2013年 01月 29日
石巻へ行ってきました
1/21〜23に宮城県石巻市北上町へ行ってきました。
年に1度、こちらで開催される写真セミナーに参加するようになって何年になるのかな。美しい自然を撮るのとともに、新鮮な海の幸がたらふく頂けるというので、毎年楽しみなイベントでした。

が、2011年3月の大震災で北上も大きな被害を受け、写真セミナーどころではない状況になりました。でも、セミナー講師を務めるプロカメラマンのIくんをはじめ、私の写真仲間はできることならセミナーがなくても年に1度は行きたいよねということで話が合い、震災後の2011年12月に訪れてきました。
当時はまだ復興とはいえる状況ではなく、壊れた家や建物はそのままでしたし、たくさんの瓦礫の山も目にしました。何より、今まで目の前に広がっていた光景が全く別なものになってしまったことがショックでした。

それから約1年、震災からもうすぐ2年になりますね。
まだまだ復興とはいえる状況ではないようですが、確実に、着実に復興は始まっているんだなと感じられます。
壊れた建物は取り壊され、きれいに整地されていましたし、道路脇に積まれていた瓦礫の山もずっと少なくなっていました。
役場の方からも、今後の復興計画をいろいろと聞かせていただきました。前回は「まだ何も決まっていない」っておっしゃってましたが、1年たった今では堤防や道路、新しい役場などの整備が決まったそうです。
毎日多くのトラックが道路を走り、あちらこちらで工事作業が見受けられました。
1/24には工事着工時の安全祈願祭が6件も入っているんですって!それだけたくさんの工事が始まり、新しい街づくりが始まっているんですね。
きっと、これからは来るたびに違う風景が見られるようになるんだろうな。再訪がとても楽しみです。
とはいえ、まだまだ仮設住宅で暮らしている方がほとんど。なかなか住宅の建設は始めることができないようです。危険地域の設定や新たな居住区の選定など、まだまだみんなが安心して暮らせるようになるまでは時間がかかりそうですね。

写真撮影は、1,2日目は天気が悪くて、1枚もシャッターを押せませんでした。
東京に戻る3日目の朝、ようやく晴れてくれたので5時半に海岸へ。

夜明け前の東の空。青色のグラデーションはいつ見ても美しいと思います。
e0271143_1812375.jpg

でも、残念ながら空が赤く染まることはありませんでした。
この日は波がとても高い朝でした。
e0271143_18143986.jpg
e0271143_18145290.jpg
e0271143_18151323.jpg

ハワイなどビーチリゾートで見る海は、優しくて穏やかで、いつも私を癒してくれるのに、この日の海は荒々しくて、怒号とともに海岸線に打ち付けてきます。思わずあの大津波の映像が頭の中でフィードバックしてきます。
まさしくあの現場なんですよね・・・。堤防から波を見ていると恐怖すら感じるほどでした。

でも、向こうの空にはこんなきれいな風景も見ることができました。
e0271143_18174182.jpg
厚い雲の中から出る光芒はまさしく「天使のはしご」のようです。みんなを幸せにするために下りてきてくれたらいいなあ。

さて、この時の撮影場所はこの堤防の上でした
e0271143_18201622.jpg
大津波でコンクリートの堤防が破壊され流された場所に、こうした土嚢が積み重ねられています。時に、高い波が来ると、この隙間から海水が上がってきちゃうことも・・・。怖いですよね。
とはいえ、私の後ろというか海岸線の道路沿いはすべての家が流されて、何もない土地が広がっているだけなので、波が少々上がっても問題はないのでしょうけれど・・・

北上町は北上川河口の美しいヨシ原も有名です。何年かまえのJRのフルムーンのポスターにも使われたほど。
2011年に来た時は、そのヨシ原もすっかりなくなっていたのですが、自然の力ってすごいものですね。ちゃんと再生していました。
e0271143_18252970.jpg

ここだけ見たら、震災前と何らかわらないように見えます。
とはいえ、土地が下がったり泥の体積の仕方で、元通りとはいかないようですが。
それでも、ヨシの収穫も始まっていました。
e0271143_18275145.jpg

役場の人のお話だと、ほんの少しではあるけど、砂浜が戻ってきたところもあるそうです。
自然も、人も、少しづつではあるけれど、前の生活を取り戻しているようで、見ていてうれしくなりました。

次に訪れるころには、もっともっと元気になった町と人に会えることでしょう。
また来るからね〜
[PR]
by kiji_tora | 2013-01-29 18:32 | 国内旅行
<< 修行計画 大幅変更 海の幸を満喫 @石巻 >>