カテゴリ:キッチン( 32 )
2016年 04月 26日
バウルー買いました
少し前ですが、10年以上使っていたバウルーが壊れてしまいました。

バウルーってご存知の方も多いと思いますが、昔からあるホットサンドメーカーです。
私が小学生のころから家にあったから、もう何年続いているんでしょうね。

以前のものが壊れてからは、結婚式の引き出物でいただいた電気のホットサンドメーカーを使っていたのですが、やっぱり何かが違うんです。
バウルーを使って、ガスの直火で焼いたホットサンドのほうがカリっ、ふわっでおいしいんですよね。

今回購入したものはこちら
e0271143_12021470.jpg
カタチは今までのものと同じですが、な、なんとフッ素樹脂加工が施されていて、焦げ付きにくく使いやすくなっていました!!

早速、朝食にホットサンドを作ってみました。
e0271143_12022115.jpg
わが家のスタンダード、ハム、チーズ、キャベツを挟んだものと、ほうれん草&タマゴの2種類。

外はカリっと、中はふっくらしたホットサンドができ、そうそう、やっぱりこれだわ〜と思いましたよ。

時代の流れとともに、変わっていくものもたくさんあるし、変わっていかなければならないものも多いと思います。
でも、変わらないからいいものっていうのも絶対にあると思う。バウルーもそのひとつだと思うんですよね。
母の時代から、形も焼き方も変わらない。
食パンと具を挟んで、直火であぶってこんがり蒸し焼きにする。そんな至極シンプルな調理器具だからこそいいのかもしれませんね。
これだけのロングセラー商品ってやっぱりすごいって思うし、これからも続いていってほしいですね。

さて、次はどんなホットサンドにしようかなって、いろいろ考えるのもの楽しくなりそうです。


[PR]
by kiji_tora | 2016-04-26 12:07 | キッチン
2015年 10月 02日
秋の味覚
少し前、SWのことです。
石巻在住の知人から、秋刀魚がたくさん届きました。
秋刀魚が出回るようになると、秋だなあって思いますよね。

新物の秋刀魚が出るのはもう少し前なのですが、大きくなって脂が乗ってきたこの時期にいつも送って下さるのです。
ピッカピカに輝く新鮮な秋刀魚は、秋のご馳走ですね。

ただね、毎年、2人暮らしのわが家では消費できないほどの秋刀魚が届くんです。
冷凍してもいいんですけど、どうしても味が落ちてしまうでしょう。せっかくだからおいしいうちに頂きたいですからね。
ご近所の友人数軒に押し売り、おすそ分け。
それでも、うちには十分すぎるほどの量です。

初日は、シンプルな塩焼きとお刺身で
e0271143_20000044.jpg
お刺身をおろすのはあまりうまくできないのですが、なんとかがんばりました\(^o^)/
まったく臭みもなく、脂がのった秋刀魚のお刺身は、驚きのおいしさでした。
ただ、問題がひとつ。秋刀魚が大きすぎて、焼物皿に乗らない(-_-;)
本来は前菜用のお皿を代用しました。大根おろしが乗らないので別添えです(笑)

2日目は圧力鍋で生姜と一緒に煮てみました。
e0271143_19595058.jpg
圧力鍋で15分煮ると、骨まで食べられるくらいに柔らかくなります。
塩焼きが一番・・とは思っているけど、煮てもおいしい♪
夫は塩焼きも食べたいというので塩焼きもしましたが、やっぱり2日続くと、初日のような感動はなくなるみたいですね。

3日目はちょっと目先を変えて
3枚におろし、フリットにしました。自家製トマトソースを添えて、ワインと一緒に頂きました。
e0271143_19595641.jpg
秋刀魚とトマトって意外に合うんですよね。
脂の多い秋刀魚ですけど、トマトの酸味でさっぱりとおいしくいただけました。

4日目は、主人も私も飲み会で留守だったため、とりあえず秋刀魚な日々もここでいったん終了。
まだ残っていたんですが、頭とワタを落として、味噌漬けにしました。こうしておくと冷凍しても味落ちがあまり気にならないです。

今年もおいしい秋刀魚を堪能させていただきました。ごちそうさま~♪



[PR]
by kiji_tora | 2015-10-02 20:03 | キッチン
2015年 07月 22日
梅 土用干し
関東地方も梅雨明けしました。猛烈な暑さですね (;'∀')

