カテゴリ:★2015.10 ケニア( 5 )
2016年 01月 25日
2015.10 ケニアでサファリ三昧③ アンボセリ 象とキリマンジャロ
今回は、アンボセリ国立公園には2泊しました。

アンボセリというところは、ブッシュが少なく平坦な土地が広がっていて、キリマンジャロを臨めることができる国立公園です。

ここには、象が多く生息していることでも知られています。
イメージ的にはこんな感じでしょうか
e0271143_08421480.jpg
キリマンジャロ、頭しか見えてないけど(;'∀')

象は、離れた森の中をねぐらにしており、朝になると群れで出勤(?)してきます。
e0271143_08421332.jpg
夕方になると、ねぐらの森に帰っていきますので、朝と夕方は象の群れが多くみられます。

キリマンジャロをバックに象の群れが見ることができますよ★

富士山と同様、キリマンジャロはすぐに雲に隠れたりするので、見えたらラッキーくらいに思っています。
運が良ければ、朝日でピンクに染まるキリマンジャロが見えますが、今回はダメだったな・・

キリマンジャロの山頂は万年雪だと言われますが、ここ最近はほとんど雪がない状態で、地球の温暖化をまざまざと感じてしまいますね。

ここに限らず、ケニアの国立公園は世界中から観光客が集まるスポットですので、そこで暮らす動物たちも人慣れしてます。
なので、シャイな動物でなければかなり近くで見ることができます。
象は、車のすぐ目の前を通ったりするので、なかなかの迫力。
e0271143_08414474.jpg
息遣いや、草をむしる音まで聞こえるくらいです。

象の群れは、数十頭くらいになります。それが目の前を歩いていくのですから、最初に見たときは大感動でした。
e0271143_08414425.jpg
e0271143_08414457.jpg
e0271143_08432540.jpg
アンボセリは湿地帯も多く、水浴びする象の姿も見ることができます。
e0271143_08414436.jpg
象の周りに白い小さな鳥をよく見かけます。
イグレットというシラサギで、象のからだについた虫を食べてくれるのです。
象はかゆみが減るし、鳥は食事ができるしということで、うまく共生しているのですね。




[PR]
by kiji_tora | 2016-01-25 09:24 | ★2015.10 ケニア
2016年 01月 20日
2015.10 ケニアでサファリ三昧② アンボセリセレナ
2015年10月13日 

ナイロビで1泊した後、アンボセリ国立公園へ車で向かいます。
以前は道が悪くてなかなか大変だったけど、ケニアでもインフラ整備が進んでいるので、今ではすごくいい道路が通っています。
ナイロビからアンボセリまでは4時間ちょっとのドライブです。

アンボセリ国立公園ではアンボセリ・セレナに泊まります。
セレナホテルは、ナイロビはもちろん、いろいろな国立公園にリゾートホテルを持つ大きなホテルチェーンです。

アンボセリ・セレナはマサイ族の家を思わせるようなロッジタイプです。
e0271143_09100161.jpg
お部屋は、その部屋ごとに違ったペイントがされています。今回はハタオリドリが描かれたお部屋でした。
e0271143_09100154.jpg
右側に見えるカーテンのようなものは、ベッドを覆う蚊帳です。
ターンダウンの時に、ハウスキーピングが蚊帳をセットしてくれます。

レストランはこんな感じ。
e0271143_09100142.jpg
ケニアはイギリスの植民地だったこともあり、高級ホテルではブリティッシュスタイルのインテリアが多いですが、リゾート地ではそれにアフリカンテイストを融合させたものが多いです。

食事はこんな感じ。
e0271143_09282089.jpg
たいてい、前菜、スープ、メイン、デザートのコース料理ですが、時にはBBQスタイルのビュッフエのこともあります。
また、アジアに華僑が多いように、アフリカにはインド人が多いので、どこに行っても必ずベジタリアンメニューが用意されています。

「アフリカって何を食べるの?」ってよく聞かれますが、ご安心ください。普通の洋食ですよ(笑)
(ナイロビには観光客相手に、シマウマやワニの肉を食べさせるようなお店もあるそうですが、私は行ったことありませんし、ホテルで見たこともありません)

