2012年 11月 28日
【モニプラ】CHESS ケミココサイド シャンプー&トリートメント
最近話題になっているノンシリコンシャンプー。
確かに、紙や地肌にはいいのかもしれないけど、泡立ちが悪かったり、髪がきしんだり、何よりシャンプー最中の指通りが悪くて、どうにも気持ちよく洗えないと思っていました。
でも、昨今のオーガニックブームもあり、やっぱりオーガニック製品は気になる・・

そんな時に知ったのが、これ
e0271143_22462040.jpg

モルトベーネの【CHESS】です。
CHESS(チェス)は、オーガニック(白のパッケージ)とケミカル(黒のパッケージ)を共存させながら、髪のダメージをしっかり補修し、美しい髪へ導いていくという製品です。
まさに、オーガニックとケミカル(テクノロジー)の両面から成るヘアケアブランドです。

髪と地肌のためにはオーガニックがいい、でも、それだけでは補えないところはケミカルの力を借りて・・というコンセプトはまさに、私たちが使いやすい商品だと思います。

実際の使い心地ですが

【チェス オルガニコドサイド】(オーガニック)
オーガニック素材で髪を自然の美しさに戻してくれるというこの製品は、全体の95%が植物由来原料と水だけで作られているそうです。
香りもオーガニック精油のみを使用しており、優しい香りに癒されます
また、ノンシリコンなのに、とても泡立ちがよく、きしみもあまり感じられず、洗い上がりはすっきり。
これなら、ノンシリコンもストレスなく使えそう。

【チェス ケミコサイド】(ケミカル)
水分保持力を高め、髪を構成するたんぱく質の形成を参考に配合されたアミノ酸と誘導体が13種類入っています。
なので、洗い上がりはしっとりなめらかな感じです。

また、カラーの発色を鮮やかにし、カラーキープの働きがあるので、カラーリングをした後は集中的にこちらを使うのもいいかも。(美容師さんが、カラー後のシャンプー選びは大切と言ってましたっけ)

私の好みとしては、オルガニコドサイド(白)でシャンプーした後、ケミコサイド(黒)のトリートメントかな。
特に、これからの時期は乾燥が気になるので、保湿力の強いケミカルのトリートメントは欠かせなくなりそう。

こんなふうに、人によってカスタムメイドで使える商品って便利ですよね。季節ごとにラインを変えてもいいし、パーマやカラー後のケア、その日の気分や髪の状態でヘアケアも変えてみるのもいいでしょうね。

今回は、サンプル品のお試しだったのですが、もう少し続けて使ってみたいと思いました。


モルトベーネファンサイト参加中
[PR]
by kiji_tora | 2012-11-28 23:21 | モニター他
<< 旅のマストアイテムー着圧サポーター 第39回 RSP 日本クラフト... >>