夏が来たな〜って感じること、いろいろありますけど、私にとっての夏の到来はこれ。
e0271143_08120631.jpg
梅雨明けとともに始める梅の土用干しです。
この作業をすると、ああ夏が来たんだなって感じます。

保存料や防腐剤を使わない家庭でつくる梅干しの基本の塩分は18〜20%。これくらいの塩分だと失敗なく作ることができると言われています。
私の梅干しは15%で漬けることが多いかな。

何年か前、もっと低塩の12%くらいで漬けてみたこともあります。この場合は、塩だけだとカビてしまうので、焼酎と氷砂糖を使わなければいけません。
砂糖を入れても甘くなると言うことはなく、まろやかな梅干しになるって感じでした。
ただ、焼酎や氷砂糖を多用すると、早目に食べきるなら問題ないですが、来年まで食べるつもりだと色も味も悪くなってくる。
決して腐るというわけではないのですが、劣化が早くなってしまいます。

市販されている梅干しは、塩分8%とか多いですよね。
どうしたらここまで低塩にできるのか不思議だったんですけど、これって普通に塩漬けしたものを水につけて塩分を抜くんだそうです。
塩分とともに梅の旨みも出てしまうから、後でかつおやはちみつで旨みをプラスするんだそうですね。で、当然ですが要冷蔵。

んー、何だかなあって感じ。

で、うちの梅干しは昔ながらのすっぱくてしょっぱい梅干しに落ち着きました。
それでもなるべく低塩にと15%。カビ防止に焼酎は使いますが、なるべく少なめにを心がけてます。
低塩にするとカビが出やすくなるので、土用干しが始まるまで毎日ドキドキ。梅雨が明けて無事に土用干しが始められると毎年ホッとします(笑)

干して数時間 表面がうっすらと白く塩を吹いてきます
e0271143_08120964.jpg
いい感じ・・・

さて、今年の梅干し、出来栄えはどうかな。

でも、昔は30℃でも暑いっていうくらいの気温だったでしょう。
今の猛暑とは違いますよね。35℃を超えそうな日中に屋外に出しておいても大丈夫なのかなあ・・・って心配なんですけど(;'∀')

特に、うちのベランダの床って、ものすごく熱くなって、素足でさわると「あちちち」ってくらいになっちゃうんですよ。
そこにざるを直接置いておくのはすごく心配・・・

なので、こんなふうに物干ざおにぶら下げるようにして、床から少し距離をおくようにしています。
e0271143_08121732.jpg




[PR]
by kiji_tora | 2015-07-22 08:46 | キッチン
2015年 06月 13日
お弁当
主人が4月に異動になりました。
新しいオフィスは社食があるので、お弁当も卒業できると喜んでいたのに、主人の希望によりお弁当ライフ継続中です(-_-;)

梅雨どきから夏にかけては、傷みが気になるのでお弁当作りにも気を使います。
前日に作り置きしたおかずは入れたくないので、すべて朝に作らなきゃならないし、ハムやかまぼこなどの加工品も加熱してから入れないとやっぱり心配ですしね。

普段は、野菜も入れなきゃって思うんだけど、実は水分の多い野菜のほうが肉や魚より腐敗しやすいんですよね。
茹で野菜や煮物など、冬場は気にしないで入れていたおかずもこの時期は考えちゃう。

この1週間のお弁当
e0271143_19402652.jpg
同じおかずを2日続けるってことはないけど、だんだんマンネリ化してきて、ちょっと反省・・・

そうそう、主人は以前からお弁当を作ると1食500円をくれるんです。
当初はそんなこと全然期待していなかったし、食材は生活費で十分賄えるからいらないよって言ってたんだけど、毎朝、お弁当のために早起きしてくれるんだからせめてもの気持ち・・だそうです。
月に20日なら1万円になるので、ちょっとしたおこづかいになりますね。

しかし、いろいろな物価が上がっている昨今ですが、世の中の流れに逆行して、お弁当代300円に値下げになりました(;'∀')
主人もいろいろ大変なようですし、お金が欲しくて作っているわけではないですから別にいいんです。
いいんですよ・・・でも、ちょっとガッカリが正直なところだったりします(笑)

夏場のお弁当は、梅干しがお約束ですよね。
この週末は、梅の塩漬け予定です。




[PR]
by kiji_tora | 2015-06-13 09:16 | キッチン
2014年 12月 25日
Merry Christmas★
昨晩はクリスマスイブでした。

