カテゴリ:★2014.1 ソウル( 5 )
2014年 03月 09日
2014年ソウル⑤ 汗蒸幕とふぐのプルコギ
2月16日

ランチにカンジャンケジャンを食べた後は、一度ホテルまで戻ります。
朝、出かける前に汗蒸幕(はんじゅんまく 韓国の伝統的なサウナ)を予約していて、ホテルまで送迎を頼んでおいたんです。

美容大国の韓国ですから、エステやスパはたくさんありますが、私はソウルにきたらやっぱり伝統的なサウナ&垢すりが好きなんです♪

数ある汗蒸幕ですが、私が譲れなかったのが「女性専用」 であることなんです。
女性専用じゃないところでも、お風呂場はもちろん別だし、そんなに気にすることはないかもしれない。
だけどね、ガウン1枚でいるところに男性がいるのはやっぱり嫌だよね。
自分がカップルとか家族連れで来ているならまだしも、女性同士の旅なんだから、変なところで気を使わなきゃならないなんて嫌だもの。

ということで、女性専用汗蒸幕を探し、決めたところは「漢南火汗蒸幕」
e0271143_1824389.jpg
こちらで頂いたショップカードです。
場所が場所だけに、さすがに館内の写真は撮れないので、コチラのHPでどうぞ
ソウルの情報サイト、コネストソウルナビにも載っていますし、予約もできます。

内容ですが

1.受付と支払い
私たちは、基本コースにオプションで全身+フェイシャルの経路マッサージをつけてもらいました。支払いは現金のみでしたが、円でも支払できます。
オプションは、よもぎ蒸しやうぶげ取り、指圧、経路マッサージ(リンパマッサージ)、アートメイク、カッピングなど種類は多かったです。日本語スタッフがいるので、言葉で困ることはありませんでした。
その後、着替えと洗顔

2.ゲルマニウム塩サウナ
岩塩が敷き詰められたサウナでしばし横になります。熱くなくて、温かくて気持ちいい〜って感じのサウナです。

3.汗蒸幕
ムシロを2枚渡されて(1枚は下に敷き、1枚は頭から被る)、汗蒸幕へ。最近では電気のサウナが増えているそうですが、ここは昔ながらの松の木を炊く方法です。
熱さで、汗が噴き出してきます(-_-;) 
3〜5分で一旦出て、水分補給。横になってクールダウンです。韓国ではサウナの後、水風呂に入ることはしないそうです。そして、もう1度サウナへ。3度くらいは入るようですが、私は2回で「もう結構です」(笑)

4.シャワーを浴びて、入浴

5.垢すり
当然ですが、素っ裸です(笑) それだけでもちょっと恥ずかしいのに、ええ〜!そんなところまで?ってところまで垢すりしてくれるんですよね。これだけは何回やっても恥ずかしいわ。

こちらの垢すりはとても丁寧で、力は強いんだけど痛いことはありませんでした。
私、皮膚が薄くて、垢すりで真っ赤になっちゃうことがあるんだけど、ここではそんなこともなかったです。
サウナで汗をかいて老廃物を出した後は、体のアカも落としてもらってサッパリ気分。

6.紫水晶サウナ
遠赤外線を放つ紫水晶は、体を温めながら、ストレス解消、精神安定などのヒーリング効果があるそうです

7.海藻パック、オイルマッサージ、シャンプー&リンス
パックはキュウリと海草から選べます。
オイルマッサージは垢すり後の保湿をしながら全身をもみほぐしてくれて気持ちいい〜。
最後のシャンプーとリンスもすごく丁寧でした。海外のシャンプー&リンスって、顎で髪がゴワゴワになることもあるんですが、こちらではそんなこともありませんでした。

