2013年 03月 10日
第40回 RSP in お台場 グリコ乳業 朝食プロバイオティクスヨーグルトBifiX
第40回 RSPに行ってきました。
グリコ乳業 朝食プロバイオティクスヨーグルトBifiXのご紹介です。

今回のRSPの試食タイムでは、こちらのプレーンマイルドをお試しさせていただきました。
400g入り1パックを3人でシェアします。
e0271143_16485143.jpg
かなりのボリュームだけど、すごく滑らかな舌触りで食べやすいヨーグルトです。おいしく頂きました。

そして、グリコ乳業さんのプレゼンが始まります

まずはビフィズス菌の説明から
e0271143_16505545.jpg
 私たちの腸の中には、有害な「悪玉菌」と、悪玉菌を阻害する「善玉菌」がいます。私たちが健康でいるためには、善玉菌を増やし、腸内バランスを最適に保つことが必要です。
その善玉菌の代表選手が、ビフィズス菌なんです。

e0271143_16544027.jpg
体内でビフィズス菌を増やすには①もともと体内にいるビフィズス菌を増やす ②外から生きたビフィズス菌を摂取する という2つの方法があります。

ビフィズス菌を摂取するといえばヨーグルトですよね。ヨーグルトにはビフィズス菌が入っているって思っていたけど、実はちょっと違うんですって!

ヨーグルトには乳酸菌で作られている普通のヨーグルトと、それにビフィズス菌が入っているものとがあるそうです

乳酸菌だけのヨーグルトは、乳酸菌の働きでもともと腸内にいるビフィズス菌が増えやすい環境をつくることができるけど、ビフィズス菌を確実に増やすためには外から生きたビフィズス菌を摂取することが必要となってきます。

グリコ乳業の朝食プロバイオティクスヨーグルトBifiXは、乳酸菌で腸内環境を整えることに加え、生きたビフィズス菌が入っているので、確実に体内のビフィズス菌を増やしてくれるんだそうです。
e0271143_1734677.jpg
資料によると、食べ始めて3日目で飛躍的に数が増えているのがわかります。

どうせ食べるなら、腸内環境を整えた上で、ビフィズス菌が入っているヨーグルトがいい。
それも、毎日食べるならおいしくないと絶対に続かない
  


朝食プロバイオティクスヨーグルトBifiXはとても食べやすいし、おいしいのでまた買ってみようと思いました。

また、ブース会場で朝食プロバイオティクスヨーグルトBifiXの試食が行われていました。
e0271143_1773338.jpg
こちらでは全種類のお味が試食できたのですけど、私が選んだのは新製品のいちじく。
いちじく、大好きなんです。プチプチした食感と上品な甘さがすごくおいしかった。これはリピしたいですね。

しかし、残念ながら、近所ではいちじくは見つけられませんでした。
で、買ってみたのがこれ

すっきりアロエです。ルバーブも入っています。
e0271143_0203776.jpg
アロエのコリコリした食感が楽しくて、これもおいしい。朝食というよりは、おやつに食べたいヨーグルトですね
e0271143_0205326.jpg


こちらはブルーベリー
e0271143_8454190.jpg

e0271143_846564.jpg
写真だとわからないけど、ブルーベリーの果肉の粒々が入っています。
香りも甘さも強めで、こちらもおやつに食べたいヨーグルトかな。

プレーンマイルドを試食したときは、割に固めのしっかりしたヨーグルトだなって思いましたけど、上記の2点は柔らかくてクリーミーな印象でした。

朝食プロバイオティクスヨーグルトBifiXはどのお味もおいしいんだけど、今までヨーグルトというと無糖ばかり食べていたから、毎日続けるにはカロリーもちょっと心配になってきます。
プレーンな無糖タイプも是非発売していただきたいものですね。
[PR]
by kiji_tora | 2013-03-10 08:50 | モニター他
<< 2013年3月 高松 讃岐うど... 2013年3月 高松 讃岐うど... >>