若い頃、この日ばかりはちょっと背伸びしたレストランがお約束だったけど、この日ってレストランメニューは「クリスマスメニュー」って決められちゃって好きなものを選べないし、時間制限はあるし、何より混んでて落ち着かない。

なので、最近はおうちクリスマスになりました。とはいえ、子供がいるわけではないので、おいしいものを食べて飲んだくれるだけですけど。
あ、今年は夫がバラの花束を買ってきてくれたので、ちょっと華やかなイブになりました
e0271143_22183346.jpg
今年のごはんはこんな感じ

まずはモエで乾杯
e0271143_22180737.jpg
リーデルのグラスは薄くて割れやすいので、飲んだ夜は洗わないことにしています(笑)

前菜はシャンパンにあうものをいくつか
e0271143_22181207.jpg
海老とブロッコリーのサラダ
ドライトマトのオイル漬け
サーモンのマリネ
チーズプレート&オリーブ
生ハムのサラダ

メインは赤ワインにあわせてローストビーフ
e0271143_22181842.jpg
先日、築地で冷凍のローストビーフを買ったのだけど、2人ではやはり大きすぎ。友人を呼んでの新年会に回すことにし、前日23日に作りました。
1晩寝かせたほうがおいしくなりますね。

温かいお料理も欲しいので、カニとアボカドのグラタンを
e0271143_22182387.jpg
ケーキは代々木公園のフラウラのも
e0271143_22183907.jpg
ふんわり食感の生地にはラム酒がきいたチョコレートクリームとフレッシュオレンジが入っています。
甘さ控えめで、まさに大人のケーキでした。


クリスマスが終わると、本当に年末って感じになりますね。
今年もあと1週間か・・・・とりあえず掃除も年賀状も終わらせたけど、何となく慌ただしくなりますね。




[PR]
by kiji_tora | 2014-12-25 22:33 | キッチン
2014年 09月 22日
タコ三昧
少し前に実家に行ったとき、父が冷凍のタコを持たせてくれました。
食道楽な父のこと、どうやらお取り寄せしたようです。
いつまでたっても、親ってありがたいですよね。

が、2人暮らしのわが家ではタコ1匹はかなりのボリュームです
e0271143_2040537.jpg
e0271143_2041883.jpg


いつまでも冷凍庫においておくわけにもいかないので週末2日にかけてやっつけることにしました。

初日は日本酒にあうおかずを色々
お刺身 わさび醤油でいただきます。
e0271143_20415812.jpg

冷凍だったけど、味があってすごくおいしいタコでした。やっぱりスーパーで売ってる輸入物とは違うわ

タコ酢 こちらも定番ですね
e0271143_20421817.jpg


タコと大根の煮物 ゆっくり時間をかけて火を通したタコは驚くほど柔らかくなるんです。食感の違いも楽しめます
e0271143_20425097.jpg


タコの唐揚げ 頭の部分は下味をつけて唐揚げに
e0271143_20431526.jpg
 

たこ飯 生姜と一緒に炊き込みました。
e0271143_20433440.jpg


これだけ食べても残ったので、翌日はワインのおつまみに
じゃがいもとタコのアンチョビ炒め
e0271143_2044293.jpg

タコのカルパッチョ
e0271143_20441978.jpg


これでタコ1ぱいを食べつくしました。タコ三昧な週末でした
[PR]
by kiji_tora | 2014-09-22 20:48 | キッチン
2014年 08月 25日
きんぴら with 塩昆布煮汁
少し前に、神宗の塩昆布のことを記事にしましたが(コチラ)その時に、一緒に購入したのがこれ
e0271143_10472133.jpg

塩昆布煮汁です。

これも、関西出身の友人のお勧め。
昆布の佃煮を煮た煮汁が売られていて、お料理のかくし味にいいんですって。

しかし、昆布を煮たあとの煮汁まで売っちゃうなんてがめついというか、しっかりしてるというか・・・って思ったんですけど、友人お勧めなので買ってみました。

まずは、友人イチオシのきんぴらにつかってみました。
オーソドックスなごぼうとにんじんのきんぴらですね。
e0271143_10523589.jpg
家庭のお惣菜なので、きっちり計量もしていません。いつものお醤油の量を少し控えて、その分、この塩昆布煮汁を入れただけ。

あんまりおいしくて、ビックリした!

