2015年 03月 09日
マリオットプログラム改正
先週末に、マリオットから「プログラム改正」のメールが届きました。
英語のHPには、少し前からこの改正が出ていましたが、今回はちゃんと日本語でのお知らせも届きましたね(笑)

2016年2月1日より、リワードポイント有効期限が設定され、過去24ヶ月以内に実績がない場合はポイントは失効になるそうです。

今まで、タイムシェアやAPポイントを使わなければ、とりあえずリワードポイントに変えておこうってできたけど、今度はリワードポイントの使い方も考えなきゃならないですね。
リワードポイントって意識しては貯めていないし、使う頻度もそう高くはないんだけど、あると便利ですよね。
パリに行ったとき、ホテルの値段がもともと高い上に急激なユーロ高でどうしよう・・って思っていたときに、リワードでシャンゼリゼのマリオットパリに泊まれたのはとてもありがたかったし(1泊10万円超えのホテルなんて自腹じゃ泊まれないもん)、シンガポールや上海、香港など数泊の宿泊には便利に利用させてもらってます。
日本ではあまり使えるところが少ないけど、さすがマリオット。世界的に見ればあちこちで使えるんですよね。
東京ではマリオット系列のホテルも増えてきているので、今後は日本でももっと使い勝手もよくなるでしょう。

また、マリオットアジアパシフィックもプログラムに変更がありました。
正式発表はこれからなので、詳細がはっきりしないため、ここで詳しい説明はしませんが、うちには使いやすくなるかなって感じはあります。

以前からそうだったけど、アジアパシフィックのポイントって多くのポイントを保有していれば使い勝手がいいんだけど、わが家みたいな弱小ホルダーにとっては、とても使い勝手が悪かったのね。
今度の改正で、買い増しする人も増えるんじゃないかな〜なんてちょっと思ったりもします。リセールではものすごく安い金額で取引されているので、これを機にリセールで購入っていうのもいいかもね。(うちはこれ以上は使いきれないので、買うつもりはありませんけど)
Week制のタイムシェアと違って不動産権が付いてこないから、年間管理費が安いですし、名義変更が面倒でないのが魅力です。

タイムシェアも時代と共にニーズが変わってくるでしょう。また、家庭事情からライフスタイルも変わってくることもあるでしょう。
ご縁があって購入を決めたタイムシェアですから、その時々の状況に応じてうまく使っていけばいいなと思います





[PR]
by kiji_tora | 2015-03-09 10:23 | 海外旅行
<< 第48回 RSP in お台場... 2014.10 初WDW21 ... >>