2015年 07月 03日
2014.10 初WDW30 シルク・ド・ソレイユ 「ラ・ヌーバ」
2014年10月29日 WDW4日目③

マジックキングダムを早目に出たのは、シルク・ド・ソレイユのラ・ヌーバを見に行くためでした。
e0271143_11561986.jpg
DVCでは、こちらのチケットを割引価格で買うことができます。
割引条件は時期によって違いますが、だいたい公演の30日前くらいに全席割引価格がでてくるようです。最初にチェックしたときは、希望の席は割引対象外だったけど、30日前くらいから、全カテゴリーで割引になっていました。
座席表
e0271143_11561804.jpg
私たちはカテゴリー1の★印のところにしました。

メンバーサービスに電話で頼むこともできるのですが、座席の指定ができないし、e-チケットに対応していないので、チケットは郵送になる。
送料が25ドルかかるということなので、それじゃ割引の恩恵がないですよね。なのでweb予約にしました。
web予約だとどの席が空いているのかはわかりますが、座席番号の指定はできません。
指定された座席番号が気に入らなければ、決済前に1度予約処理をキャンセルし、再び予約処理をすると、また別な席が表示されてきます。希望の席が出たら決済すればよろしいかと。

予約が完了すると、e-チケットが送られてきます。
e0271143_11561970.jpg
これはそのままチケットとして使えますので、ウィルコールでチケット引き換えの手間はありませんでした。

さて、当日。
シルク・ド・ソレイユの「ラ・ヌーバ」の会場、ダウンタウンディズニーに向かいます。

ダウンタウンディズニーはWDW内にあるショップやレストランが集まった商業施設ですが、パークから直接バスが出ていません。
どこかのリゾートまで移動し、そこからバスということになるのです。

私たちは、マジックキングダムからコンテンポラリーリゾートまで歩くことにしました。
モノレールで1駅なのですが、コンテンポラリーリゾートのホームって建物の5階になるんですね。モノレール乗り場まで歩き、モノレールが来る時間を待って乗って、降りた後1階のエントランスまで歩くことを考えると、パークから歩いちゃったほうが早いんです。
それだけ、コンテンポラリーって便利な場所なんですよね。

バス停まで歩き、ここからダウンタウンディズニー行きのバスを待ちます。

が、大誤算・・・・バスがまったくこない!!

ここでは6〜15分間隔で運行みたいな感じなので、バスの時刻表なんてどこにもありません。バスがいつ来るのか、さっぱりわからず。
待っても15分くらいだろうと思ってましたが、30分近く待っても来ない・・・(;´Д`)
ヤバいです・・時間に余裕をもって動いているつもりが、こんなところで時間がギリギリ、いや危なくなってきました。

散々待たされて、ようやく来たバスでダウンタウンディズニーへ向かいます。

ここからがまた大変。
シアターはダウンタウンディズニーの一番奥なので、巨大なエリアを端から端まで移動しなければなりません。
この時点ですでに開園時間30分を切っていました。
チケットには、30分前に入場することって書いてある。この時間を過ぎるとNO SHOWとしてみなされ、チケットは他の人に販売されちゃうらしい。
結局、会場に着いたのは、開演15分前(-_-;) 席があってよかった・・・

以下は、あくまで私の感想、意見です。この作品の批判ではないことをご了承下さい。

ラ・ヌーバはディズニーが、シルクと専属契約を結んだプログラムなので、ここでなければ見ることができないプログラムです。
日本に来る演目と違って、常設会場ですから、きっと舞台装置もすごいんだろうなって思って、すごく期待していました。
でもね、同じ常設会場でも「O」とか「KA」とは違ったかな。スケールが大きいというより、こじんまりとした感じでしたね。
これは会場の大きさなどの問題もあるかもしれないけど。ラスベガスの公演などと比較すると全体的におとなしめというか、ちょっと迫力にはかける気がしました。
ただ、ラスベガスは大人の街だから、作品も大人が楽しめるように作ってあるんだと思います。
オーランドでは場所柄、子供向けにサーカス的要素に重点をおいたショーにしているのかもですね。





[PR]
by kiji_tora | 2015-07-03 12:03 | ★2014.10 オーランド
<< ようやく復活・・・の兆し? 2014.10 初WDW29 ... >>