2015年 02月 23日
2015.1 ソウル1泊2日③ ハルヨンガ@東大門
1泊2日の韓国旅行。1度しかないディナータイムはやっぱりお肉でしょう。

マリオットのコンシェルジェの女性スタッフがいくつかお勧めしてくれたお店の中で、「ハルヨンガ」というお店を選びました。

「この辺りには高級なお店がないんです。タクシーで15分くらいかかります。この辺りにはカジュアルなお店しかなくてすみません。」と謝る女性スタッフでしたが、安くておいしければ、それが一番♪
「私たちスタッフも行くお店なんです」と言ってましたけど、それならなおさら安心して行けそうね。

ハルヨンガは、済州島の黒豚がおいしいお店なんだそうです。頂いた地図を持って出発〜
お店は東大門駅8番出口から5分もくらいのわかりやすい場所にありました。

お店の写真は撮っていませんが、カジュアルな食堂って感じです。

定番の牛カルビと、看板メニューのチェジュ島の黒豚を1人前づつ。
メニューには日本語も添えられているので、安心してオーダーできますね

マッコリでかんぱーい
e0271143_19391408.jpg


焼肉のタレとサンチュ他
e0271143_19384605.jpg
玉ネギスライスと一緒に焼肉を食べるのって私は初めてでしたけど、韓国では一般的なんだそう。これが実にさっぱりとしていて、本当においしかったの。
何度も玉ねぎお代わりしちゃいました。
奥にある、小さなカップは黒豚用のタレ。焼き網の上に乗せて、温めてから豚肉につけます。これ、魚ダシのタレなんです。
済州島では、豚にはこのタレをつけて食べるんだそう。確かによく合うと思うけど、主人も私も塩だけのほうがいいよね~って思いました。

サンチュと一緒に青唐辛子があります。これは辛くない唐辛子だけど、主人が激辛の唐辛子が食べてみたいといい出し、そちらも出して貰いました。
ハサミで小さく切って、お肉と一緒に食べるんですって。辛いもの好きな私たちには、これもなかなかいけました。

まずは、牛カルビから。
e0271143_19385112.jpg
韓国焼肉って、タレに漬けてあるお肉を焼くイメージだったけど、こちらは味付けなしで塩で頂きます。
肉の甘さが引き立って、良いお肉ならこれが一番おいしいなあって思いました。

続いて済州島の黒豚。ロースの塊を、焼きながらハサミで切り分けてくれます。
e0271143_19390259.jpg
e0271143_19403605.jpg
私、実は豚肉が苦手。豚特有のにおいがダメなんです。が、この黒豚、さすがに有名なだけあって、本当においしかったです。ニオイは全然気にならない。

豚肉といえば、やっぱりバラのサムギョプサルでしょ・・なんて思っていたけど、やっぱりロースはおいしいんですね(笑)

お昼ごはんがっつり→ラウンジで0次会でお腹もそんなに空いてなかったはずだし、私、豚肉苦手なはずなのに、あまりのおいしさに黒豚1人前追加しちゃいましたよ

またね、こちらのサービスがとても良かったんです。
日本語を話す男性スタッフが、いろいろ気を使ってくれて、本当にいい時間を過ごせました。
「飲んでみてください」って、韓国の焼酎の小さなボトルまでサービスしてもらっちゃった。
韓国にはチップの習慣はないんだけど、あまりに気持ちの良いおもてなしだったので、無理やりチップを渡してきちゃったほどです(笑)

また、普段はお店に出てないんだけど、この日はたまたま手伝いに来ていたオーナーの妹さんが、何と日本語の先生だそうで、いろいろお話させてもらいました。

今まで何度もソウルには来ているんだけど、こんなにステキなお店に来れたのは初めてかも。

これだけ大満足でいただいたのに、お会計はランチより安かった(笑)

ガイドブックや情報サイトには載っていないせいか、日本人のお客さんはとっても少ないそう。やっぱり中国人のほうが多いって言ってました。

こちらはソウルではリピしたいお店になりました。




[PR]
by kiji_tora | 2015-02-23 19:46 | ★2015.1 ソウル
<< 2015.1 ソウル1泊2日④... 2015.1 ソウル1泊2日 ... >>