2014年 06月 16日
不用品
最近、やたらと多いのがリサイクルショップのセールスの電話なんです。
「近所にお店をオープンするので・・」とか「キャンペーン中で」と言って、不用品はないですか?としょっちゅう電話がかかってくるんです。
で、どの電話もかなりしつこい

中には、「お宅のすぐそばにいるのでこれからお伺いできますが」などと、こちらがぞ〜っとするようなことさえ言ってきますからね。

最近は、不用品をこういうショップに持ち込んで上手にお金に替えている人もいるみたいだけど、私は全く興味なしなのですべてお断り。 

「片方になったピアスや使わない貴金属などは?」「お売りできるものはありません」
「箪笥の肥やしになっている着物や洋服は?」 「全くありません」
「引き出物など押し入れにしまいっぱなしになっているものは?」「特にありません」

すべてきっぱりお断りしています。
それでも、相手もかなりしつこいんですけど、毅然と「ありません」を繰り返します。

が、今日のセールスはそれでも負けなかった。
「そんなことはないでしょう。履かない靴とか、古いバッグとか、何でもいいんです。今はキャンペーン中でかなりお得に引き取らせていただきます・
「いや、本当にないんですってば。」
「買取するしないに関わらず、一度見せていただくことはできませんか?」

もうー、本当にしつこいったらありゃしない。
「これから出かける予定なので」と言っても、「それでは明日またお電話します」とくる。

どこで、住所や電話番号の情報を仕入れたのかわからないけど、それらが知られている以上、変なこともできないしね。

「不要なものですか・・・・ちょっと思い当たらないんです。あ、夫なら・・・」と冗談めかして言ってみたんですけどね(笑)

そしたら、しばし沈黙の後「・・・い、いえ、そちらは結構です。・・・・そうですか、わかりました」と交渉終了してくれました。

これ、使える??
今度から、この手のセールスにはこう答えることにしましょうか(笑)

あ、念のために言っておきますが、これはウソですから。実際の夫は不用品なんかじゃありませんからね(爆)

それにしても、この手の電話がすごく多いんです。
リサイクルショップってそんなに需要があるんですかね?
それとも、リサイクルショップと名乗る、新たなヤバい商売じゃなんじゃないかとも心配になります。

それにしても、いろいろな個人情報管理ってうるさくなっているはずなのに、こうして漏えいすることはまだまだありますよね。
自分ではあちこちに教えているつもりはないんだけど、会員登録などで、ネットでも実生活でも、住所氏名、メルアドなど書かされることって多いから、どこからか流れているんでしょう。

・・・怖いですね!
[PR]
by kiji_tora | 2014-06-16 20:59 | くらし
<< ゴミ拾いと日本の印象 ハスキーが届きました(わたしの... >>