2014年 05月 25日
2014年4月 GWハワイ① 今回のお部屋とこれからのマリオットコオリナ
これはMarriott Vacation Clubのタイムシェアに関する記事になります。
タイムシェアに関心のない方には「なんのこっちゃ?」な内容になりますがご容赦ください


話があちこち飛んでしまってわかりにくいかもしれませんが、記憶のあるうちにメモしていこうと思います。

2014年4月のGWは、マリオットコオリナビーチクラブに3泊、アウラニに2泊しました。タイムシェアの権利は1週間ステイが一般的なのですが、わが家ではDestinationというポイント制に登録してありますので、1泊から宿泊することができるようになっていますし、チェックイン/アウトの曜日にも制限がありませんし、
お部屋もOV,MVのカテゴリーや、広さを自由に選べるのでよりフレキシブルに利用できるようになりました。

今回のGWはMVのロックオフなしタイプの2BRをDestinationクラブポイントで3泊予約しました。ナイアタワー10階のお部屋からの眺望はこんな感じ
ラナイから右側を見るとラグーン
e0271143_7542588.jpg
左側を見るとマリーナ
e0271143_7544712.jpg
全体はこんな感じでした
e0271143_7551491.jpg

ラグーンもマリーナも望めるお部屋って、マウンテンビューのカテゴリーにしてはいい眺望ですよね。ただ、ラナイに出て眼下を見ると、駐車場ではありましたが(笑)

さて、オーナー説明会です。
数年前には、オーナー向けの説明会はなくなったと言われたことがありますが、制度がコロコロ変わるマリオットです(笑)
今回、オーナー向け説明会は復活しておりました。
ただし、時間が16:15に限定されていて、うちは時間が合わなかったので一度はお断りしましたが、日本語デスクの方が時間を融通し、15:00からという枠を取ってくださいました。
(今は新規顧客セールスや体験宿泊が多いため、オーナーは早い時間の説明会はできないようです。ただ、買い増し等の予定があり、ゆっくり話を聞きたいという場合は、前もって予約を取れば考慮して下さるようでした)

さて、説明会
気になるコオリナ4棟目は2016年に完成予定とのことですが、まだ着工している様子はなく、本当にこの年に完成するのかは不明です。
こちらの4棟目はDestinationポイント用の建物になる可能性が高いのですが、日本人用に少しWeekの物件をとるかもしれないとのこと。まだ未定だそうです。
もし、ポイント制の建物になってしまえば、Weekオーナーは宿泊できないようですが、IIの交換では泊まれることになるんでしょうかね?

それから、今までは日本人には販売していなかったDestinationポイントですが、今年からは正式に販売することになったそうです。
私はかなりイレギュラーな形で、アメリカ人マネージャーから購入(というかenroll)しましたが、1月からは日本人セールスの方が、日本人向けに説明・販売をしてくれます。
ただ、これを説明できる方がまだ一人しかいないので、その方の担当に当たらなければ購入できないんだそうです。

Marriott’s Destination Programについては過去記事にしていますので、こちらをご覧ください
Marriott Vacation Club Destinations Program 1 概要
Marriott Vacation Club Destinations Program 2 メリット
Marriott Vacation Club Destinations Program 3 デメリット

今回のセールスプロモーションの内容ですが、まずDestinationポイントの説明があります。
ただ、私たちがEnrollした2011年では、アメリカでポイント制が導入されてまもなくだったこともあり、TSオーナーへのキャンペーン期間と言うことで695ドルの手数料でenrollできたんです。
今ではそのキャンペーンも終わっていますので、今のenroll feeは驚きの2600ドル!(マリオットのHPでは2395ドルになってるけど?)

うーん、高いと思うのは私だけではないですよね、きっと。
今、コオリナで買い増しをしたオーナーさんにはこのenroll feeをサービスしますよ!とのことでした。
コオリナを買い増ししたら2600ドルの手数料無料ってお得なような気もしますけど、TSを買い増しってこちらも金額が大きいですよね。そう簡単にGOってわけにはいかないとは思うんだけど、1月から4月までで約30組のオーナーさんが買い増し+enrollなさったそうです。

もし、week権利ではなくポイントで持ちたいという人は確か2000ポイントから購入可能だったような気がします。
うちのような既存オーナーだと1000ポイントから購入可能だそうです。
2000ポイントとコオリナMV隔年がそう違わない金額でした。(詳しい金額は、ポイント、Week共に購入時期によって変わっていきますので、ここでは記載しません)

実際、Destinationポイントを使い始めたら、わが家的にはこちらのほうが使い勝手がよくて私はとても気に入っています。
通年オーナーさんや複数週をお持ちのオーナーさんにはお勧めしたいところですが、初期費用がここまでかかるとなると簡単にはお勧めできないですよね。

数年前、このDestinationポイントとアジアパシフィックが将来的に統合され、同プログラムとして利用できるようになるという話を聞いたことがありますが、これに関してはまだまだ先の話のようです。
確かにそういう話はあるそうですが、法律上の問題や1ポイント当たりの価値の違いなど、まだまだクリアしなければならない点が多いため、実現にはまだまだ時間がかかりそうということでした。

私がTSを購入してから、マリオットのシステムもいろいろ変わっていきます。
時代の流れとともに良いほうに変わっていくのは歓迎しますが、逆に不安になることもしばしばです。
TSを所有して、休暇の過ごし方が変わったのは確かだし、私は悪い買い物ではなかったと思っていますが、これからの休暇の過ごし方やTSの使い方など、あれこれ考えることも多いのは事実ですね。

尚、上記の情報は2014年4月にコオリナに滞在した時に伺ったものです。
情報は、日々変わっていくものですので、内容の信ぴょう性についてはご自身でご確認を頂くよう、お願いいたします。






マリオットコオリナビーチクラブのオーナーになってかなり経ちます。
何度かオーナー説明会にも参加してきました。

が、今回のギフトには驚きました

今までではリゾート内100ドルのクレジットとか、アラモアナ100ドルお買い物券とか、ロイズのディナー2名分とか、FIAFIA(ルアウショー)2名分とか、イルカウォッチング2名分とかいろいろ選べていたし、それなりの価格のものが頂けていたんですけど今回はマジしょぼかった!

・ワイキキショッピングシャトル2名分無料(20ドル相当)
・ゴルフ割引
・寿司ゆずディナー優待
・イヒラニアズールディナー優待
って感じです。

ワイキキシャトルってレンタカーを借りていれば全く無用のギフトでしょ!
ゴルフが一番お得らしいけど、それもコオリナゴルフクラブではなくマカハだったかな。ゴルフをしないわが家には必要なし。
ディナー優待も、コースが決められていて、ゆずだと1人47ドル、アズールは115ドルを支払うものなのね。もともとの金額よりは優待があるだけお得なのかもしれないけど行きたいレストランでなければまったく嬉しくないギフトですよね。

確かに、既存オーナーは追加購入なければセールス的にはお客さんじゃないんだろうけどね。
それにしても、ギフトのしょぼさにがっかり・・というより、ビックリでした。

うちは、今回はちょっと知りたいことがあったのでギフトの有無に関係なく参加しましたが、ギフトが大きな目的ならば、説明会に出る価値はないかなって思いましたね。
[PR]
by kiji_tora | 2014-05-25 10:50 | ★2014.4 ハワイ
<< 2014年4月GWハワイ② ロ... 第45回RSP in 白金台 ... >>