いや、マジですよ。マジで驚いた。
きんぴらって、普通の家庭の常備菜だからたまには作るけど、そんなに好きなわけじゃないし、おいしいって言うほどものものでもないと思ってましたけど、このきんぴらは自分で作っておいて、驚くほどおいしかったです(爆)いつもなら数回にわけて食べる量が、1度の食事でなくなっちゃった!

昆布の旨みが出たたーっぷり出た煮汁だものね。「旨み」ってなかなか直接的に感じるものではないけど、こうしてお料理に使ってみると違うものだわ。

もちろんれんこんのきんぴらも間違いなくおいしい!
e0271143_10481226.jpg


煮魚にもつかってみました。
e0271143_1054542.jpg


で、売り場のお姉さんが教えてくれたのが、なんちゃってハヤシライス
e0271143_10545963.jpg

お水にケチャップと塩昆布の煮汁を加えて作るんだけど、これがまたいいお味なの。
お醤油味が入ることで、ご飯によくあう。
ちょっと大人には甘めだから、黒コショウをたっぷりきかせていただきました。意外なおいしさだったわ。肉料理の味付けにも十分使えそうですね。

んー、なかなかやるなあ、塩昆布煮汁。
これから、またいろいろなチャレンジして、新たな発見もできそうな感じです。

これからの東京は少し涼しくなるような予報がでてきます。暑い間は料理をするのも嫌でしたけど、これからはお料理も楽しくなりそう。

食欲の秋ももうすぐですね(;'∀')
[PR]
by kiji_tora | 2014-08-25 10:55 | キッチン
2014年 04月 13日
春の食卓
先日は、春のお花をアップしましたが、今日は春のキッチン仕事。

うちは東京でも適度な田舎なので(笑)家のすぐそばに農産物直売所があるんです。
この辺りの農家の方が、朝一番で採れたて野菜を持ち込んで下さり、そこで販売しているんですよ。

ここの野菜を食べちゃうと、もうスーパーでは買えなくなります。新鮮なので香りとか甘さが違うのね。やっぱり採りたての野菜はおいしいなって思います。

さて、この時期のお楽しみはタケノコ。この市場では朝掘りのタケノコが売られているんです。
スーパーでは九州産などがちょっと前から並んでいたけど、この直売所ではつい先日から出始めました。地場物は今頃からなんですね。
タケノコって絶対に掘りたてのほうがおいしいです。えぐみが少ないし香りもいい。だから、やっぱり人気なんですよ。昨日は10時前くらいに行ったのにすでに完売 (:_;)

今日は市場オープンの8:50に行きましたよ。で、無事にGETできました。
e0271143_1623115.jpg

タケノコっておいしいんだけど、下ごしらえに時間がかかるるし、後片付けもけっこう大変。
1日家にいるときでないとなかなか調理できません。午前中かけて下茹でして、午後から煮物とタケノコご飯を作りました
3本って言っても、皮を剥くと中身って本当に小さくなっちゃうのよね。
今日も、あれれれ?って思うくらい小さくなっちゃった。

今回は、親戚の伯父宅に旬のたけのこご飯と煮物を送ってあげようと思いました。
伯母が1月に亡くなって、1人暮らしになった伯父です。男の人の一人暮らしって、なかなかたけのこ料理って食べる機会ないかなと思ってね。
クール宅急便なら、今日の夕方出せば、明日の午前中には届けてもらえるから便利です。

本当は、叔父の分とうちの分と作るつもりだったんだけど、タケノコが思いのほか小さかったのでわが家の分は、味見程度になっちゃいました(涙)・・・ということで、料理の写真なしです (-_-;)

ま、いいや。うちはまた作ればいいんだし。

お味見程度のタケノコでしたが今年の初物です。春の香りが口の中に広がりました。

たけのこ料理いろいろ
[PR]
by kiji_tora | 2014-04-13 16:37 | キッチン
2014年 03月 16日
味噌仕込み
先週になりますが、味噌を仕込みました。

まだパン教室に通っているころ、単発講座の「手作り味噌」で作り方を教わってから、わが家の恒例行事になっています。
最初に食べたときは、その味に感動したものでした。
何て言うのかな。本当に豆の香りと味が感じられる、昔ながらの味噌の味がするんです。
家庭で作るので、添加物も入らないし、塩分控えめにもできるのもいいですよね。味噌ってうちではほぼ毎日食べるものですので、安心なものを採りたいですから。

