2012年 11月 18日
2012年 ボジョレー・ヌーボー
ボジョレー解禁は11月15日。
でも、夫も私もガメイ種は好きじゃないので、ボジョレーヌーボー解禁が報道されても、売り場がにぎわっていてもまったく興味なし。
多分5年くらいは飲んでいないんじゃないかしら。

週末にでかけたワイン売り場で目にとまったのはこちらのオリーブ
e0271143_15384535.jpg

小豆島で取れた新物のオリーブを塩漬けにしたもので、この時期にしか販売していないの。
小ぶりなオリーブだけど、オイル漬けとちがってさっぱりいただけて私のお気に入りなんです。
お隣にあったトルコ産の乾燥イチヂクと共に購入しました。
その際に、売り場の方から「今年のボジョレーヌーボーはお試しになりましたか?」と声をかけられました。
そして、勧められるままに試飲(笑)
3種類のボジョレーをお試しさせていただきました。ボジョレーヌーボーって軽くて、早飲みのイメージが強かったですが、今回お試ししたのは割にしっかりしたボディで、今までのヌーボーのイメージとはちょっと違いました。
お値段もちょっぴり高めだったけど、ワインの重さってお値段と比例するわけではないよね(笑)
e0271143_1539911.jpg

ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー エリック・パルドン2012 2400円

今年のボジョレー・ヌーボーは天候のせいで葡萄の出来がイマイチだったと聞いていましたが、正しくは天候が悪くて収穫量が少なかったということです。
でも、その中で選りすぐられた葡萄を使っているので、出荷量は少ないけれど出来が悪いわけではなく、味はまずまずなんだそうです。

純粋にワインを楽しみたい夜は、バケットとチーズ数種、生ハム、オリーブ、ルッコラのサラダなどの軽いおつまみにすることが多いです。

ワインって本来は食事を楽しむためのお酒なんだけど、わが家ではワインのほうがメインになっちゃうんですよね。
[PR]
by kiji_tora | 2012-11-18 15:40 | くらし
<< 女子旅 香港 ① PCとスマホ >>