは、郊外のお店になっちゃうんだけど、飛行機の時間もあるし、道路渋滞を考えるとあまり時間の余裕はない。
なので、空港近くのお店に立ち寄ることにしました。

「宝山亭」 17:25着
e0271143_1339162.jpg

行ってみると、うどん屋というより、街道沿いの食堂の佇まい(-_-;)
うどんのお店だけど、どじょうもウリのようですね(笑)。でも、どう見ても食堂なんだけど・・・・

今まではセルフのお店ばかりだったけど、ここは、讃岐で初めての一般店でした。いわゆる席で注文して、席まで運んできてくれる方式です。

私はかやくうどん250円 温かいうどんに、あげとかまぼこが乗ってます。
夫は、ぶっかけ250円
e0271143_13394392.jpg


店の風貌からあまり期待はしてなかったんですけど、意外にもおいしかったのです。
うどんはもっちり、コシもあり、いわゆる讃岐うどんって感じの麺でした。イリコがきいたおだしもおいしい。

さすが、この地で「うどん」って看板を出す店は、みんなある程度のレベルなんだね〜と夫と妙に納得しちゃいました。

そして、心置きなく空港に向かいました。
帰りにガソリンスタンドに寄りましたが、走行距離127キロで、入れたガソリンが6.38L 970円。燃費は約20キロ。
軽自動車って何て燃費がいいの〜\(^o^)/

夫は讃岐うどんに開眼したのか、空港でもうどんが食べたいといっていましたが、空港値段のメニューを見て「高いっ。やっぱりやめた」と言ってました。高いといっても、400円くらいなんですけどね。
彼は、「あと2杯は余裕で行けたのに〜」と残念がっていましたが、私はもう無理。
普段は小食な人なんですけど、やっぱり男性って違うのね。


当初はひとりで来るはずだった高松。
夫と一緒に来れたおかげで、運転はおまかせしちゃったし、思ってもいなかった数のお店を周ることができ、大満足でした。
日帰りでも十分に讃岐うどんを堪能できました。とっても楽しい日帰り旅行でした。

夫も讃岐うどんに開眼したようで、東京でも「丸亀製麺所、行ってみる?」などと言っています。
またいつか、うどん行脚に出かけましょうね

うどんが食べたくなった方へ②
[PR]
by kiji_tora | 2013-03-10 13:55 | 国内旅行