2012年 10月 15日
伊豆へ
週末を利用して、伊豆高原へ行ってきました。
どうやら先週の法事で、ちゃんと嫁勤めをした私へのご褒美旅行のようです(笑)

ラッキーなことに、当日は秋の晴天がひろがり、絶好のドライブ日和。
東名高速はいつものとおり混んでいたけどね。

御殿場ICで降り、箱根・芦ノ湖スカイラインを通っていきます。
途中、いくつかの絶景ポイントがあるんですけど、富士山も綺麗に見えました。
e0271143_15393690.jpg

富士山好きの夫は大喜び(笑)

伊豆高原のお宿には3時過ぎに到着し、温泉にゆっくりつかってのんびり過ごしました。
なぜかお宿の写真がないのですけど・・(汗)

翌日は10時頃チェックアウトし、お昼ごはんのために松崎町へ向かいます。
えっと、伊豆の位置関係はこんな感じね
e0271143_1633034.jpg

伊豆高原から下田を通って松崎まで、約1時間半のドライブでした。
1日目は御殿場から伊豆高原へ、2日目はそこから下田を通って松崎にいって沼津ICから帰ったので伊豆半島ほぼ1周コースでしたね。

わざわざ行きたいお店は「さくら」という小さな食堂です。
ここは、漁師さんが経営しているお店なので、獲れたての新鮮なお魚料理が頂けるんです。
黒板に書かれるメニューは、その日に獲れた魚で日々変わってくるそう。
従業員さんたちも、近所の主婦のみなさま。なかなかいい味だしてます(笑)

私たちがいつもオーダーするのはこれ
e0271143_16443123.jpg

「あじまご茶漬け」です。
中央のどんぶりに入っているのが新鮮なあじのたたき。これだけでもスゴイ量でしょう!
これに、テーブル備え付けのにんにく醤油をいれて、よく混ぜ混ぜと味をつけます。
そして、お釜で炊かれたご飯の半分を丼によそい、半分のあじを乗せていただきます。
e0271143_1644532.jpg

注文を受けてから、お釜でご飯を炊くので、時間はかかるけど、炊きたてピカピカの白いご飯はそれだけでもおいしいもの。その上に、新鮮なたたきがどっさり乗るのだから、そりゃもう絶品ですわね。

そして、残りの半分のご飯にまたまたあじを乗せて「スープお願いします~」とお店のおばちゃんにお願いします。
e0271143_16451014.jpg

で、2膳目は熱々スープをかけてお茶漬けに・・・
活きのいいあじなので、お茶漬けにしても全く臭みも出ずに、これがまたおいしいんですよ。

他に大盛りの天ぷら、小鉢、漬物、サラダがついて1575円です。
すごいボリュームなので、大食漢の私でも完食するのはなかなか大変なのです。

他のお客さんのオーダーを見ていると、つみれ定食もおいしそうだし、かき揚げも食べてみたいし、シンプルな煮魚や焼き魚定食もいいなあと思うのですが、いつもこのあじまご茶漬けになっちゃう。
もっと大勢で行けば、あれこれシェアもできて楽しいだろうなあ。

そうそう、食事だけでもすごいボリュームですが、食事をした人には、お店自家製のところてんが食べ放題になるんですよ。私、ところてんって苦手なのだけど、ここのは本当においしくてついついこちらも食べちゃいます。普通のところてんのほか、コーヒー味やヨモギ味のデザート感覚でいただけるものもあり、いろいろ食べ比べるのも美味しいのです。

お腹いっぱいになったら帰路に着きますが、ここから沼津ICまで約2時間弱。
途中、行きつけの干物屋さんで干物や塩辛などを買って帰るのが恒例となっています。

もうちょっと家の近くだったら、本当に頻繁に通いそうなお店なんだけど遠いからね~。
それでも、年に1度くらいは、このあじまご茶漬けを食べるだけのために往復6~7時間かけて行っている私たちなのです。
でも、伊豆にお泊まりしたら、富士山見て、温泉に入って、さくらにも寄って、お買い物もして1泊2日で楽しめるので、最近は伊豆への1泊旅行が増えているような気がする(笑)

場所は松崎町の長八美術館の駐車場にあります。
「さくら」という名前のお店は他にもあるようなので、ナビで長八美術館をセットしてお出かけください。
[PR]
by kiji_tora | 2012-10-15 16:51 | 国内旅行
<< 意味不明? 梅の実ひじき 大宰府十二堂えとや >>