ここまでが基本コース
これから、オプションの全身+顔の経路マッサージです。
お風呂をでて、浴衣みたいな館内義を着て、マッサージルームへ。

経路マッサージって、リンパマッサージだから、場所によってはすんごく痛いんだけど、効き目は抜群。
体がすっきりした感じがします。友人二人は初めてのリンパマッサージだったそうで、痛さに悶絶してましたが(笑)、終わったらみんなスッキリ。満足なマッサージでした。ついでに、みんな顔が一回り小さくなってましたよ。
このコースでだいたい3時間くらいかな。
丁寧な施術で大満足だったうえに、帰りがけにおみやげまでいただいちゃいました。
垢すりタオルと石鹸、そして辛ラーメン。夜、お腹が空いたらホテルで食べてねって割り箸までついてました。こういうサービスってすごく嬉しいですよね。
希望すれば、食事(ビビンバか冷麺)のサービスもあるそうですよ。

帰りは、ホテルでなく 釜山ポッチプというお店まで送ってもらいました。
忠武路にあるふぐ料理の専門店です。
フグは日本同様、韓国でも高級なものですが、こちらのお店は大衆的で安価にフグを楽しむことができるお店です。
メニューは辛くないふぐちり、唐辛子たっぷりの鍋、そしてプルコギのみです(多分)
ふぐの鍋は日本でも食べられるでしょう。だから、せっかくソウルにきたらこのプルコギを食べてみたかったの。
大雪の羽田空港でお話させていただいたソウル在住の方もお勧めしてくださいましたしね。
lこれがプルコギ
e0271143_22302491.jpg
ふぐの皮の和え物もついてきます。コラーゲンたっぷりでお肌プルプル〜になりそう♪
このプルコギ、ふぐのぶつ切りを甘辛いコチュジャンソースで煮て、たっぷりのセリを加えます。
そして、これをワサビ、醤油、酢で頂くんですが、淡白な白身のフグとコクのある甘辛いタレが実によく合って、すごくおいしいんです。わさび酢醤油につけると、実にあっさりといただけてお腹いっぱいでもどんどん食べれちゃう。
最後のお楽しみが、残ったタレで作ってくれる炒飯。
e0271143_2237831.jpg

見た目はイマイチだけど、フグの旨みがよーく出たタレで作った炒飯はもう絶品でした。お腹いっぱいなのに、おいしいからついつい食べちゃう。
これだけ食べて、ビール3本、マッコリボトル2本で、50000ウォン(約5000円弱)でした。安いでしょ〜♪
ちなみに、こちらのお店、明洞のお店みたいに日本語メニューはありません。片言の日本語を話す店員さんもいません。店員さんもお客さんも地元の方ばかりです。
日本語が通じるのは便利だけど、こういうローカルなお店も旅気分でいいですよね。
大満足の夕飯を頂いてホテルに戻ります。

が、ここに来るときは汗蒸幕から車で送ってもらったので、今いる場所がよくわからない。
ホテルからそんなに遠くないって言うのは地図でわかるんだけど、どうやって行くのかがわからないんです。お店に1人だけ英語を話すお姉さんがいたので、ホテルまでの道を尋ねました。
そしたらね・・・
お店を手伝っていた別な女の子(どうやらこの店の娘さんらしい)に、私たちをホテルまで連れていくように言ってくれたんです。
その子も、嫌な顔ひとつせずに、寒い中を私たちを送ってくれました。
17歳の高校生だそうです。ホテルの看板が見えるところまで送ってもらい、あとは大丈夫だからと少しばかりのチップを渡してさよならしました。

始めて行ったお店だし、そんなにお金を使ってきたわけでもないのに、こんな優しさがすごく嬉しかったです。
最近の韓国って、いろいろな反日行動が報道されていて、日本人って嫌われてるかも・・なんて思っていたけど、今回の旅行で出会った人たちはみんな親切で優しい人ばかりでしたね。
とても温かい気持ちで、ホテルに帰ることができました。

本当はお部屋で飲み治そうって言ってたんですが、一度横になった私は、満腹すぎてもう動くことができなくなっておりました〜(汗)
[PR]
by kiji_tora | 2014-03-09 22:54 | ★2014.1 ソウル
2014年 03月 02日
2014年ソウル④ カンジャンケジャンを食す
2月16日

