2013年 05月 21日
ネイルとパールのピアス
先週ですが、ネイルサロンへ行ってきました。
旅行前に施術してもらったきりだから、3週間超え。いつ剥がれてもおかしくない状態だったので、きれいになってスッキリ。

今回は初めてのクリアな仕上げ。色を乗せないシアーなデザインって初めてです。
といっても、適度なラメ、ホロに薔薇を乗せてもらったので、あまり色がないって感じはしないのですけど。
e0271143_965411.jpg


私、ネイルは欠かさないですが、ラインストーンや3Dなどの爪に凹凸が出るものは嫌い。そして、派手な色やデザインは飽きがきてしまうので、どうしても毎回同じようなシンプルなものになっちゃうのですよね。
今回はいつもとちょっと違うので、新鮮な気分だわ。

同時に、足もジェルを乗せてもらいました。こちらもシンプルな赤。もう暑い日も多いので、サンダルを履く日も近いことだし。
足って淡い色より濃い色のほうがしまる感じがするし、普段は手に使えないような色も、足なら抵抗なく濡れるので楽しいんですよね。

そういえば数年前、黒を塗ってもらったことあるんです。黒って結構便利で、ジーンズなんかのカジュアルな服装にも合うし、ヒールにスカートなどのドレッシーな服装にも合うんですよ。(これは赤もそうだけど)
なので、自分では気に入っていたんですけどね。

しかーし、夫のウケがめちゃくちゃ悪かった。
「黒い爪なんて、お前は妖怪人間か・・・」って言われたよ(-_-;)

妖怪人間って、あんまりじゃない??

そんな話をネイリストさんにしたら、「あー、わかります」って。
彼女は、足を黄色に塗ったら、ご主人から「熱帯魚か、半魚人か」って言われたらしい。

どうやら、男の人って自然でない色が嫌なんだろうねってことになりましたけど。
男性と女性って美意識には違いがあるんでしょうね。

今回はハンドとフットと両方だったので、それなりのお値段になったのですけど、これも男性には理解できないことかもしれないなあ。
どうして、爪を塗ってもらうだけでそんなにかかるんだって、うちの夫なら言いそうだ。

きれいになるにはお金がかかるってこと、ちゃんと理解してもらいたいわ(笑)





結婚記念日に、夫がパールのピアスをプレゼントしてくれました。
それはとても嬉しいのですけどね・・・
実は以前にも、同じようなパールピアスをもらっているのよね。彼はすっかり忘れているみたいだけど。

パールって、汗に弱いから、お手入れが面倒で普段使いにはなかなか手が出ない。それに、パールをカジュアルにつけるってステキなんだけど、どうもそれは若い子の特権のような気がして、オバサンは躊躇しちゃうのよ。

でも、2回もパールを贈ってくれるなんて、夫はよほどパールが好きなのかしら?
というより、パール=清楚 ってイメージだからなあ。
きっと、パールが好きってわけではなくて、「パールが似合う清楚な女性」、それが夫の好みのタイプなんだろうなあって思いますよ。
というより、一般的な男性の好みがそうなのかもしれないですね。

わたし? 全く違いますけど(苦笑)
[PR]
by kiji_tora | 2013-05-21 07:59 | くらし
<< 2013年4月スペイン・フラン... ソラマメ狩り >>