2012年 11月 21日
PSG検査
以前、ブログでも書きましたが(記事はコチラ)睡眠時無呼吸症候群の疑いありということで、睡眠状態を調べるため、1泊2日で検査を受けてきました。
体に電極を取り付け、寝ている間の呼吸や脳波を調べるのものです。

午後から外来で診察を受けた後、病室へ。
検査の説明を聞き、心電図を撮ります。

「たばこは吸いますか?お酒は飲みますか?」との質問に、「たばこは吸いません。お酒はたまに飲みます」と答えたら、「ゆっくり休めるなら、少しのお酒は持ち込んでいただいてもいいですよ」とのこと。
ここは総合病院ではなくて、個人経営の医院なんだけど、お酒の持ち込み可の医院って初めて聞いたわ!
それを聞いて、近所にビールと缶チューハイを買いに行ってしまいました(笑)

装置を取り付けてしまうと着替えもできなくなるので、早めにシャワーを浴びて着替えます。

18:30から電極の装着を始め、終わったのは19:30過ぎ。たっぷり1時間かかるんです。
脚の脛のあたりから始まって、腰と胸、フェイスライン、頭、鼻といろいろな電極が取り付けられます。
こんなこと2度とないでしょうから思わず写メを撮っちゃった。

どんなになるかというと・・・



e0271143_20394348.jpg



スゴイ写真なのでちょっと小さめにします。
すっぴんなので、シミがあるとか、眉がヘンとかは見ないでね(笑)

なんだかスゴイ病人みたいでしょう
夫にメールに添付して送ってみたら「スゲーっ。永久保存版だな」と返事がきましたわ(爆)

脳波ってヘッドギアみたいなのをかぶるかと思ったら、接着剤みたいなので頭に直接電極を取り付けるの。写真だと見えないけど、多分頭だけで5~6本の電極がついているはず。取る時は、アルコール?で拭くと綺麗に取れるんですよ。

これをつけた後、食事を取ったんだけど、口が空けづらいし、鼻につけたものがむずむずしてどうにも食べにくい。
何本ものコードをまとめて首からぶら下げてるんだけど、これも重くて肩がこりそう。それに、電極を繋げた器械が入ったバッグを持ち歩かなきゃ行けなくて、トイレに行くにも気を使う。
何時に寝てもいいですよってことだけど、することもないし、ちょっとテレビを見た後に早めに休むことにしました。

でも、やっぱり顔のテープや鼻の電極が気になってよく寝れないのよね。
その上、睡眠時の様子を録画するためにベッドの上にはカメラが備え付けられていて、そのライトがどうにも気になる。
(カメラの使用については、あらかじめ説明があり、使用の許可にサインしてあります。嫌なら止めてもらえます)

まあ、いつものとおりの睡眠状態で、夜中に何度か目が覚め、朝を迎えました。
朝6:00過ぎに電極を外してもらいます。外すのにも30分くらいはかかりましたね。その後は、好きな時間に帰宅していいとのことでしたので、30分ほど2度寝してから帰宅しました。

結果は後日聞きに行くのですが、さてどうなんでしょう・・・
[PR]
by kiji_tora | 2012-11-21 20:53 | くらし
<< 第39回RSPに参加しました 女子旅 香港 ① >>