午前中はお買い物三昧。
今日のランチは、私の強い希望でカンジャンケジャンにしました。

私、カンジャンケジャン大好きなんだけど、意外に知られていないみたいで、同行者も「何それ?」って感じでした。

午後からは予定を入れていたので、そんなに遠出もできず、明洞でカンジャンケジャンが食べられるお店を探し、「オダリチプ明洞本店」へ。
ここは、カンジャンケジャンの専門店ではなく、焼肉やチゲなど他の韓国料理も扱っているお店ですが、オーナーが釜山出身なので、海鮮には専門店並みのこだわりをお持ちなのだとか。
雑居ビルの2階で、お世辞にもきれいなお店とは言えませんが、お味はすごくおいしかったです。
専門店=よりおいしいって感じはありますが、決してそんなことはないのねって思いましたし、蟹が苦手な方、アレルギーのある方がいると、ケジャンもあきらめなくてはならないけど、ここなら各々が好きなものを食べられるのも嬉しいですよね。

カンジャンケジャン単品もあるのだけど、今回はコースにしてみました。
パンジャン(おかず)が5皿ほど出るほか
海鮮チヂミ
e0271143_12292983.jpg

チャプチェ
e0271143_12294199.jpg
味噌チゲ
e0271143_12303998.jpg

卵蒸し
e0271143_1231154.jpg
がつきます。
そしてメインは
e0271143_12313288.jpg

カンジャンケジャン〜♪蟹が新鮮なんでしょうね。まったく臭みもなく本当においしかったです。
3人でも食べきれないほどの量でした。

身は、そのままチューチューしゃぶっていただきます。カニの身がトロリと甘くてもう最高!
そして、お楽しみはご飯。蟹の味噌と内子を白いご飯に混ぜて、ちょっとタレをかけて、韓国海苔を加えてさらに混ぜ混ぜしてビビンバ風にいただきます。
これ、絶品ですよ。私たち、みんな無言になっちゃいましたもん。本当においしいものを食べるときって、言葉が出なくなるんですよね(笑)

今回は短い滞在だから、食べたいものは厳選しなきゃ。
参鶏湯、サムギョプサル、ビビンバなどは、まだ日本でも食べられるけど、生の蟹はなかなか食べられないからね。
友人たちは初カンジャンケジャンでしたが、とても喜んでもらえました。
このコースで1人30000ウォン。この日のレートだと3000円を切る値段でした。この内容でこのお値段なら十分満足です。

それにしても、韓国の食事って量が多いでしょう。お昼を食べすぎると、夕飯が食べられなくなるんですよね。
毎日、おいしく頂くためには、1日の食べる量の調整は絶対必要だなって思います。
とはいえ、やっぱりここに来たら、毎回「お腹いっぱい〜」にならないと、韓国に来た気がしないんですけどね(笑)
[PR]
by kiji_tora | 2014-03-02 12:09 | ★2014.1 ソウル
2014年 02月 28日
2014年2月 ソウル③ お粥で朝ごはん
2月16日 ソウル2日目

前日の大雪で、大幅に予定が狂ってしまった私たち。
ソウル滞在が半日短くなってしまいました。ということは、ソウルごはんが1回少なくなっちゃった〜(泣)

2日目の朝は、友人がどうしても行きたいと言っていた「小公粥家」に出かけてみました。
場所はソウル駅の近く、北倉洞(プッチャンドン)。プラザホテルの裏側になります。この辺りは、ソウルでも老舗のレストランが並ぶ通りだそうで、人気のグルメ通りなんだそうです。

お店はこちら
e0271143_19231576.jpg
e0271143_19232726.jpg

なんかね、この辺りも明洞もそうなんだけど、日本語の看板がとても多いのね。やっぱり日本人相手のお店が多いんでしょうか。というか、それだけ日本人が訪れているってことなんでしょうね。
もちろん日本語メニューもありました。