滞在中にお誕生日があると、バースディセレモニーをやってもらえます。
バースディケーキが用意され、キッチンやホールのスタッフがみんなで歌を歌ってくれます。バースディソングだけじゃなくて、ケニアの歌などもあり、これが楽しい!
e0271143_09100113.jpg
私も1度経験がありますが、これがなかなか感激するのよね。
ケーキは他のゲストにも分けるのがお約束。(上の写真にも頂いたケーキが写ってます)

サービス自体は無料ですが、マネージャーにチップをあげることをお忘れなく!



[PR]
by kiji_tora | 2016-01-20 10:48 | ★2015.10 ケニア
2016年 01月 19日
2015.10 ケニアでサファリ三昧① 出発
ずいぶん時間が経っちゃいましtけど、2015年のケニア旅行の様子をアップしようと思います。

2015年10月12日
羽田発のカタール航空で日本を出発です。
カタールのドーハで乗り継ぎ、ナイロビへ向かいます。

もともとドーハの乗り継ぎが2時間足らずだったのですが、カタール航空に確認したところ「大丈夫です」とのことでした。
一応、出発カウンターでも確認したんですが「出発時間もOn timeですから大丈夫でしょう」と同じ答えでした。

そして、時間通りに搭乗でした。が、ドアが閉まってからなかなか出発しない。何が原因だったのかわからないけど、結局1時間近く遅れての離陸となりました。

ドーハまで約12時間のロングフライト。飛行時間もほぼ予定通り・・・ということは、到着時間は1時間遅れ!

ナイロビ行の飛行機はすでに出発してました Σ(゚д゚lll)ガーン

もともと乗り継ぎ時間が短いので、遅れた場合はナイロビ行きは待っていてくれることが多いのらしいけど、この日にナイロビに乗り継ぐのは私たち2人だけだったのよ。

地上係員のお姉さんが差し出したチケットは、何とドバイ経由でエミレーツ航空でのナイロビ行き
預けた荷物は大丈夫なんでしょうねっと、シツコイくらいに確認してチケットを受け取りました。
ドバイの上を飛んできたのに、逆戻りか〜。

ミールクーポンを頂いたので、フードコートへ。
e0271143_19282819.jpg
飛行機の中でしっかり機内食を食べてきたのに、ヤケ食いだ〜。
ビールも欲しかったんだけど、カタールってイスラム教の国なので、空港でお酒を出すところはないそうです。(以前、ラウンジにはあったような気がする)
カタール航空の機内では出ますよ。

ドバイに行くのに、乗り継ぎ時間が4時間とたんまりあるので、空港の中をあれこれ探索。
e0271143_19281422.jpg
10年前くらいに来た時はまだ小さい空港だったんだけど、巨大できれいな空港になってました。

4時間待って、ドーハからドバイへ。フライトは55分。

ご存知の人も多いと思うけど、ドバイの空港ってとにかく巨大なのよ。
エミレーツ同士の乗り継ぎなら、ターミナル3での移動でいいんだけど、今回はカタール航空→エミレーツ航空だからターミナルの移動がある。
これが遠い・・・電車から降りたあと、ひたすら歩く、歩く・・・
ヘロヘロになりながらターミナル3に到着し、ようやく冷たいビールにありつけた(^^♪
e0271143_19282992.jpg
e0271143_19282897.jpg
で、定刻通りにドバイを出発。5時間のフライトでようやくナイロビに到着しました。

予定では13:30に着くはずだったのに、結果的には20:50。長い一日でした。
ドバイ出発時にも色々あって、荷物が出てくるかドキドキだったので、二人分のスーツケースを見たときにはホッとしました。

それにしても、ナイロビに着くまでに食べた機内食4食+空港でのミールクーポン。ずっと座りっぱなしで動かないのに、1日中食べてた気がする(;´∀`)



[PR]
by kiji_tora | 2016-01-19 19:45 | ★2015.10 ケニア
2015年 09月 05日
ケニアのEビザ取得
日本人がケニアへ入国するにはビザが必要です。