味噌づくりっていうと、何やら大変そうなイメージがあるみたいですけど、作り方は本当に簡単。

分量の麹と塩はあらかじめ合わせておきます。
e0271143_8251434.jpg


1晩水につけておいた大豆を茹でて潰します。
e0271143_8253258.jpg


麹に豆を潰したものを加え、よく混ぜ合わせます。しっかり空気を抜いて、容器に詰めやすくするため、ソフトボール大に丸めます。(これを味噌玉と言います)
e0271143_8263162.jpg


これを消毒した容器に投げ込んでいき、平らにならしてラップをかけ、蓋をしてそのまま寝かせます。
最初は真っ白だった味噌ですが、時間をかけてゆっくりゆっくり発酵していき、半年後にはおいしい味噌になるんです。

これだけ!簡単でしょ。
私は、圧力鍋にフードプロセッサーを使うので、本当に手間いらずです。

3か月くらいたったら、上下を混ぜ合わせ(天地かえし)、以後、1か月ごとに全体を混ぜながら寝かせます。
半年くらいすると、味噌として食べられるようになります。

半年後ってちょうど、新米の時期なんですよね。
ピカピカの新米と、出来立ての味噌をいただくのがその時期のお楽しみなんです。

さてさて、今年の味噌はどんなふうにできあがるかな。今から楽しみです。


あ、ひとつ失敗が・・・・・

いつもは大豆1キロ、麹1キロで仕込むんです。これで4キロ弱の味噌になるんですね。
少し知人におすそ分けして、毎日の味噌汁に使って、味噌漬けとか味噌炒めとか料理に使うと、1年ちょっとで食べきる量なんです。

が、今年は私が忙しくて、夫に材料を買ってもらったのが大きな間違いだった。
何と、半量の大豆500g 麹500gだけしか買ってなかった(;'∀')
これで作れないわけではないんですけど、やっぱりある程度の量を作ったほうがおいしいし、1年かけて食べるには足りないだろうなあ(涙)
[PR]
by kiji_tora | 2014-03-16 08:28 | キッチン
2014年 02月 25日
毎日のおべんとう
ここ数週間、すっかりお弁当をお休みしていました。
夫が出張やら外出やら、ランチミーティングなどで「お弁当不要」の日が続いていたんです。

昨日は久しぶりにお弁当作りました。
e0271143_7263818.jpg

海老の卵炒め、サーモンのムニエル、あんかけ肉団子、ほうれん草とマッシュルームのソテー、人参の煮物、ポテトサラダ 牡蠣ごはん

私は、お弁当には必ずその日の朝に炊いたご飯を詰めます。これだけは、祖母や母からのいいつけを守っております(笑)
炊き上がってから時間が経ったご飯ってやっぱり味が落ちるでしょう。冷めたご飯なら尚更なんですよね。
でもね、朝炊いたごはんなら冷めていてもおいしく頂けるんですよ。
牡蠣ご飯は、牡蠣の下処理が必要なので、いつもより15分早く起きなきゃならなかったです

最近の悩みはお弁当のおかずのマンネリ化。
肉や魚、たまごなどのおかずはまだいいんですけど、野菜がね・・・いつも同じようなものばかりになってしまう。
お弁当を作るなら、栄養のバランスもきちんと考えて、野菜もたくさん摂ってほしいと思うんだけど、お弁当の野菜料理って難しい。
生野菜は冷たくないとおいしくないでしょう。常温のサラダはイマイチいただけない。
おひたしなどの茹で野菜も、水っぽくなってお弁当にはあまり向かないし、夏は腐敗しやすいしね。
そうなると、煮物かきんぴらなどの炒め物になってしまうんですよね。

今はお弁当ブログも多くて、本当に参考になります。
やっぱりブログに載せられるくらいのお弁当って、盛り付けもきれいでどれもおいしそう。
メニューもすごく参考になりますしね。
こんなお弁当を毎日作ってくれる奥様をお持ちの旦那様は幸せだろうなあって思ってしまいます(笑)

私、自分でお弁当は作るけど、人が作ってくれたお弁当って食べる機会はないんですよね。
買ったものでなくて、お料理上手な人が作った手作りお弁当、食べたいなあ・・・・


それにしても、このスリム型のお弁当箱。
持ち運ぶにはコンパクトで便利なんだろうけど、おかずが詰めにくいったらありゃしない。
どうやってもきれいに盛り付けができないんですよね。個人的には楕円型のお弁当箱が好きなんだけど、まあこれは仕方ないね(-_-;)
[PR]
by kiji_tora | 2014-02-25 07:29 | キッチン