2013年 04月 18日
ANA修行6回目 羽田ー大阪
4月17日(水) ANA 017 東京(羽田) 09:00ー 大阪(伊丹) 10:05 特割C
4月18日(木) ANA 020 大阪(伊丹)10:00 ー 東京(羽田) 11:05 特割C

航空券代 ¥29,740(Skyコインで支払ったため、実質支払い10,370円)
獲得マイル 1120マイル
獲得プレミアムポイント(PP) 1640PP 

大阪に用事ができて、出かけることになりました。
目的地は新大阪駅から地下鉄で数駅のところだから新幹線のほうが便利なんだけど、今は修行中ということで飛行機で行くことにしました。

突然決めた大阪行なので、もう旅割で購入できる期間はとうに過ぎており、特割での購入となりました。
旅割とは片道3000円くらい値段が違うのですが、搭乗ポイントが片道400PPつくので、まあ、いいかなと(笑)

本当は日帰りできる用事なのですが、大阪に嫁いだ幼なじみの友人と会うことにして、1泊で出かけました。
うーん、全く「修行」って感じではないですよねぇ、私。

今回はラッキーなことに2013年7月12日まで大阪発着限定 ダブルマイルキャンペーンをやってまして、マイルが通常の2倍貯まりました♪
本来の積算マイルは片道210マイルなんだけど、ボーナスマイルがダブルマイルで210マイル、カード搭乗ボーナスで140マイルの350マイルプラスされ、560マイルが貯まりました。

さて、羽田ー大阪便ですが、こちらはビジネス路線ですよね。
乗客の9割以上がスーツ姿のビジネスマンだったように思います。

搭乗時間になると、まずダイヤモンド会員の優先搭乗が始まるのですが、その時には搭乗口の前に長蛇の列・・・
なんで、こんなに早くみんな並ぶんだろうって思っていたら、それが全部ダイヤモンド会員だったの。
多分50人以上はいたと思う。
ダイヤモンド会員ってそんなに多いのね。考えてみたら、国内出張の多いビジネスマンは、ダイヤモンドだって簡単に取れちゃうんだものね。

で、その後、妊婦さんやお子さんの事前搭乗があってから、ANAプラチナ会員とSFCスタアラゴールド会員の優先搭乗です。
これまた驚いた。さっきのダイヤモンド会員の倍くらいの人が優先搭乗の対象者なんだよ。
優先搭乗が終わった後の搭乗口前のロビーはがら〜んとして、残っていた一般の乗客数は、優先搭乗した人より絶対少なく見えたけど(苦笑)
この現象は、復路の大阪発でも同様でした。

もちろんね、羽田ー大阪がビジネス客が多い便だからこういう現象が起きているんだと思います。
でも、プラチナやSFCをがんばって取っても、こんなに会員数が多いなら、キャンセル待ちや特典航空券が取れやすくなるなんてとても思えないけどなあ。

そういや、先日ブロンズ会員専用デスクに電話をしたとき、オペレーターにつながるまで40分も待たされたんですよ。
これって、一般デスクより繋がりにくいんじゃないの?専用デスクの意味があるのか??って思ったばかりだったんです。もちろん、もう修行は引き返せないけど、修行って本当に意味があることなのかなあなんて思ってしまいましたよ。

大阪でのことはまた別記事に・・・・
[PR]
by kiji_tora | 2013-04-18 18:48 | ANA修行
<< SFCカードの切り替え時期 モニプラ★髪のエイジングケア ... >>