こちらのお店はお粥専門店だけあって、いろいろな種類のお粥がありました。
牡蠣、アワビ、ふかひれ、松の実、しいたけ、野菜、胡麻などなど・・・ 

そんな中で私たちが選んだのは「ウニのお粥」
中国や香港、シンガポールなどでもいろいろなお粥があるけど、うにのお粥って私は初めて見ました。
e0271143_19234328.jpg
さて、お味はどんなでしょう?
アワビのお粥はあっさりといただけますが、ウニのお粥って、ウニの香りが口の中にひろがってすっごく濃厚です。
なんかね、お粥のイメージが変わりそうな感じでした。味はすごく薄いので、お好みで醤をつけたり、塩味をつけていただきます。もやしや青菜を乗せると、食感がまた変わっておいしかったです。

とはいえ、私、ドロドロな食べ物がすごく苦手なので、お粥もあまり・・・・。なので、少し取り分けてもらうくらいで十分なんです。
なので、こちらを
e0271143_19235574.jpg
ウニの石焼ごはんです。石焼ビビンバみたいなものですね。
ウニの他にも、牡蠣がゴロゴロはいっていておいしかったです〜。ウニって焼いてもおいしいのね♪

私たちが行ったのは8:30頃でしたが、お店はほぼ満席。ほとんどが韓国の方のようでした。地元の人にも人気があるのね〜なんて思っていたら、その後入ってくるお客さんは日本人ばかり(笑) やっぱり有名店なんですね。どうやらリピーターの方が多いみたいでした。

こちらのお店、夜は海鮮しゃぶしゃぶが有名なんだそうです。次回は、それも食べてみたいなあ。

朝ごはんのあとは、ぶらぶらとロッテ免税店へ向かいます。
ロッテデパートは10:30開店だけど、免税店は9:30からです。韓国コスメ等のお買い物。
韓国コスメは路面店で買ってもいいんだけど、ここで買うと免税になるうえ、いろんな割引が使えるのでお得ですよ。

ロッテ免税店とデパートは売り場が繋がっているので、免税店で買い物したあとは、デパートであれこれ物色。お買い物は女子旅の楽しみのひとつだね♪
メインは地下の食品売り場。
ごま油、カルビのたれ、チャンジャ、ケジャン、海苔などいろいろお買い物。
ロッテデパートでは、頼むとホテルまで無料で荷物を届けてくれるので、買い物した後も重い荷物をもつこともなく手ぶらで行動できるのが嬉しいです。
もちろん食品は冷蔵で届けてもらい、ホテルでも冷蔵庫で預かってもらうようお願いしました。

温かなソウル
[PR]
by kiji_tora | 2014-02-28 20:40 | ★2014.1 ソウル
2014年 02月 23日
2014年2月 ソウル② ソウル 金浦空港へ
2月15日

チェックインがすみ、搭乗券を手にすることができました。
これで出発までラウンジで過ごそうと思っていたのですが、ここで問題が・・・・。

前日夜から飛行機が飛んでいないので、ラウンジは夜明かしした人で満席状態。
これ以上、誰も入れる余地がなく、入場制限をしているそうです。(゚Д゚;)
スタアラゴールドの私には、3000円のミールクーポンを支給して頂き、空港内のレストランで食事してくださいとのことでした。

ちょうどお昼前の時間だったし、出発階は相変わらず人でであふれている状態だったので、とりあえず出国し、制限区域内に入り、どこか座る場所を探すことにしました。

出国後のエリアにも通路に毛布が並び、夜明かしした人がたくさんいらっしゃいます。

私たちが出国したくらいから、少しづつ出発便にも動きが出てきました。
とはいえ、前夜から待っている便がいくつもあるのですから、11:30出発予定の私たちの便はまだまだ先の出発になるようです

運よく、BEER CLUB Verre Tokyoで席を確保。ここでビールを飲みながら搭乗を待つことにします。
羽田宴会の始まり〜♪
e0271143_22483840.jpg


