2016年 03月 21日
2016.3 八ヶ岳へ② サントリー工場見学
2016.3.6

山梨銘醸の酒蔵見学を終えた後、タクシーで一目散に向かったのがサントリー白州工場でした。
酒蔵見学を終えたのが12:00で、サントリー白州工場見学が12:30に予約を入れていたのでバタバタと移動でした。

サントリーの工場見学はWeb予約になりますが、ウィスキー工場は定員25名。(有料1000円)
予約が遅かったため、私たちはこの時間しか予約ができませんでした。希望する方はお早めに。

サントリー白州工場は、自然豊かな森に囲まれたところにありました。
e0271143_16174880.jpg
まずはウィスキー工場の見学です。

原材料のホップのお話や、製法などのお話を聞きながら、実際にウィスキーが作られている工場内を見学します。
醸造所の中は、ウィスキーの香りが強く、お酒好きな私でも「うわ〜」って思うほど。お酒に弱い人はそれだけで酔っちゃうんじゃないかしら??
e0271143_16174887.jpg
e0271143_16174876.jpg
e0271143_16174841.jpg
e0271143_16174877.jpg
当然ですが、日本酒とはまた違った設備や製法で、興味深く見学させていただきました。

40分程度の見学の後は、お楽しみの試飲タイム♪
e0271143_16174863.jpg
お話を伺いながら、非売品の蔵出し原酒2種類をテイスティングさせていただきました。
同じ工場で作っていても、樽によって少しづつ味や風味が違います。ブレンダーさんがうまく調合させて製品として出荷されるんですって。
原酒はもちろん強いですので、それに少しお水を加えるのですが、常温の仕込み水 いわゆるMother Waterと呼ばれるものを入れるのが一番おいしいウィスキーの飲み方だというのを以前聞いたことがあります。白州の仕込み水は「南アルプスの天然水」ですから、今回、初めてそれを体験させていただきました。

私、ウィスキーはずっとストレートで飲んでましたけど、少しお水を加えると優しくなるんですよね〜♪
薫りはそのままに、何とも優しい舌触りでおいしくいただきました。
e0271143_16174849.jpg
で、CMでも見かけますが、白州で作るハイボールです。おいしいハイボールの作り方もレクチャー頂きましたよ。
白州ってサラリと軽めのウィスキーですので、ハイボールに合うんですよね。とてもおいしかったです。

今年は私たち夫婦の結婚25周年だし、白州25年を買って帰ろうかと思いましたが、125,000円というお値段をみてやめました(笑)
でも、飲んでみたいなあ(笑)
お客さんの中には、1年間毎月お金を貯めて、買いに来られる方もいらっしゃるんだそうです。素敵ですね。

ウィスキー工場の見学の後は、レストランで軽い昼食を取り(もちろんハイボールも♪)、次は南アルプスの天然水の工場見学へ(こちらは無料)
e0271143_16174814.jpg
工場へは、こちらの電気バスで向かいます。サントリーの森に生息している鳥たちが描かれています。

e0271143_16174815.jpg
こちらもガイドツアーですが、ほとんどがビデオや画像を見ながらの説明です。
ボトル詰めの行程だけは実際の製造ラインを見ることができるのですが、写真撮影は不可でした。

見学後の試飲は、アルプスの水天然水と、フレーバーウォーターのヨーグリーナと朝積みオレンジ、スパークリングレモンをお試しさせていただきました。

今回はまだ気温も低かったし、時間もなかったので無理でしたが、また来ることができたら、野鳥の森も散策してみたいなと思いました。





[PR]
by kiji_tora | 2016-03-21 17:11 | 国内旅行
<< 2016.3 八ヶ岳へ③ リゾ... 2016.3 八ヶ岳へ① 酒蔵... >>