2012年 07月 09日
NO NUKES!
大飯原発再稼働を受けて、金曜日の原発反対デモに大勢の人が集まっている様子が連日のように報道されています。
私、生まれて以来、日本人がこのような大規模なデモを起こすのを見るのは初めてではないかしら。60~70年代の学生運動などはさすがにリアルタイムでは知らないしね。

デモというと何やら不穏な響きに聞こえるのですが、評価されるべきは今回のデモは非常に平和的であること。
物を投げたり、暴力的な武器など持っていないし、車道に出ないようになどきちんとマナーを守っている。時間になれば速やかに解散するし、参加者も社会人・学生から小さなお子さん連れのファミリーも多いみたい。さまざまな立場や年齢層の方が集まっていますが、思いは同じ「原発反対!」なのよね。今回のデモは、正しい市民活動の姿を見ているようでもあります。

議員を選ぶ選挙って、民意を反映する手段の一つかもしれないけど、内閣ができてしまった後では、結局国民の声を政府に届けるのは、こうしたデモなどでしか無理なのかしらね。

それにしても民主党は設立当時は国民の生活第一って言っていたんだから、この「国民の声」をもっと尊重してほしい、というか、国民の声をもっと受け止めてほしいものだと思います。

それにしても原発って本当に必要な物なのかしら?
一国民として、できるなら再稼働はしないでほしい。脱原発を目指してほしいって思うのは普通のことだよね。昨年、あれだけの恐ろしさを見せつけられているのだから。
電気が足りないって、本当なのかしら。今まで原発が停まっても何とかやってこれたじゃない。
原発を廃止するから、コストが上がって電気代がこれくらい上がりますってきちんと説明があれば、消費者だって電気代値上げは承諾するでしょうし、より一層の節電意識が高まると思うんですけどね。
そういうことなしに原発稼働を進める電力会社と、それを容認する政府には不信感いっぱいです。

それにしても、今回のデモはTwitterやFacebookで人が集まり、これだけの大きな運動になったそう。そういえば「中東の春」もそうでしたね。政権を倒しちゃうくらいの力になるのだもの。
ソーシャルネットワークの力ってすごいなあって改めて思います。

原発反対のデモ、これ以上の大きな活動になると、これまたいろいろな問題が出てくると思いますが、非暴力で平和的な活動が続いて欲しいと心から願います。
[PR]
by kiji_tora | 2012-07-09 12:49 | くらし
<< 満足クーポン@新宿 ベアトリーチェ 使ってみたよ ーニトリ 冷感マット >>