2012年 09月 11日
歯医者通院記 2
歯医者、ちゃーんと通っております。一番嫌いな歯根の治療、受けてますよ。
これって一度始めたら、歯に穴が開いたままの状態になるので、否が応でも最後、被せるまで通わないといけないものね。

今回、治療している歯はかなり重症だったようで、時間がかかるとは言われてますけど、いつまでかかるのか見通し立たず。

ご存知のように、歯根の治療って針金みたいなのでグリグリと歯の中に入れて、膿を出しやすくするんだけど、これが恐怖。
一度、神経が抜け切れていなかったのか激痛が走ったことがあって、それを経験して以来、その痛さがトラウマになってしまい、最も苦手な治療になってしまいました。
削るときは、麻酔が効いていれば痛いことはないんだけど、この歯根の治療は麻酔しないから、いつその痛みがくるのがと緊張しっぱなしなのです。

先生を信用していないわけではないんだけど、この歯根の治療って目に見えないところに、ほぼ手探り状態で器具をグリグリいれていくわけでしょ。いや~、怖いわ。
それにしても、いろいろな技術が進歩している中で、これだけは昔から変わらない治療ですよね。
もっと痛みがなく、時間も短縮できるような治療が確立されればいいのにと思うのは、私だけかしら??
[PR]
by kiji_tora | 2012-09-11 13:10 | くらし
<< 強行!夫婦別室 栄養指導 >>