2012年 11月 06日
おいしい魚を食べに行きました@千葉県 勝浦 ②
勝浦2日目の朝は早起きです。

というのは、勝浦では毎朝、朝市が開かれているのです(水曜休)
朝市通りはお宿から徒歩で15分くらい。ちょうどいいお散歩になります・・・が、お宿が高台に建っているため途中の坂道が結構なクセモノ。長さは100mあるかないかですが、勾配がかなり急なのです。行く時は楽々ですが、帰りは息が切れる(汗)

朝市の写真は撮ってませんでしたが、朝獲りたての生魚、干物など魚介類の加工品、野菜やお漬物、工芸品などいろいろなお店が出ているし、朝市にくる人のために朝から食事ができる店も開いていて活気がありました。

コンドミニアムのお部屋には電気で魚を焼くためのロースターがついています。
ここで仕入れた食材で朝食を作る方も多いんでしょうね。
うちも、干物と野菜を購入し、朝ごはんをつくりました。
大きなあじの干物1枚80円、かますの干物1枚100円(これは明日の朝ごはん用)
海苔の佃煮1瓶315円
ほうれん草 1束100円 いんげん100円
おばあちゃんお手製の大根の漬物 100円

どこのお店もね、オマケしてくれるのよ。
いや、そんな大げさなものではなくて、10円とか20円なんだけど、それでも嬉しいものだよね(笑)
なんだかほのぼの~って感じでいいわぁ。

魚や野菜のほかにも、パン屋さんが焼きたてのパンを売っていたりして、ぶらぶら歩いてみるだけでも楽しい市場です。

意外なものも売られていました
これ
e0271143_23474397.jpg

わらび餅です。朝市でわらび餅ってイメージないですよね。
「ちょっと試食してみて~」って頂いたのですが、試食の量が普通で食べる一皿くらい出してくれる気前の良さ!
でね、ぷるんぷるんでこれがものすごくおいしい。
くず餅だとすぐに固くなるんだけど、本物のわらび餅は4~5日はこのぷるぷるが続くんだそう。だからお土産にしても大丈夫とのことでした。
たっぷり3人前で500円です。さっそくその日のおやつにいただきました。
e0271143_2348646.jpg


さて、この日のお昼ご飯は、ご当地名物B級グルメの「勝浦タンタンメン」
宿で、タンタンメンマップみたいなのを頂いたんだけど、この日は市街地はお祭りのため車が通れなくなっていました。
主人はお祭りを見に行きたかったみたいだけど、せっかくなので車でちょっと遠くのお店に行ってみることにしました。
e0271143_23502678.jpg

「はらだ」さんです。
こちらは創業1975年。勝浦タンタンメンって結構昔からあるんですね。

お昼過ぎだったのでお店は満席でした。
システムとしては、小さな紙に名前と携帯電話番号、注文するものをメニューから選んで書いてお店の人に渡します。
順番が回ってくると、携帯に電話がかかってくるというシステム。
車でないと行けないようなところなので、殆どの人が自分の車の中で順番を待っているようでした。

坦々麺って、ひき肉を炒めた具で、スープは芝麻醤ベースのラーメンでしょう。
でも、勝浦タンタンメンって、それとは似て非なるものでした。

e0271143_23542668.jpg

タンタンメン
e0271143_23551436.jpg

もやしタンタン

醤油ベースのラーメンの上に、玉ねぎがどっさり入ったラー油がたっぷりと乗せられています。
これが勝浦タンタンメンなんですって。こちらのお店は、勝浦タンタンメンの中では辛めに作られているようですが、お好みによって辛さは増減してもらえます。

私たちは辛いもの大好きなんですが、とりあえず普通でオーダーしてみました。が、けっこう辛い。
何も考えずにスープを口に入れると、げほげほっとむせます(笑)
店のあちこちから、げほげほする声は聞こえてきてたなあ^^;
確かにラー油の辛さは強烈なんだけど、どっさり入った玉ねぎの甘さがそれを中和してくれるの。
今まで食べたことのないラーメンでした。
これ、かなり強烈な印象だけど、クセになる味ですね。夫は、スープまで完食でした。
きっと勝浦にはまた来ると思いますが、このお店も是非再訪したい店となりました。が、別なお店で食べてみたい気もするなあ

勝浦のおいしいもの、まだまだ続きます
[PR]
by kiji_tora | 2012-11-06 00:07 | 国内旅行
<< おいしい魚を食べに行きました@... おいしい魚を食べに行きました@... >>