2014年 09月 25日
爺バカ!
初WDWまで1か月になりました。

今回の旅行は、私たち夫婦のほか、京都の大学に通う姪っ子を誘いました。
もし、学校が休めるなら、宿泊はDVCのヴィラなので人数が増えても追加料金はないし、パーク代と食費くらいはうちで出してあげる。
飛行機代だけ出してくれるなら連れていくよ〜と誘ってみました。

3年生の今ごろは、比較的暇な時期で1週間なら休んでも問題ないそう。
本人も行く気満々でしたが、ママから「ちょっと待った」がかかります。
大学の授業料、仕送り等で4年間お金がたくさんかかっている。その上、遊びに行く費用までは出せない。

どうしても行きたいんなら、自分でバイトしてお金を貯めてから行きなさい

まあ、ママの気持ちもわからなくはないけどね。
バイト代が貯まるまで待ってたら、チケット買えません(笑)
とりあえず、私が立て替えて航空券を買っておいて、10月までに返してもらえばいいからってことにしました。
で、姪っ子はバイトにいそしむわけですが、大学生のバイトです。
20万ってやっぱりなかなかたまらないわけですよ。

で、その話を聞きつけた我が父、爺が登場!

「20万はおじいちゃんが貸してあげよう」笑)

本当は全額出してあげるつもりなんだろうけど、ママの手前、一応「貸す」ということにしておかないとね。

で、爺の甘さはさらに炸裂

「オーランドなんて遠くまで行くのに、ビジネスクラスじゃなくていいのか。
疲れるだろう。ビジネスクラス、だしてやるぞ
って真顔で言い出す。

爺よ、娘である私のビジネスクラスは出してやるなんて一言も言わないのにね。

さすがにこれはパパ(私の弟)が丁重に断ってました。

本当は、私たち夫婦はビジネスで手配しているんだけど、そんなこと言ったら絶対に爺はビジネスクラス買っちゃいそうだから、これは内緒。
そりゃ、教育上よくないだろう。まだ二十歳そこそこなんだから、エコノミーで十分・・・・と私は思う。

爺、孫がアメリカに行くのがそんなに嬉しいのか、知り合いに会うごとに「〇〇(姪っ子)がアメリカに行くんだってよ」と言いふらしている。
まるで自分が初めてアメリカに行くかのような喜びよう・・・不思議だ!

そして、飛行機代は無事に爺からいただくことができました。
嬉しいことに、プラスアルファのお小遣いつき♪

円安が進んでるから、お小遣いもらうと助かるわ。食費の足しにしよう・・って思っていたら、爺からメールが

「〇〇(姪っ子)が、シルク・ド・ソレイユを観たいって言っているから、連れて行ってやって下さい。
お金が足りないなら出してあげるから、お願いします」
って

爺よ。どこまで孫には甘いんだ!

さすがに、私もいい年して、これ以上年金生活者の親にお金をもらうってわけにも行かないからね。
で、手配しましたよ。

CIRQUE DE SOLEIL
LA NOUBA


e0271143_2314123.jpg


本当は、シルク好きな私も見たかったし、姪っ子にも見せてあげたかったんだけど、WDWって思う以上にお金がかかるから、今回は我慢かな〜って思ってたんだ。
孫に甘い爺のおかげで、見ることになって、まあよかったわ。

うち、子供がいない夫婦の世帯でしょう。旅行もいつも夫婦だけなのね。
今回は姪っ子を連れていくってことで、私にとっては疑似家族旅行みたいな感じなんです。
荷造りのこととか、あれこれ世話を焼きたくなる(笑)。でも、うるさいオバサンと思われても嫌なので、我慢ガマン。

もちろん夫婦だけの旅も楽しいよ。でも、それとはまた違った楽しみがありそうですね。
[PR]
by kiji_tora | 2014-09-25 08:14 | くらし
<< iPhone6がやってきた 第46回 RSP in お台場... >>