2013年 10月 12日
錦秋の中央アルプスへ
10月5、6日 長野県の中央アルプス 千畳敷カールへ行ってきました。
ここは1年を通して、素晴らしい風景が楽しめますが、この時期はもちろん紅葉ですよね。

千畳敷カールについてはコチラ

dpiこの日の東京は天気予報通りの雨。朝からテンション上がらぬまま出かけたんですけど、中央道を走っているうちに雨は上がり、長野は曇り空でした。

千畳敷カールへ行くには、一般車の乗り入れが禁止されているので、バスセンターの駐車場に車を停めて、そこからロープウェイ駅「しらび平駅」まで専用バスで行き(約40分)、そこからロープウェイで「千畳敷駅」まで7分で到着します。ここの標高は2,616mです。

千畳敷カールの紅葉はまさに見頃!現地の方のお話だと、この週がピークだったそうです。ナナカマドの赤、ダケカンバの黄色が見事です。

千畳敷はトレイルが整備されていて、普通に歩くと40分程で周ることができます。足場がよくないところもありますが、誰でも歩けるコースです。私は写真を撮りながらだったので、2時間ほどかけて周りました。
雨は降らなかったものの、空は真っ白な曇り空・・・青空だったらよかったのになあ。
e0271143_2019914.jpg
e0271143_20192378.jpg
e0271143_20193559.jpg
e0271143_20194529.jpg


今日の宿泊は、ホテル千畳敷(HPはコチラ
ロープウェイ駅と隣接した場所にある1軒宿で、目の前には千畳敷カールの絶景が広がっています。
豪華さや派手さはないお宿ですが、この景色が何よりのご馳走ですよね。
私たちのような観光客だけではなく、登山をされる方にも人気のお宿のようです。

夜は星の撮影をしようと思っていたんですが、21時過ぎまでは雲が厚くて星は見えず(-_-;)

これは、朝4時に起きて撮ってみたものです.、
e0271143_2054195.jpg

一面の星空です。写真は小さくてよくわからないですね。写真をクリックすると少し大きな画像でご覧いただけます。
星の軌跡を撮りたくて、長時間露光にしてみましたけど、朝も5時近くなると空も段々明るくなってきますので、時間的にちょっと遅すぎでした。やっぱり、これは暗い時間に撮らないとダメですね。
e0271143_20582944.jpg


東の空は赤く色づき始めました。
e0271143_211098.jpg
目の前に広がるのは、雲海です。2600m超えている場所ですから、雲の上に立ってるんですね。

朝日が山肌に当たると、また昼間とは違う印象です
e0271143_212096.jpg
e0271143_2121393.jpg


雲海に朝日が当たって、金色に輝きました
e0271143_2125552.jpg


ロープウェイは5時頃から動いているので、ここに泊まらなくても朝日を見ることができます。
実際、ご来光を見るために上がってくる人も多かったですね。

ホテルのチェックアウトは9時。
紅葉のピークですから、この時間になると、かなりの数の観光客で登りのロープウェイはいっぱいです。帰りの時間も気をつけないと、午後の下りは2時間、3時間待ちになることもあるそうです。
私たちは1泊して、十分に紅葉を堪能したので、朝9時半のロープウェイで下山。
登りは満員でしたが、下りはまだガラガラ(笑) とっても楽でした。

「しらび平駅」に到着すると、そこはすんごい人の数・・・・。ロープウェイはすでに待ち時間が出てたようです。

さて、このまま帰るには早いので、箕輪町の赤そばの里へ寄ってみることに。
普通、蕎麦の花って白いのですが、、こちらでは「高嶺ルビー」という赤い花の蕎麦を栽培しているんです。
ちょうどお花の時期で、蕎麦畑はまるでピンクのじゅうたんのようでした。
e0271143_21152147.jpg
e0271143_21153578.jpg

e0271143_21165964.jpg
e0271143_21171176.jpg


この後、この赤そばで作った手打ちそばを食べてみましたが、味は普通のお蕎麦と変わらなかったです(笑)

私にとっては、今年最初の紅葉でした。
この時期、カメラマンにはとっても忙しいシーズンになるのよね(笑) 紅葉のポイントはたくさんあるけど、私は自社や庭園の紅葉より、こういう山の紅葉が一番好き。
これからは、各地の紅葉便りをチェックですね。さて、今年はあと何回、紅葉の撮影に行かれるかなあ。
[PR]
by kiji_tora | 2013-10-12 21:22 | 国内旅行
<< 断捨離 旅仲間女子会@大門 >>