それにしても、こちらのお店も人が多い。みんな行くところがないですから、どこか座るところを探しますよね。それに加えて、ミールクーポンを出す航空会社が多いようで、みんなクーポンが使えるお店に殺到することになります。
カウンターでビールを買うにも、酷いときには1時間近く列に並ばなくてはならないような状況でした。

我々、時折出発便の掲示板を見に行きますが、私たちの便はずーーーっと「出発時間未定」のまま。
12時前にお店に入ってから、何度見に行ったことでしょう。
ようやく出発時間が表示されたのは、15:30くらいでした。

表示された出発時間は16:00。すぐに表示されたゲートに向かいます。
e0271143_224979.jpg

はあ〜、長かった。でも、これでようやく出発できるかと思うと本当に嬉しかったです。

でもね、私たちなんてまだいいほうで、隣に座っていた男性グループは、0:20のバンコク行きに乗るはずだったのが、まさかの空港1泊。
予定では、バンコクに6:00過ぎに着き、そのままプーケットに飛ぶはずだったのが、実際にバンコク行きが飛んだのは私たちとほぼ同時刻。
バンコク到着時にはもうプーケット行の飛行機は終わっているので、もしかしたらバンコクの空港で1泊かもしれないって言ってたなあ。さすがに空港2泊はキツイよね。現地滞在も短くなるし、本当に大変です。

搭乗してからはすぐに出発。
3人バラバラの席でしたが、なぜか私の席は
両隣に人がおらず、3席独り占め状態。これってもしかしてプラチナ恩恵で、ブロックしてくれたってこと?
機内食はカルビごはん
e0271143_22504696.jpg
朝ごはん食べてから、何も食べていなかったのでお腹は空いていたんだけど、韓国ごはんを楽しみにしていたので、機内食は味見程度で終了。

ソウルについて、タクシーでホテルに向かいました。
滞在はソウルロイヤルホテル
明洞の中心にあるので、すごく便利なホテルです。

チェックイン後、すぐに明洞の街に出て焼肉屋さんへ。
本当はね、行きたい焼き肉屋さんは別なエリアにあったんです。
在ソウルの日本人の方にも、タクシーの運転手さんにも言われてたのが、「明洞の焼肉屋さんは観光客相手だから値段は高めだし、家賃が高いためほとんどがアメリカなどの輸入牛を使っていて、韓国の牛肉は食べられないよ」とのこと。
でも、とんだアクシデントで到着がすっかり遅くなったので、近場ですませることにしました。

久しぶりのユッケ
e0271143_2311735.jpg

骨付きカルビ
e0271143_2315364.jpg


予定とはちょっと違ったけど、お腹が空いていたのもあっておいしくいただきました。

私たちの長い1日がこれで終わりました。

でもでも、この日のうちにみんなでソウルに来れて本当によかった〜!
[PR]
by kiji_tora | 2014-02-23 23:06 | ★2014.1 ソウル
2014年 02月 23日
2014年2月 ソウル① 大雪の羽田から出発
ハワイの記録も途中ですが、まだ記憶が鮮明なうちに先週のソウル旅行も記しておきたいと思います。

2月15日 友人2名とソウルに出かけてきました。

この日の東京は、前日昼間から雪が降っていて、仕事も4時過ぎには帰宅命令がでるほどでした。
出発日の15日は、最寄駅から早朝のリムジンバスを予約していたんですが、夕方、バス会社から自宅に連絡が入り、「リムジンバスは運休になる可能性がある」とのことでした。

どうなるんだろう、大丈夫かな??と心配していましたが、主人が「それじゃ、空港まで車で送ってあげるよ」と言ってくれました。
雪国出身の人ですから、雪道の運転も慣れているし、スタッドレスタイヤだし早目に出ればなんとかなるかななんて思ってたんですよね・・・。

甘かった

4時すぎくらいに家を出ようと思ったら、車が雪に埋もれていました(大汗)。それだけでなく、駐車場に雪が降り積もっているため、道路に出るまでの広範囲を雪かきしなければ車を出すことができない状態。
前日夜にはまだ積もっていなかったんですけどね・・・

