2014年 10月 10日
蕎麦湯
私、ブログなどで愚痴を言ったり、文句を言ったりしたくありません。
言っても仕方のないことだし、読まれる方もいい感じはしないでしょう・・って思うから。

でも、今回はちょっと愚痴めいた話題になってしまいそうです。

私、実はかなりの蕎麦好き♪
外で一人ランチをする場合、かなりの確率でお蕎麦屋さんに行ってます(おやぢ入ってますかね 汗)

私の中では「かけそば」ってまったくありえなくて、夏でも冬でも「ざる」か「もり」の冷たい蕎麦派です。
これは親の影響が多分にあるんだと思いますけど。

お蕎麦をいただいたあとのお楽しみが蕎麦湯ですよね。 
残った蕎麦つゆに蕎麦湯を入れて、私は薬味と唐辛子をいれていただくのが好きなんです。
これ自体がおいしいというより、なんとなくホッとするっていうか、お蕎麦のシメみたいな感じかな。

で、小さいころからお蕎麦屋さんには親に連れられて行っていますが、蕎麦湯ってお蕎麦を食べ終わる直前に出てくるものでしょう。それがお約束だと思ってました。
だから、熱々の蕎麦湯をいただけるんですよね。

でもね、先日ショックなことが・・・
この写真、お蕎麦に一箸つけたところで、蕎麦湯が出てきたんです。
e0271143_19414287.jpg


ええええっ~ ありえないんですけど。(で、思わず写真を撮ってしまった)
当然、食事が終わるまでそのまま置いておかれるわけですから、蕎麦湯を飲むときには冷めちゃってぬるくなってるわけです。
このお店、かなりの有名店なんですけど。
なんだかショック・・・がっかりでした。
店員はアルバイトの茶髪女子で、まったく愛想がないだけでなく、態度は悪いし、飲食業にはありえない長い真っ赤な爪だったんだな~。きっと、社員教育もできていないんだろう。だから蕎麦湯の出し方も教えていないのかもしれない。
もうこのお店には来ないぞって思いましたよ。

でもね、なんとこの後にも別のお店で同じことが2度ほど続いて、ますますショック。
もしかして、蕎麦湯っていつ出てきてもいいものなの???

でも、うちの近所のお蕎麦屋さんは、店主さんがいつも気を配ってくれて絶妙なタイミングで出してくれるんだよね。

ずっとそういうものだと思っていたから、蕎麦と一緒に出されてぬるくなってしまった蕎麦湯があまりに残念でした。

そうそう、一度やってみたいのが蕎麦屋呑み。
お蕎麦屋さんで、にしん煮とか板わさとか玉子焼きを肴に日本酒を呑み、お蕎麦でしめる飲み会やってみたいなあっていつも思うんですけど、さすがに女子会じゃ無理かなあ。渋すぎるよね(・_・;)
きっと付き合ってくれるのって、父親くらいだろうなあ(笑)
[PR]
by kiji_tora | 2014-10-10 19:23 | くらし
<< ひとりの週末 おらが丼@鴨川 >>