2012年 08月 13日
ディズニーの魅力
今日、ご近所のアウラニのキャラクターダイニングへ行ってきました。
が、昨晩、同時期に滞在しているお友達と夕食をご一緒したのですが、調子に乗って飲み過ぎた夫は、酷い二日酔い状態(汗)

どうにかアウラニまでは出かけましたが、食欲もなく、30数ドルの朝食なのに、口にしたのはスイカとメロン数切れだけ。
せっかくのディズニーなのにグーフィやミニーが来てくれても「ウザい~っ」「こっちに来ないでくれ~」とテンションも超~低くて、歌を歌いながら回ってくるお姉さんには「頭に響くっ」と不機嫌になる始末。
おまけにこのお盆の時期で、小さなお子さんがとても多く、賑やかな雰囲気が二日酔いのからだには辛かったようです。

朝食後は、ディズニーバケーションクラブの見学会へ。
実は、昨年も見学を希望してたんですが、すでに予約がいっぱいで見ることができなかったんです。
ディズニーのタイムシェア、どんなお部屋か見てみたいじゃないですか。
なので、今年はキャラダイの後の時間にあらかじめ予約を入れておいたんです。

実際にお部屋を見ると、マリオットよりは小さめのお部屋でした。
でも、プールの作りはすばらしいし、あちこちに遊び心が隠された、でも決して子供向きではない世界でした。これがディズニーの世界っていうのかな?
うちはディズニーフリークでもないし、キャラクターが好きなわけでもない。
でも、ここで泊まって遊びたいって思わせるのは、さすがディズニーですね。
マリオットが「ホテル」業だとしたら、ディズニーは「エンターテイメント」業なんでしょうね。その違いがわかったような気がします。
7泊泊まるならやっぱりマリオットの方がいいと思うけど、夢の世界で数泊過ごすのも悪くないかな~。

営業の方が「一度、夜に来ていただきたいです。本当にきれいなんですよ」と仰ってましたが、本当に1度は夜のアウラニを見てみたいです。
[PR]
by kiji_tora | 2012-08-13 19:17 | 海外旅行
<< 2012年8月ハワイ ② グラ... 2012年8月ハワイ ① コオ... >>