2014年 07月 27日
給湯器交換
梅雨明けしてから、毎日暑いですね〜。
お休みだというのに、外に出かけたくありません><

さて、わが家の給湯器、春の連休前から調子が悪くなりました。
お湯は問題なく出るのですが、お風呂の追い炊きができなくなったんです。

まあ、この時期ですから、お風呂を沸かす頻度はググッと減り、シャワーな毎日でしたので不便なことはなかったんですけど、いつかは修理しなきゃならない。
業者に連絡し、一度見に来ていただきました。

が、思いかけない回答が・・・

給湯器を交換するには、ベランダにある給湯器からリビングの天井を通して廊下-風呂場へ配管が必要。その工事には3日かかる

えー、丸々3日ですか?
土曜日はいいにしても、日曜日は工事がお休みと言うことで、土曜日のほかに平日2日必要ってことなんです。

ちょうど、私は仕事を始めたばかりで休みが取りづらいし、夫はとにかく忙しくて平日休みは絶対無理。
週末もあれこれ予定が入っていたりして、業者さんとの調整がうまくいかず、結局7月20日からとなりました。
でも、やっぱり3日かかるのはかなりきつい(休みをとるのが)ため、なんとか2日で終わらせてもらうようお願いしました。
で、人数を増やして2日で終わるようにしてみるけど、最悪、終わらない場合はどこかでもう1日お願いすると言うことで工事スタート

朝8時半に職人さん3名がいらっしゃいました。給湯器を交換し、配管するのは配管屋さん、リビングの天井に穴をあける+元通りに塞ぐのは大工さん、そして壁紙の補修をするのはクロス屋さん。
なんだか本当に大変な工事なんですね。
リビングに3つの穴が・・
e0271143_11341146.jpg

e0271143_11364158.jpg

床は、養生のためビニールシートがしかれました。
そして、お風呂場に配管を通し・・
e0271143_11373136.jpg


何とか2日で終わらせてくださいました。ヨカッタヨカッタ・・・

でもね、工事の2日間は、35℃を超える猛暑だったでしょ。
特にうちの部屋ってものすっごく暑いんです。
うちのマンション、角地に建っているので日当りがすごくいい。特にリビングの日当りは最高なんです。で、わが家はマンションの最上階・・・
こうやって聞くとちょっとよさそうな気がしますが、夏は地獄です。
屋上の熱がそのままうちの部屋に伝わってきますからね。今朝なんて朝の8時で、温度計は34℃超えてました。温まったコンクリートの熱は冷めにくく、夜になっても室温は高いままです。
住んでみなきゃわからなったことです。1階下に降りると、本当に涼しく感じますもの。
もし今後住み替えることがあるなら、最上階は避けたいなあ。

そんな環境で、ベランダでの給湯器の取り外し、取り付け作業は大変だったと思います。
室内で作業している人がいるから、エアコンは止められない。でも、給湯器のあるベランダは直射日光で気温が高いうえにエアコンの室外機が熱風を出している・・・
もちろん作業する人が一番大変なんだけど、こちらも熱中症にならないかもう心配でね。
冷たいおしぼりやお水、お茶は常に用意してました。

で、工事って朝8:30〜17:00まで丸2日かかったわけです。
その間ってもちろん外出するわけにもいかないし、リビングにいることもできないし、自分の家なのに身の置き場がないって言うか、どうしていいかわからない。
「何かあったら、声かけて下さいね」と寝室に引きこもりましたが、寝室でできることって限られてるのね。かといって、昼寝もできないし・・・
何とも落ち着かない2日間でした。

工事は無事に終了ましたよ♪
でも、この暑さですから追い炊きを試す・・というか、お風呂を入れる気にならないですよね。
お風呂に入ったら余計に汗を書きそうだし、翌日に追い炊きを試してみようって、この気温では残り湯に細菌が大発生するんじゃないかなんて思っちゃいます。

工事のお兄さんからは、「追い炊き試してみて、気になることがあったら連絡してください」って言われてるんだけど、果たして追い炊きを試すことができるのはいつになるのでしょうか?(笑)
[PR]
by kiji_tora | 2014-07-27 12:01 | くらし
<< 中華でランチ@銀座 芳園 2014年6月 梅雨明けの石垣島へ② >>