2015年 08月 31日
2016年の権利をレンタルに出す
これはMarriott Vacation Clubのタイムシェアに関する記事になります。
タイムシェアに関心のない方には「なんのこっちゃ?」な内容になりますがご容赦ください

8月も終わりますね。
タイムシェアを所有していると、もう来年の夏休みの予約を入れる時期になります。
特にお盆週は争奪戦になるので、もう今じゃ遅いかも・・って感じになります。1年先の予定なんてまだまだわからないんですけど、この時期はとりあえず予約を入れておくっていうのがタイムシェアオーナーのお約束になりますね。

でも、わが家では来年の夏は渡ハの予定はないので、来年の権利はレンタルに出すことにしました。
WEBでタイムシェアレンタルの某掲示板に掲載させていただき、レンターさんを募集するのです。

最初は週権利、つまり2BR7泊で募集を開始しました。何件かの問い合わせはあったのですが、成約までにはいきませんでした。
宿泊数が7泊と決められているので、例え6泊であっても7泊分の費用を支払うことになる。チェックイン曜日が決められているなど、いくつかの制約があるのでうまく条件が合わなかったようです。

その後、私自身が考えるところがあり、一度レンタル募集をを取り下げ、週権利をDestinationのポイントにして、再掲載しました。
ポイントにすると1泊から予約できるようになるし、チェックインもいつでもできるようになります。

すると、ビックリ!!本当にビックリ!
1日に何軒もの問い合わせメールが届き、あっという間に手持ちポイントのレンタルが決まってしまいました。

圧倒的に多かったのは、1BR3泊のリクエストでした。チェックイン日は週末より、月曜とか水曜とかが多かったように記憶しています。

ポイントにすると、週権利に比べると若干費用的には高めになるので、私も週権利よりは少し高めの値段設定で出させていただきました。
それでもディスカウントの依頼もなく、こちらの提示した金額そのままで決まりました。

思うに、やっぱり日本人ってそんなに長い休暇は取りにくいですよね。
ハワイ7泊というと、9日間の休暇を取ることになります。なかなかそこまでは・・・いう人が多いんじゃないかしら。
レントしていただいた方では、コオリナ3泊+ワイキキ1、2泊の予定というのが圧倒的に多かったです。
やっぱりハワイに4,5泊で6、7日のお休みが日本人のライフスタイルには合っているだと思うし、コオリナだけでなく数泊はワイキキにも泊まりたいって方が多いんだなと思いました。まあ、私でもそう思いますからね。

今回、現地の方に伺いましたが、今、ハワイではホテルの廃業が増えているんだそうです。
それは、ハワイのリピーターたちがホテルに泊まらずに、コンドミニアムを使うようになったからだそうです。確かに滞在型の旅行では、キッチンやリビングがついたコンドミニアムのほうが快適に過ごせるし、お値段もお手頃ですものね。
ホテルの収益が大幅に落ち込んできたために、リゾートフィーなる課金制度ができたのだそうです。

これからカポレイまでモノレールが通ると、人の流れも変わってくるでしょう。
ホテルやコンドミニアムもいろいろ変わってくるかもしれませんね。ハワイがどのように変わるのか、楽しみでもあり、ちょっと心配でもあり・・・



[PR]
by kiji_tora | 2015-08-31 08:40 | 海外旅行
<< 2015.8 ハワイで夏休み⑤... 2015.8 ハワイで夏休み④... >>