2013年 06月 17日
初夏の京都へ (わたしのお気に入り)
最後のANA修行に、京都へ行くことにしました。
京都へ行く機会は多いんだけど、桜か紅葉の時期ばかりで、この時期って行ったことないんですよね。
生憎、梅雨の時期だけど、青もみじや苔はしっとりと雨に濡れていたほうが風情がある♪

羽田から伊丹空港へ。
伊丹空港から京都八条口までバスで60分程度です。
京都駅から、苔寺まではバスが出ています。座って車窓を眺めながら行くのは魅力的だけど、滞在時間が短い今回は、少しでも早く行けるように、地下鉄と阪急電車を乗り継いで、「松尾」駅まで向かいました。

まずは松尾駅前の松尾大社へお参り
e0271143_17381656.jpg

松尾さまってお酒の神様だそうで、全国の酒蔵さんの樽が飾られていました
e0271143_17384370.jpg


お昼には少し早いんですけど、苔寺の予約が13:00でしたので、早めにお昼ご飯にします。松尾駅から苔寺方面に少し歩いたところにある「魚末」さんで。小料理屋さんの佇まいですが、ランチもやっています。
e0271143_17402432.jpg
焼魚、お刺身、天ぷら、煮物、他いろいろついて、これで1380円は絶対お得だと思います。とてもおいしかった♪

ここから苔寺まで歩いて15分くらい。途中、ちょっと寄り道をしながら向かいます

月読(つきよみ)神社
e0271143_17484560.jpg
こちらの境内には、神功皇后ゆかりの安産信仰発祥の石「月延石」が祀られていることから「安産守護のお社」として有名なのです。東京でいうと水天宮みたいな感じでしょうかね

鈴虫寺(華厳寺)  
e0271143_17535145.jpg
青もみじのトンネルを抜けて階段を上っていきます。
わらじをはいたわらじ地蔵さまが出迎えてくれます
e0271143_1756395.jpg

普通仏様は、皆、裸足ですが、こちらのお地蔵様はわらじを履いておられます。
これは、お地蔵さまが皆の所まで、救いの手をさしのべるために、いて来てくださり、ひとつだけ願いを叶えてくださるのだそうです。なので、私もひとつだけお願いをしてきました。

本当はこちらのご住職の鈴虫説法がとても楽しいのだけど、苔寺の予約時間に間に合わなさそうなので、今回は諦めました。残念・・・

さてさて、本日一番のお目当てである西芳寺(苔寺)に向かいます
e0271143_1805450.jpgこちらは、前もって参拝申し込みをしないと、入ることができません。1週間前必着で往復はがきで申し込むのです。私も予定を立てたのがギリギリだったので、速達で送らないと間に合わなかったけど、どうにか間に合い、この返信はがきが届きました。
こちらでは、拝観=修行の一環という位置づけになるので、庭園を見せていただく前には本堂で読経・写経を行うことが義務付けられています。
一般的には、寺社の拝観料って500〜600円くらいだと思いますが、こちらは3,000円です。
でも、それだけ支払っても訪れる価値は十分にありますね。

ご住職と一緒に読経をし、般若心経の写経をした後は、自由にお庭を見せていただくことができます。

夢窓国師が作庭したという庭園を覆う100種以上の苔は、この梅雨の頃が一番美しいと言われています。
この日は、朝から曇り空が広がっていたのですが、写経が終わり、書いた経文をお納めした後に外に出たら、雨が降り出していました。

しっとりと濡れた苔はそれはもう美しいものでした。一口に「緑」といっても、あまりにたくさんの緑色があるんですよね。

e0271143_18214311.jpg

e0271143_1822522.jpg
e0271143_18222785.jpg
e0271143_18225173.jpg

e0271143_18231654.jpg
e0271143_18233719.jpg
e0271143_1823531.jpg


苔だけではなく、青もみじも本当にきれいでした
e0271143_1825777.jpg
e0271143_18252940.jpg


苔に覆われたお庭って、おどろおどろしいかと思いきや、全くそんなことはなくて、本当に清清しいものです。心が洗われる感じがしました。
本当に来てよかった。いい時間が過ごせました。

苔寺を後にし、バスターミナル脇の階段を上ると竹の庭として有名な「地蔵院」 があります。
e0271143_1829155.jpg
小さな山門をくぐると、参道脇には竹林が広がっています。
e0271143_1830489.jpg
小さなお寺で、人も少ないけど、京都らしい風情があるお寺でした。
e0271143_18302823.jpg


ということで、京都のプチ旅行は終了。
バスで京都駅まで行き、駅ビルでおみやげを買って、八条口ばから伊丹空港までバスで向かいました。

初夏の京都、とてもきれいでした。修行の最後に選んで本当によかったな。





鈴虫寺は高校の修学旅行の自由行動で訪れたことがあるのです。
今では有名だし、たくさんの観光客が訪れる鈴虫寺なんだけど、当時は、全然有名ではなくて、ガイドブックにも載っていないところだったんですよね。
私たちのグループも、道の途中にあるから寄ってみようか・・なんて軽い感じだったんです。

が、当時のご住職は、修学旅行で訪れたという私たちをすごく歓迎してくれて、「滅多にどなたもお見えにならないのに、来てくださってありがとう」って喜んでくださって、色々なお話を聞かせてくださった。そのうえ、何とお昼にカツ丼を取ってくれてご馳走して下さったんです。
もう今から何十年も前のことだけどね。

私にとっては忘れられないいい思い出です。
[PR]
by kiji_tora | 2013-06-17 07:29 | 国内旅行
<< 2013年ANA修行 まとめ 2013年4月スペイン・フラン... >>