2014年 03月 02日
2014年ソウル④ カンジャンケジャンを食す
2月16日

午前中はお買い物三昧。
今日のランチは、私の強い希望でカンジャンケジャンにしました。

私、カンジャンケジャン大好きなんだけど、意外に知られていないみたいで、同行者も「何それ?」って感じでした。

午後からは予定を入れていたので、そんなに遠出もできず、明洞でカンジャンケジャンが食べられるお店を探し、「オダリチプ明洞本店」へ。
ここは、カンジャンケジャンの専門店ではなく、焼肉やチゲなど他の韓国料理も扱っているお店ですが、オーナーが釜山出身なので、海鮮には専門店並みのこだわりをお持ちなのだとか。
雑居ビルの2階で、お世辞にもきれいなお店とは言えませんが、お味はすごくおいしかったです。
専門店=よりおいしいって感じはありますが、決してそんなことはないのねって思いましたし、蟹が苦手な方、アレルギーのある方がいると、ケジャンもあきらめなくてはならないけど、ここなら各々が好きなものを食べられるのも嬉しいですよね。

カンジャンケジャン単品もあるのだけど、今回はコースにしてみました。
パンジャン(おかず)が5皿ほど出るほか
海鮮チヂミ
e0271143_12292983.jpg

チャプチェ
e0271143_12294199.jpg
味噌チゲ
e0271143_12303998.jpg

卵蒸し
e0271143_1231154.jpg
がつきます。
そしてメインは
e0271143_12313288.jpg

カンジャンケジャン〜♪蟹が新鮮なんでしょうね。まったく臭みもなく本当においしかったです。
3人でも食べきれないほどの量でした。

身は、そのままチューチューしゃぶっていただきます。カニの身がトロリと甘くてもう最高!
そして、お楽しみはご飯。蟹の味噌と内子を白いご飯に混ぜて、ちょっとタレをかけて、韓国海苔を加えてさらに混ぜ混ぜしてビビンバ風にいただきます。
これ、絶品ですよ。私たち、みんな無言になっちゃいましたもん。本当においしいものを食べるときって、言葉が出なくなるんですよね(笑)

今回は短い滞在だから、食べたいものは厳選しなきゃ。
参鶏湯、サムギョプサル、ビビンバなどは、まだ日本でも食べられるけど、生の蟹はなかなか食べられないからね。
友人たちは初カンジャンケジャンでしたが、とても喜んでもらえました。
このコースで1人30000ウォン。この日のレートだと3000円を切る値段でした。この内容でこのお値段なら十分満足です。

それにしても、韓国の食事って量が多いでしょう。お昼を食べすぎると、夕飯が食べられなくなるんですよね。
毎日、おいしく頂くためには、1日の食べる量の調整は絶対必要だなって思います。
とはいえ、やっぱりここに来たら、毎回「お腹いっぱい〜」にならないと、韓国に来た気がしないんですけどね(笑)
[PR]
by kiji_tora | 2014-03-02 12:09 | ★2014.1 ソウル
<< 2014年夏休み計画 2014年2月 ソウル③ お粥... >>