2014年 07月 02日
国内線乗継ぎ
去年のANA修行では、国内線の乗り継ぎってあんまりなかった。
S’poreタッチの時に、羽田ー沖縄那覇ー成田と乗り継いだ時くらいなもので、あとは、沖縄那覇でそのまま羽田に逆戻りのパターンだけだった。
だから、あんまり乗り継ぎ時間って気にしていなかったんだけど、今回のように沖縄で石垣行に乗り継ぎがあると、「さて、どれくらいの時間を取っておいたらいいんだろう」って考えちゃった。

航空会社のHPによると、国内線から国内線への乗り継ぎに必要な時間は20分以上とあります(羽田・伊丹・関西は25分以上)

ううー、20分ってかなり微妙じゃない?
那覇の空港は大きくないので、乗継便のゲートが離れているっていうことはないからOn timeだったら問題ないけど、フライトの遅延があったらまずい時間だよね。
空港が混雑していて上空で着陸の順番待ちってフツーにあるでしょ。そしたら10分とか15分の遅れなんて日常茶飯事に起こっていることだもん。
航空会社が20分以上とうたっているなら、きちんと対処はしてくれるから乗れないってことはないはずだけど、やっぱり心配ですよね。

なので、私は必ず最初の搭乗の時に、スルーチェックイン(乗継手続き)をしちゃいます。
こうすれば、乗り継ぎのために保安検査場を通る必要もないし、飛行機を降りたらすぐにゲートに向かえます。
もちろん、到着空港のカウンターで手続きもできるんだけど、カウンターが混んでいたり、前の人の手続きに時間がかかることもあるから、時間がない時はイライラしちゃうでしょ。だからできるなら最初の便で手続きができるならしておいたほうが精神衛生上もいいような気がする。

予約番号が違うフライトでも、同日中に通しで搭乗するものなら3区間までチェックインできます。
同じ機体でトンボ帰りの時も、「乗り継ぎ時間が短いので一応チェックインしておきたい」って言っておけば手続きしてくれますが、オペさんには明らかに修行僧ってばれちゃいます。→これが何気に恥ずかしい(;´∀`)まあ、ばれたにしても、空港でバタバタするよりは安心かなと。

あ、私の体験上ですが、オペさんによって手続きできる人とできない人がいるみたいですね。
これはオペさんの知識や経験の違いだと思われます。手続きにかかる時間も人によってずいぶん違うし。運悪く時間かかっても手続きできないときは、アンラッキーだと思って諦めます(-_-;)
考えてみれば、同じ機体でトンボ帰りなんて普通はしないことですから、そんな手続きすることないものね(笑)

もし、乗継手続きしていないのに、ディレイになっちゃった場合、機内でCAさんにその旨を伝えておきましょう。
CAさんは地上に連絡を取ってくれるので、目的地についたら搭乗口で地上職員が待っていてくれます。あとは上手く取り計らってくれるはず。
もちろん、会社側は顧客のフライト情報は持っているので、わざわざ伝えなくても大丈夫とは思いますが、一応地上に連絡を取ってもらったほうが自分も安心ですから。

・・・・そうはいっても、私、おいて行かれたことありますけどね。
何年か前、石垣から那覇で乗り換えて羽田までの旅程で、石垣ー那覇の出発が遅れたの。
乗り継ぎの手続きはしていたし、CAさんにもその旨を伝えて「大丈夫ですよ」との返事をもらったのに、那覇についたら乗るはずだった便はすでに出発していた・・・・。
その後の対応も本当に酷いもので、それから私はJALは使わなくなりました。

さて、今後の修行はすべて国内線で行おうと思っているので、乗り継ぎが多くなると思います。
夏から秋は台風のシーズンになることもあり、ちょっとドキドキだったりしますが、少ない時間の中でうまく乗り継ぎ、無事に修行を終えることができますように・・・
[PR]
by kiji_tora | 2014-07-02 19:59 | ANA修行
<< 2014年4月 GWハワイ④ ... 2014年ANA PLT防衛修行  >>