ビザの取得方法は2つ
 ①日本のケニア大使館で申請・受領する
 ②ナイロビの空港のビザカウンターで申請・受領する

最初の頃は大使館に行ってたんですけど、ここ最近は空港で取ることが多かったです。
こちらが従来のビザ
e0271143_22131621.jpg
が、9月1日より、大使館でも空港でもビザの受付ができなくなりました。
観光客が主に申請する1次ビザとトランジットビザはすべて、web申請となったのです。

アメリカのESTAみたいに簡単に申請できるなら楽なのですが、ケニアのEビザはかなり面倒。
まずはサイトでEメールとパスワードを登録してアカウントを作成します。そうすると本人確認のため、登録アドレスにメールが届くので、そこにかかれたURLをクリックすると、登録画面に進むという手順になるのです。
e0271143_22132018.jpg
ここではアカウントの設定、個人のプロファイルを入力し、パスポートサイズの写真をアップロードする必要があります。

それが終わるとようやく登録画面がでてきて、ビザの申請ができます。
e0271143_22132648.jpg
ビザ取得のための設問内容が5ページにもわたり、もちろんすべて英語でしょ。慣れないとかなりの時間がかかります。
パスポート情報の他、滞在場所や期間の詳細などなど。
面白いのは父親の名前とか、母親の名前、最近3か月以内に訪れた国と期間とか、パスポートは誰に発行されたか(日本国外務大臣ですよね)とか果たしてケニア入国に必要なのか??と思うような設問もあります。

で、入力が終わると、もう1度写真のアップロード、パスポートの写真ページのアップロード、ホテルの予約確認書または日程表などのアップロードへと続きます。

つまり前もって、写真をリサイズし、パスポートをスキャンし、ホテルの確認書などの書類をアップロードできるファイルに変換しておかなければならないってことよね。

そこまできたら、今度はビザ代金のお支払い。クレジットカードで清算します。

あとは、ビザがおりたらメールでお知らせがくるので、自分のアカウントからダウンロード、プリントアウトして持参する・・・ということになるわけです。

私も初めての経験でしたので戸惑うことばかり。
まず、IEで作業していたんだけど、なぜか途中で落ちる (;´Д`)
5ページも入力したのに突然強制終了し、入力内容がすべて消えること数回。
で、Chormeを使ってみたら、こちらでは1度でうまくいきました。どうやらIEとは相性が悪いみたい。

無事に申請ができてホッとしました。待つこと数分でビザもおり、これで来月はケニアに行けそうです
e0271143_22133165.jpg
Eビザはこちら
e0271143_22133528.jpg
ケニア在住の友人の話では、税金の支払いなどでもIT化が進んでいるそうです。
それにしても、マサイマラなんて、まだ電気も水道も道路も整備されていないのに、こういうIT化はずいぶん進んでいるんですね。
その前にインフラ整備のほうが先なんじゃないの??って思うのは余計なお世話かしら。

最初に行ったのは2003年でしたが、その時には携帯電話の電波も入らず、何かあっても連絡が取れないよって状態だったのが、今ではサバンナのど真ん中でも携帯の電波が入り、マサイもみんなスマホ片手で歩いてますからね〜。
家に電気がなくても、スマホがあるってどうなのさって思いますけど、彼らの生活もずいぶんと変わってきているんでしょうね。
通信の進歩ってすごいなあって思います。




[PR]
by kiji_tora | 2015-09-05 22:18 | ★2015.10 ケニア
2015年 06月 24日
カタール航空
見つけてしまいました。
カタール航空の期間限定セール
e0271143_07213946.jpg
2015年秋冬の早期割引運賃が1週間限定のセール価格で出されているんです。
あまりの安さに買ってしまった、ナイロビ行きの航空券(;´∀`)

早目に計画を立てないと・・・

カタール航空使うのは8年ぶりくらいかしら??

ちょっと前まで、ANAの提携航空会社だったんだけど、今はOne Worldなのね




[PR]
by kiji_tora | 2015-06-24 00:49 | ★2015.10 ケニア