2012年 07月 08日
使ってみたよ ーニトリ 冷感マット
蒸し暑い日が続きますね。

先日コチラの記事で書いたニトリの接触冷感敷きパットを使ってみました。

店頭で購入する決め手は、表面を触ってみると確かにヒンヤリ感がある!ってことでした。
さて、実際に寝てみるとどうでしょう・・

横になった時は確かに冷やっと感じはあります。でも冷たいって程ではなく、まさにヒンヤリ気持ちいい~って感じ。
でもね、冷んやり感だけでいえば、冷却ジェルマットのほうが冷たさは上です。
素材的に仕方ないですよね、これは。
そしてそのひんやり感はそう長く続くものでなく、あくまで布団に入った時に感じるものですね。
でも、冷却マットのように時間がたてば蓄熱してしまい、かえって熱さを感じるってことはなく、普通の寝具のように朝まで寝ることができます。
それに、ちょっとゴロリと寝る位置を変えれば、またヒンヤリ感は感じることができます。

ただね~、肌触りはかなりざらっとした感じです。
揚柳など夏の衣類に使われるのは、表面に凹凸をつけることで肌に触れる面積が少なくし、べとつかないと言われますが、そんな感じの肌触りかな。確かに、蒸し暑い夜でもべとつく感じはありません。
ただやはり「化繊」って感じは強いです。

私、普段はズボラなんですけど、変なところで神経質なんですよね。
寝具は綿などの天然繊維で凹凸のないスベスベした肌触りの方が好き。なので、この敷きマットの肌触りはイマイチかなあと思うんですが、これは個人的な好みだし、慣れもあるでしょうからしばらく使ってみようと思います。

ニトリのネットショップでこの商品を見てみると、ネットでは取り扱いがないみたいなのよね。
店頭販売のみなのかな?
[PR]
by kiji_tora | 2012-07-08 18:47 | くらし
<< NO NUKES! 水着選び >>