2012年 11月 19日
女子旅 香港 ①
友人と「マカオ・香港へ行こう」と決めたのは6月頃だったと思います。
使い切れないマリオットアジアパシフィックポイントが貯まっていたので、それを使ってマカオ1泊、香港2泊で予約を入れました。
それ以来、各々ガイドブックを買って楽しみにしていた香港女子旅でしたが、8月に尖閣問題が勃発してから心配は募るばかり。
中国本土からは毎日のように反日デモや暴動の様子が報道されるし、外務省の渡航勧告出されるし、友人の会社では中国への旅行や出張に際して通達が出されました。
確かにテレビの報道を見ると、本土でなくとも中国領である香港やマカオへ行く気にはなれませんでしたね。
とはいえ旅行は11月、8月時点では様子を見ることしかできません。
ANAは10月19日までは、発券済みの航空券でも無償で予約変更・払い戻しの手続きが行われることになりました。
もし、情勢が変わらなければ、航空券の取り扱いも期間延長になるだろうし、そうなったらキャンセルしようということにしました。

旅行1ヶ月前くらいに、マカオ・香港のホテルに連絡を取り、今の情勢を聞いてみると「今の情勢なので、今後変わるかもしれない」との前提のもと「こちらの様子は以前とまったく変わっていません。日本料理店も営業しているし、暴動も起きていません。日本からの観光客も来ています」という回答を頂きました。
以後、2週間前、1週間前と同様に聞いてみましたが、帰ってきた答えは変わりませんでした。

ということで、予定どおりに出発~♪

11月8日
私は羽田から、友人2名は成田から出国で、香港空港で待ち合わせし、フェリーでマカオへ向かいました。
e0271143_1935895.jpg

空港から利用したのはターボ・ジェットという会社のフェリーでしたが、かなりボロくて、航行中も揺れました。帰りに乗ったコタイ・ジェットの方が船もきれいだし揺れも少なくてお勧めです。
この日の乗船率は4割くらいかな。

マカオのホテルはベネチアン・マカオ
フェリーターミナルにはひっきりなしにホテルのシャトルが来ています。
ベネチアンはこの派手なブルーのバスなのでわかりやすいです。
e0271143_19372914.jpg


ベネチアン・マカオがラスベガスのベネチアンと同系列なのかはわからないですが、こちらも全室スイートルームの巨大なカジノホテルです。今回はマリオットアジアパシフィックの期間限定企画で予約しました。

■ベッドルーム
e0271143_19424574.jpg

今回は友人と一緒なので、クイーンサイズのベッド2台にしました。リビングのソファがソファベッドになります
■リビング
e0271143_19434339.jpg

■バスルーム
e0271143_19432046.jpg


本当は、マカオ名物ポークチョップバーガーを食べ、ちょっと散策した後ポルトガル料理で夕食のつもりでしたが、時間的な問題でポークチョップバーガーは諦め、そのまま夕食へ向かいました。

お目当てのレストランははタイパ島の官也街近くにあります。
官也街は細い道にびっしり看板が出ていて、まるで中華街のようです。
e0271143_2022126.jpg

ちょっとウロウロしたい誘惑にかられながらも、空腹感にまけてしまいました(笑)

向かったのは「アントニオ」
ポルトガル料理のお店です。マカオってポルトガル領だったんだけど、ポルトガル料理のお店って本当に少ないんです。なのでこういうお店は貴重かも
e0271143_19444198.jpg
e0271143_19445389.jpg


マカオは細い道が入り組んでいて、タクシーが乗り降りできるところが決まってしまいます。なので、タクシーを降りてから徒歩でお店まで向かうのですが、地図をみてもわかりにくくてかなり迷ってしまいました。

これはお店に行ってからわかったのですが、アントニオはミシュラン2つ星のレストランです。
私たちは運よく予約なしでも入れましたが、その後のお客さんは予約がないと入れなかったようです。

タコのサラダ
e0271143_19452582.jpg

柔らかく茹でられたタコがオリーブオイルのドレッシングで和えてあります。白ワインにぴったり!
パスティス・デ・バカリャウ(干しタラとジャガイモのコロッケ)
e0271143_19454220.jpg

干しタラの塩気がちょうどよく、じゃがいもとよく合います
アフリカンチキン
e0271143_1951110.jpg

ココナッツで味付けされたチキンだそうです。おいしいけど、1度食べれば十分かなということでした。
ダックライス
e0271143_19461046.jpg

鴨で取ったスープで炊いたご飯に細かくほぐした鴨肉が入っています。
残念ながら私は鳥が苦手なので、ダックライス、アフリカンチキン共に食べてません(涙)

これにビールとワイン、デザートで1人5000円くらい。
ポルトガル料理ってすごく素朴で懐かしいお味だな~って感じでした。
こちらのお店に行く時は予約をして行った方がいいと思います

Antonio
3 rua dos Negociantes, Taipa, Macau
Tel: 2899-9998
Open: 月~金 12:00~15:30/18:00~23:00 土、日 12:00~23:00 定休日なし


ホテルへ戻ったあとは、カジノへ。ここから先は自由行動(笑)
各自、好きなだけカジノで遊んで、好きな時に部屋に戻ることに。
Rちゃんは部屋に戻り、Eちゃんはスロット、私はテーブルでブラックジャック・・
結果、私はちょびっとだけ、Eちゃんは賭け金の倍くらい勝ち、2人ともプラスで今日を終えました(笑)

ちなみに、行きたかったポークチョップバーガーのお店は「大利来記」です。
15:00から限定500個(平日)の販売で、早く行かないと売り切れてしまうそう。実はベネチアンの中にも支店があるのですが、こちらはお味がイマイチという口コミが多かったです。
[PR]
by kiji_tora | 2012-11-19 19:52 | ★2012.11 香港
<< PSG検査 2012年 ボジョレー・ヌーボー >>