駅まで行ってみたけど、やっぱりリムジンバスは運休決定でした。
仕方ないので、羽田まで始発電車で移動することに・・・

飛行機は8:55分発だから、普通ならそんなに早く出なくてもいいのですが、この天気ですから交通もマヒしていることでしょう。遅れがあってもいいように、早め早めの行動です。

が、まず京王線の始発がなかなかこない。駅の構内放送がマメに流れて状況を知らせてくれたのがありがたかったです。
約30分遅れで始発電車が到着、大幅に遅れていながらも、ちゃんと動いてくれて助かりました。
が、電車の中でスマホで運行状況を見てみると、山手線、中央線、京急が止まっている!
新宿から先が動けない。どうしよう・・・・
特に、山手線は倒木で止まっているから、復旧には時間がかかりそうな感じ。
航空会社のHPでは、出発便は「通常通り運行予定」になっているから、なんとかして行かなきゃならない。

いろいろ考えましたが、東京モノレールは動いているようだったので、新宿から都営地下鉄大江戸線で大門まで行き、そこからモノレールという移動方法を選びました。
結果としてこれが正解。多少の遅れはあったものの、地下鉄はほぼ通常運行でしたし、モノレールも雪に負けずに動いていたので、7:00前には羽田空港に着くことができました。

この羽田までの時間が本当に精神的に疲れました。
ちゃんとつけるのか・・・ずっとドキドキでしたが、始発に乗ったのにこれで着けなかったらもう仕方ないって開き直りもありましたね。
無事に羽田到着し、友人とも合流できました。

羽田の状況はすごかった。
前日夜の飛行機もまだ出発できていない。
羽田に着く飛行機も大雪で着陸できないので、大阪や中部空港に着陸なんていう表示が掲示板に並んでいる。
この便に乗る予定だった人はどうするんだろうね・・・

とにかく、空港がクローズされ空港機能がストップしている状態なので、離発着はもちろんチェックイン手続きもできないのです。
カウンターには空港職員もいないので、状況の確認もできません。時折、欠航のお知らせ放送が流れるくらいです。

出発ロビーは人が溢れ、ベンチは座る場所もないし、毛布を敷いて床で寝ている人も多い。どこかお店に入って朝ごはんを食べようにも、どこのお店も満席で、入口には入店待ちの長い列ができている。
飛行機が飛んでいないんだから、お客さんも長居になる。列に並んでもいつお店に入れるか見当がつかなかったです。

仕方ないので、8:00開店のお寿司屋さんに開店前から並んで、入ることができました。
1時間ほど食事をしても、状況は変わらずです。
座る場所もないので、到着ロビーに移動し、椅子を見つけてそこで待機。ソウルのガイドブックを見て、あちらでどこに行くか、何を食べるかなんて作戦会議を開きながら待ちました。

が、10:00頃、無情にも私たちの乗るNH1161便の欠航のアナウンスが流れました(・_・;)
10:30から振替の手続きをするとのことでしが、ソウル便以外にも上海、台北行も欠航になったので、カウンター前には600名ほどが押し寄せるというすごい状況になってました。

でもね、去年修行してスターアライアンスゴールドを取っておいてよかったです。
ビジネスクラスのカウンターで手続きしてもらえるので、待ち時間も短くて無事に次の11:30出発の便に振替てもらうことができました。
3人並びの席は取れないと言われたけど、今日中にみんな一緒にソウルに到着できるなら文句は言いません。
エコノミーの列に並んでいたら、手続きができるまでどれだけ時間がかかったのかわかりません。振替便も夜便とか翌日の便になったかもしれませんよね。

とりあえずこの時点でチェックインが済み、搭乗券を手にしてすこしホッとしました。
でも、出発時間は相変わらず未定でしたけど。


長くなるので続きます
[PR]
by kiji_tora | 2014-02-23 23:05 | ★2014.1 ソウル